【フィリピン】オランゴ島のビーチリゾートホテルSagastrand Beach Resortでプチバカンスしてきたよ

オランゴ島 ホテル

日本に近い東南アジアで人気の旅行先の1つといえば、南国フィリピンのセブ島。

そのセブ島周辺に浮かぶ島の1つ、オランゴ島はセブ市内やマクタン島からも程近いにも関わらず、自然環境が良くて且つ穴場感があるのです。

今回はセブ市内からプチ旅行先として、オランゴ島内にあるビーチリゾート『サガストランド ビーチ リゾート (Sagastrand Beach Resort)』に宿泊した体験談をご紹介します!

SPONSORED LINKS

セブからアクセス良し!オランゴ島のリゾートホテルに宿泊してみた体験をご紹介します!

オランゴリゾート

南国フィリピン中部に位置し、日本人にも人気の旅行先と言えばセブ島(※実際は空港のあるマクタン島のリゾートエリア)です。観光などのバカンスだけではなく、近年は英語の語学留学先としても知名度が高まっていますね。

そんなセブ島から程近い海に浮かぶオランゴ島(Olango island)は、セブ市内からも比較的アクセスが良く、セブマクタン空港のあるマクタン島のリゾート群よりも知名度が高くない島なので、一般的な観光客が少ないのもポイント。

混雑したリゾートホテルを避けたい人にはピッタリの穴場と言える場所かも。

今回は、セブ島からのプチ旅行先として、オランゴ島内で私が宿泊したリゾートホテル『サガストランド ビーチ リゾート (Sagastrand Beach Resort) 』をご紹介したいと思います!

フィリピンの人気観光地セブ・マクタン島から気軽に行けるオランゴ島とは?

オランゴビーチ

観光や語学留学で有名なフィリピンのセブ島から程近いオランゴ島は、セブマクタン空港のあるマクタン島や、セブ市内周辺地域を含むメトロセブ圏の喧噪とは、少しかけ離れた印象を受けます。マリンサンチュアリなど自然環境を保護している場所としても有名。

開発の著しいエリアが、海を渡れば目と鼻の先にある(メトロセブ圏)にも関わらず、良くも悪くもまだその影響を大きく受けていないようで、島全体も昔のままというか、田舎っぽさが今なお残っていて、個人的にも好きな理由。

オランゴ島観光

また、セブのリゾートに滞在した際の人気アクティビティといえば、宿泊先のホテルやダイビングショップがアレンジしてくれるアイランドホッピングです。

ただし、オランゴ島に行くまでには、ホテルやダイブショップなどのエージェントがアレンジしてくれるボートではなく、旅行者自らアイランドホッピング(?)をして移動する必要があります!

現地の人も普段から利用するマクタン島とオランゴ島を結ぶ公共交通手段であるボートを利用して、旅行者自ら移動できるのです!えぇ、移動手段がその海を渡るバンカーボートしかないからです(笑)。

まさに、オランゴ島旅行の醍醐味といっても過言ではないでしょう。

▼セブ市内からオランゴ島のリゾートまでの行き方

オランゴ行き方

セブ島のセブ市内やマクタン島から、リゾートのある目的地のオランゴ島までの行き方については、別の記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。プチアイランドホッピングとしての交通費(乗船料金)、その破格の値段に驚くことでしょう、きっと。

穴場のオランゴ島!セブマクタン島から20分で行ける旅行先

2015.07.11

▼オランゴ島の港からリゾートまでの行き方

オランゴ島行き方

オランゴ島の港からリゾートまでの移動手段としては、港で待機しているトライシクルやバイクタクシー(ローカル名称:ハバルハバル)を利用することになります。

今回はバイクタクシーを利用して、1人20ペソの料金で今回の目的地である「サガストランド ビーチ リゾート (Sagastrand Beach Resort)」 まで移動しました。オランゴ島のトライシクルやバイクタクシーの料金は、マクタン島やセブ市内とは違って観光客にも良心的だと思います(個人差はあるかも)。

オランゴ港からリゾートまでの所要時間は、バイクで10分もかからず、確か5分くらいだったと記憶しています。港の一直線の道を走り抜け、最初の交差点を右折して進むこと約5分で到着。※最初の交差点の電柱に、小さくリゾートの看板もありました。

リゾート前に到着すると、そこにはリゾート名「Sagastrand Beach Resort & Restaurant」が大きく記されている大きな壁面が!

