【旅行準備】海外旅行保険付きクレジットカードおすすめ3選《年会費無料あり》

『海外旅行するときって、やっぱり現金以外に「クレジットカード」って持っていくべきなの?』

『海外で病気やモノ盗まれたりした時のためにも、海外旅行保険に入っておくべき?安く保険に入る方法ってあるの?』

海外旅行中のお金の管理や海外旅行保険に加入したり、出発前にはちゃんと準備しておきたいですよね。

そこで今回は、海外旅行に持っていくべきおすすめの海外旅行保険付きクレジットカードを紹介します!

海外旅行保険の費用を節約したい人や、空港で割高な外貨両替して済ませたりしている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

出発前に海外旅行保険付クレジットカードを準備すべき理由

時間のない人向け

海外旅行におすすめ!お得な海外旅行保険付きのクレジットカードは、こちら!

エポスカード(年会費無料+充実した保険の最強カード!)

楽天プレミアムカード(海外空港ラウンジを無料で使えて優雅な旅に!)

*この記事内で、後ほど各カードの詳しい内容(メリット・デメリット等)も解説します。

出発前に海外旅行保険付クレジットカードを準備すべき理由

さて、海外旅行保険付きのクレジットカードをまだ持っていないって人も、きっと少なくないはず。

そんな人に向けて、まずはメリットを3つ紹介します!

海外旅行保険付きクレカをおすすめする理由
  1. 海外ATMで現地通貨が手に入る
  2. お土産などショッピングのカード支払い
  3. 病気や事故トラブルに備えた海外旅行保険付き

①海外ATMで現地通貨が手に入る

海外ATMで手軽に現地通貨を入手できる

まずは、お金の管理について。

クレカで海外キャッシングする利点
  • 現金を持ち歩くリスクを減らす
  • 空港内の両替所よりも、現地ATMでキャッシングした方が両替レートがお得
  • ATMなら基本24時間、少額からでも現地通貨が手に入る

大きなメリットとして、海外でたくさん現金を持ち歩くリスク(盗難・窃盗)を極力減らせることです。

海外で現金を盗まれると、ほぼ100%返ってきません(←私も海外トラブル経験あり)。

不正利用されないように、すぐカード会社に報告すれば対応(カード停止・再発行)してくれるので安心です。

▼海外旅行中に現地通貨を手に入れる方法(私の経験談)

ちなみに私は、空港や街の両替所での両替(現金の日本円→海外の現地通貨)することは、基本的にありません。

どうしているかと言うと、海外ではクレジットカードを使って、ATMで現地通貨をキャッシングしています。

例えば、私は以下の記事のように、海外で現地通貨を手に入れています。

*参考:【香港旅行】まずは空港で海外キャッシング!HSBCのATMで超簡単に香港ドルを手に入れたよ

香港空港のatmでクレジットカードのキャッシング

【香港旅行】まずは空港で海外キャッシング!HSBCのATMで超簡単に香港ドルを手に入れたよ

2017-03-25

②キャッシュレスで買い物できる

海外旅行中の支払いをキャッシュレス

次は、買い物の支払いについて。

海外旅行先で訪れる免税店や大型ショッピングモールのお店などは、基本的にクレジットカード払いに対応しています。

先ほどの話で触れた「お金の管理(盗難リスク)」の面でも、高額な現金を持ち歩かずに、「キャッシュレスで買い物ができる」点は、便利で安心ですよね。

▼カードブランドを選ぶポイント

ただし、お店によっては取扱いクレジットカードブランド(VISA・MasterCard・JCB・AMEXなど)が、限られている場合もあるので、注意です(例:JCBは対応していないなど)。

ポイントは、異なるブランドのクレジットカードを「複数枚」持っておくと、買い物にも安心です(例:VISAとMasterCard)。

③もしもの海外保険(旅行先での病気やスリ被害対策)

もしもの海外保険(旅行先での病気やスリ被害対策)

次は、保険について(ここ重要!)。

基本的に、クレジットカード付帯の海外旅行保険があれば、出発から「90日間」は保険でカバーされます*カードによって付帯条件が異なる場合も)。

わざわざ、空港やネットで海外旅行専用の保険に加入しなくても、短期の海外旅行なら、ほとんどの旅行者は「クレジットカード付帯の海外旅行保険付」で、十分なんです。

▼海外のトラブルは他人事ではない(体験談)

実際に、私自身が海外旅行中にトラブルに遭遇した経験もあります。

私の海外トラブル体験談
  • フィリピンのお祭りに参加中(人混みがすごい場所)で、スリの被害にあった
  • ラオスの街中で、バイクに乗った2人組による引ったくり(ハンドバックを盗む)を目の前で目の当たりにした

海外で人混みの多いイベント(お祭りや音楽フェスなど)や路上など、スリや引ったくりに遭遇する海外旅行者は少なくありません。

▼仮に荷物を盗まれた場合は?

海外でスリや荷物が引ったくりにあったり、人にぶつかられてカメラなどを落として壊れることも想定できます。

そんな場合は、クレジットカードに付帯されている『携帯品損害保険』で補償されます。

▼保険の補償金額を増やすポイント

補償の最高限度額は、クレジットカードの種類によって異なります。

ただし、携帯品損害保険付帯のクレジットカード(発行元が異なる)を複数枚持っておくと、補償金額が合算される点も、重要なポイント。

そのために、病気やケガした場合以外にも、海外旅行では高額なモノを盗まれてしまった場合を想定して、海外旅行傷害保険付帯したクレジットカードを、複数枚(2〜3枚)持っていくのがおすすめです(ここ大事!)

おすすめの海外旅行保険付きクレジットカード3つ

ここからは、海外旅行におすすめのクレジットカードを厳選して紹介していきます!

①エポスカード(年会費無料+充実した保険の最強カード!)

おすすめクレカ:エポスカード
エポスカードは、こんな人におすすめ!
  • 年会費「無料」で海外旅行傷害保険付きクレジットカードが欲しい人
  • 海外旅行での買い物をカード払いしたい人
  • 現地ATMで現地通貨を気軽に手に入れたい人

つまり、一般的な海外旅行の不安や保険料の節約、両替のニーズをほぼカバーする万能なクレジットカードが欲しい人にピッタリ。

▼エポスカードのメリット・デメリットは?

メリット デメリット
  • 年会費「無料」
  • 海外旅行傷害保険付き「自動付帯」
  • ネットでキャッシングの「繰越返済」ができる
  • あえていえばマイルが貯めにくい

正直なデメリットとして、マイルは貯めにくいのです。

ただし、年会費「無料」で「ゴールドカード並みの充実した海外旅行傷害保険(自動付帯)」の珍しいクレジットカードなので、エポスカードを持っておいて、損はしません!

▼エポスカードの海外旅行傷害保険内容は?

エポスカードの海外旅行傷害保険(自動付帯)は、次の通り。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

▼キャッシング分の「繰越返済」がお得!

なんとエポスカードなら、インターネット経由で海外キャッシング分の「繰越返済(=手数料を節約できる!)」ができるんです!

気になる人は、キャッシングの繰越返済方法を解説した以下の記事を、ぜひ参考にしてみてください。

参考記事:【エポスカード】海外キャッシングに最適!ATMで現地通貨入手+ネットで繰り上げ返済する方法

エポスカード 海外旅行 キャッシング

【エポスカード】海外キャッシングに最適!ATMで現地通貨入手+ネットで繰り上げ返済する方法

2017-01-11

ちなみに、私自身も海外旅行中にエポスカードをフル活用しています。

まだ持っていない人は、海外出発前に早めに申込んで、ぜひ手に入れておきたいところです!

▼年会費無料+充実の海外旅行保険付き!

②ANA AMEXカード(マイル貯めてお得に旅行!)

おすすめクレカANA AMEXカード
ANA AMEXカードはこんな人におすすめ!
  • 海外旅行傷害保険付きは当然!せっかくならマイルを貯めてお得に旅行がしたい人
  • ANAマイラーを目指したい人

ANA AMEXカードは、通称「アメックス」と呼ばれるアメリカン・エキスプレスが、ANAと提携して発行する旅行好きなら一度は憧れるクレジットカード。

▼ANA AMEXカードのメリット・デメリットは?