オランゴ島ホテル

思った以上に、リゾート名の壁面は立派な感じで、迎えてくれます。目立ってわかりやすくて良いですね。

のんびり過ごせるリゾートホテルSagastrand Beach Resortを満喫!

オランゴ島セブ

今回宿泊した「サガストランド ビーチ リゾート (Sagastrand Beach Resort) 」の客室数は、マクタン島の大きなリゾートホテルのように多くありません。

大人数の家族連れやグループにオススメのハウスタイプ(一軒家)が2棟、カップルなどに最適の2人部屋が3部屋(たぶん)、海が眺められるスイートルームが1部屋、全部合わせてそれくらい(2016年現在)。

オランゴ島ホテル

なので、宿泊する場合はのんびり過ごせるのが特徴でしょう。 建物や設備も比較的新しい印象でした。リゾートの敷地の中央に位置するプール周辺で、全力でダラダラ過ごす、このリゾートの楽しみ方の1つだと思います。

オランゴ島ホテル

ただし、バナナボート、ジェットスキー、パラセイリングなどのアクティビティを楽しみたい人は、マクタン島のリゾートエリアを訪れることをおすすめします。

※マクタン島からオランゴ島までボートで移動中に、マクタン島近くの海で、前述のアクティビティをしている様子が見れるかも。

オランゴ島セブ

逆に、のんびり何もしないで海の側でのんびり過ごしたい人には、リゾートホテルの選択肢は限られますが、オランゴ島の方が適しているでしょう。

オランゴ島リゾート

ビーチ近くにある屋根付のベッドで、海からのそよ風を感じながら寝転んで、読書をしたり、昼寝するのが、個人的なお気に入り。快適なんです、とっても!

オランゴ島ビーチ

そこまで広くはないですが、もちろんビーチもあって、ビーチの目の前は、遠浅の海が広がっています。潮の干満に合わせてビーチの先にあるコンクリートでできた道から、ちょっと遠くの海まで歩いて行けるのが特徴。

オランゴ島シュノーケル

満潮でも全然深くないので泳げない人でも安心です。ただし、コンクリート製の道はちょっと滑りやすいので注意。半身浴みたいな感じで、腰まで海に浸かりながら、目の前に広がる海をぼーっと眺めるのも、良い感じ。

オランゴ島マクタン島

このリゾートは島の西側に位置しているため、セブ島の山脈に夕日が沈んでいくサンセットを眺めることができるのもポイント。

オランゴ島観光

都会の喧噪から離れ、静かな海を目の前に美しいサンセットを楽しむことに、贅沢さを感じることができます。

静かな環境でぐっすり眠ることができた翌朝は、宿泊プランでセットになっていた朝食を、プールサイドを眺めながらゆっくりとれました。

オランゴ島リゾート

フィリピンのセブにいるにも関わらず、南国名物のマンゴー食べてなかったので、朝食に付いていたマンゴーの美味しさ少し感激(笑)。マンゴーのクオリティだけで、他の料理の質をカバーしていたのが、何ともフィリピンらしい。

オランゴ島ホテル

朝食後は、プールやビーチサイドで読書したり、泳いだりしてゆるーく過ごす。まさに、南の島での王道の過ごし方。日常の忙しい生活から抜け出してストレスを開放するには、ピッタリの場所でした。

まとめ:喧噪から離れたオランゴ島でのんびり自然を満喫しよう!

オランゴ島サンクチュアリ

前述のように、南国フィリピンのセブ島いえばマクタン島にあるリゾートエリアのイメージが定番ですが、少し視点を変えて、近場にあるオランゴ島までちょっとだけ足を伸ばしてみる価値があるように思います。

きっと、良い意味で田舎っぽい島の生活風景や、のんびりとした島時間を味わえる体験ができるでしょう。マリンサンクチュアリなど島内や島周辺の自然環境を保護しているため、美しい自然もいっぱいです!

今回ご紹介したリゾート『サガストランド ビーチ リゾート (Sagastrand Beach Resort)』での宿泊をキッカケの1つに、ぜひオランゴ島を訪れてみてはいかがでしょうか。

対岸に浮かぶマクタン島のリゾートエリア周辺とは異なる、オランゴ島の魅力がまだ残っているうちに。

【お得な割引料金】オランゴの人気リゾートホテルに格安で泊まりたい!旅行前におすすめの海外ホテル予約サイトを要チェック!

アゴダ

Hotels.com

エクスペディア

限定セールやプロモ割引の料金比較をしてお得なホテル予約が損しない旅行術。

マクタン リゾート
SPONSORED LINKS

オランゴ島 ホテル