メリット デメリット
  • マイルを貯めて「無料航空券」と交換できる
  • 海外旅行傷害保険「自動付帯」
  • 「新規入会」で特別にマイルが貯まるキャンペーン
  • 年会費(7700円税込)必要

国内・海外旅行が好きで、毎日の生活の支払いや旅行の支払いからマイルを貯めたいなら、カード年会費を払ってでも持ちたいカード。

▼ANA AMEXカードの海外旅行傷害保険内容は?

エポスカードの海外旅行傷害保険(自動付帯)は、次の通り。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高3000万円
傷害治療費用 100万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 100万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 3000万円(1事故の限度額)
救援者費用 200万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 30万円(1旅行・保険期間中の限度額)

日々の支払いからカード払いをしておけば、気がつくとマイルが貯まって近い将来、無料航空券をゲットできますね。

③:楽天プレミアムカード(海外空港ラウンジを無料で使えて優雅な旅に!)

おすすめクレカ楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード:こんな人におすすめ!
  • 国内・海外空港の会員ラウンジを「無料」で利用したい
  • 海外渡航が多い
  • 充実した海外旅行傷害保険付きクレジットカードが欲しい

楽天プレミアムカードの大きな特徴は、国内外の空港にある会員ラウンジが利用できる『プライオリティパス(プレステージ会員)』が、なんと「無料」!で付いてくる入会特典にあります。

▼楽天プレミアムカードのメリット・デメリットは?

メリット デメリット
  • 海外旅行傷害保険付き(自動付帯)
  • 空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」が無料で手に入る
  • 楽天ポイントを貯めやすい
 

  • 年会費(11000円税込)が必要
  • マイルを貯める用ではない

▼入会特典(プライオリティ・パスが無料)が超優秀すぎる!

これから海外旅行や海外ビジネスで海外渡航が多くなる人は、国内外の空港で滞在する時間が増えていきますよね。

国内・海外の空港ラウンジ利用が無料!になる「プライオリティ・パス(プレステージ会員)」は、かなり優秀な特典です!

海外旅行や海外ビジネスで海外渡航が多い人にとっては、見過ごせないレベル。

個人的にも、この特典を活かしてよく国内・海外の空港ラウンジで休憩や食事をしたりするので、カード年会費以上の元がすぐ取れてしまっています。

*参考記事:【プライオリティパス】海外旅行好きなら1枚持つべき最強カード《メリット・デメリット》を解説するよ

プライオリティパス

【プライオリティパス】海外の空港ラウンジが使える最強カードを解説するよ《無料で作れる裏技あり》

2017-12-21

空港ラウンジでちょっとリッチな気分を味わえるので、海外渡航の多い人ならかなりお得感ありので、すごくおすすめです!

▼入会特典+プライオリティカード付き!

クレジットカードを申込み後どれくらいで手に入るの?

クレジットカード発行には、必ず審査が必要です。

この審査期間はカード会社によって異なりますが、早ければ最短1週間、通常は2週間〜1ヶ月以内くらい。

海外旅行前に、クレジットカードをゲットしたい人は、計画的に「早めに」申し込んで、準備しておきましょう!

まとめ:クレジットカードは海外旅行に複数枚持っていく

クレジットカードは海外旅行に複数枚持っていく

ということで最後にまとめとして、海外旅行には異なるカード会社発行した海外旅行傷害保険付帯クレジットカードを複数枚(2〜3枚)持っていくと安心です!

海外旅行におすすめのクレジットカード

エポスカード(年会費無料+充実した保険の最強カード!)

楽天プレミアムカード(海外空港ラウンジを無料で使えて優雅な旅に!)

ちなみに、とりあえず「年会費無料」で海外旅行傷害保険付帯クレジットカードの「エポスカード」があれば、頻繁に海外旅行する人じゃなくても損しないのでおすすめです。

普段の生活からANAマイルをコツコツ貯めたい人や、アメックスというなんかカッコイイ響きなステータスカードなら「ANA AMEXカード」もぜひ財布に忍ばせておきましょうね!

エポスカード 海外旅行 キャッシング

【エポスカード】海外キャッシングに最適!ATMで現地通貨入手+ネットで繰り上げ返済する方法

2017-01-11