【カモテス島の行き方】セブ市内からダナオ経由でアクセスする方法

セブ市内からカモテス島の行き方

『カモテス島に旅行したいんだけど、セブ市内からどうやって行くの?アクセス方法が知りたい!』

『カモテス島の港に到着した後って、どうやって移動すればいいの?』

フィリピンのセブ島に滞在中に、周辺の離島「カモテス島」へ旅行してみたいって、考えている人もいるはず。

そこで今回は、セブ島のセブ市内から周辺の離島「カモテス諸島」までの行き方をご紹介します!

セブ島の「ダナオ港」経由で行く道のりを「フェリーのスケジュール」や「バスの利用方法」を合わせて解説。

初めてセブ市内からカモテス島へ旅行する人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

セブ市内からカモテス島までの行き方

カモテス 行き方 ダナオ

カモテス諸島は、セブ島とレイテ島の間に浮かぶ島々ですが、日本の某人気アイドルグループA○B47の元メンバーの故郷としても有名ですね。

【カモテス諸島】帰国までに1度は行きたいセブ留学のおすすめ週末旅行先

2015.06.25

以下、カモテス島までの行き方を順番に説明していきます。

まず、大きな流れとしては、セブ市内(Cebu City)→ダナオ港(Danao Port)→カモテス島(Camotes)という道順です。

カモテス 行き方 ダナオ

そして、セブ市内(Cebu City)からカモテス島(Camotes)までの道のりを、以下2つのステップに分けて簡単にご説明します。

【セブ市内からカモテス島へのアクセス方法】

  1. セブ市内(Cebu City)からダナオ港(Danao Port)まで移動
  2. ダナオ港(Danao Port)からカモテス島(Camotes Island)へ移動

ステップ①セブ市内からダナオ港まで

セブ市内からダナオ経由で行く定番の方法は、まずセブ市内(Cebu City)から中継地点であるダナオ港(Danao Port)まで移動します。

その移動手段は、次の通り主に3つあります。

【セブ市内〜ダナオ港への移動方法】

  • タクシー
  • 乗り合いバン(もしくは貸切で)
  • バス

少人数で移動費用を安く抑えたいなら「バス」が一番おすすめ。

セブ市内にある「ノースバスターミナル(North Bus Terminal)」からバスで「ダナオ港」まで向かいましょう。

私自身もセブ島北部へ移動するときは、ノースバスターミナルからバスをよく利用しています。

ちなみに、大人数で旅行するならノースバスターミナルで「バン」を貸し切った方が早くて快適

またタクシーの場合、セブ市内からダナオ港までだとメーター料金に加えて、追加料金を請求される可能性が大いにあります。

注意

セブ市内にはノースバスターミナルの他に、セブ島南部方面へ向かう場合に利用するサウスバスターミナルもあるので、間違えてサウスバスターミナルの方に行かないように気をつけましょうね。

▼バス利用:ノースバスターミナル到着したらバスに乗り換える

ノースバスターミナルに到着したら、その辺にいるバスの運転手さんやスタッフに、ダナオ港行きのバスがどれかを教えてもらいましょう。

セブ島北部方面に向かうバスなら、ほとんどダナオを通過します。

カモテス 行き方 バス

ノンエアコンバスとエアコンバスが運行していますが、エアコンバスはそんなに本数も多くなかった記憶もあります。

エアコンバスの方が快適なので、バスターミナルに到着するタイミング次第ですね。

中継地点のダナオ港で乗換えするフェリーのスケジュールもあるので、朝は余裕を持って早めに出発しましょう。

カモテス 行き方 ダナオ

セブ市内からダナオまでの所要時間:バスで2時間くらい(道路状況にもよる)

ポイント

バスのチケットは乗車中に買うので、その時に乗務員のお兄さんへ「カモテス島へ行くから、ダナオ港(Danao Port)に着いたら教えてね(はーと)」とお願いしておくことです(私の場合、バスの中で爆睡するので)。

ステップ2:ダナオ港(Danao Port)からカモテス島(Camotes)へ

カモテス 行き方 ダナオ

中継地点となるダナオ港から目的地のカモテス島までの移動手段は「フェリー」となります。

▼フェリーのスケジュール(ダナオ港〜カモテス島)

カモテス 行き方 ダナオ

上の写真にあるスケジュールをご覧いただくとお分かりの通り、ダナオ港(Danao)からカモテス島(コンスエロ港:Consuelo)に渡るフェリーの便数は多くありません。

運悪く乗船しようと計画していたフェリーを逃してしまうと、数時間も待つはめになるので、フェリースケジュールの事前確認は重要ポイントです。

▼フェリーのチケット購入する

無事にダナオ港(Danao Port)のフェリー乗り場へ着いたら、チケットカウンターでカモテス島の「Consuelo 港行き」のチケットを買ってフェリーに乗船します。

カモテス島へフェリーで行く方法

フェリーのチケット料金は次の通りになります。

【フェリー料金】

  • エアコン無し:180ペソ
  • エアコン付き:200ペソ
カモテス 行き方 フェリー料金

私が毎回購入するフェリーのチケットは、エコノミークラス(エアコン無し)。外の甲板席で、景色を眺めながらのんびりするのが好きなので。

ただし、風が強い時もあるので、女性は薄手の上着を持って行くと便利ですよ。

カモテス 行き方 ダナオ港

チケットを購入したら乗船名簿に、名前や生年月日などを記入するのをお忘れなく。

カモテス 行き方 ダナオ

続いてターミナルフィーを支払ってから、待合室でフェリーの出航まで待機します。

▼フェリーに乗船してカモテス島までしばし船旅

ダナオ港を出航してからカモテス島(コンスエロ港:Consuelo)までの所要時間は、フェリーで約2時間半。※天候や便にもよります

カモテス 行き方 フェリー

ダナオ港に到着する時間にもよりますが、スケジュール表(時刻表)にも記載のあるエクスプレス便のフェリーを利用すると、乗船時間も短くなるのでおすすめ。

フェリーでは読書や昼寝をしたり、お菓子やジュースを食べながらおしゃべりでもしてすごしましょう。

海を眺めながら、ぼーっと過ごすのも船旅の醍醐味。

カモテス 行き方 フェリー

そうこうしていると、カモテス島のコンスエロ港に到着です。

▼カモテス島到着したらリゾートまで移動

フェリーがカモテス島(Consuelo港)に到着すると、大勢のバイタクやトライシクルのオジさんやお兄さんが、ここぞとばかりに大歓迎で迎えてくれます!

カモテス 行き方 移動

南国仕込みの仕事スタイルの彼らは、普段はのんびり昼寝ばかりしてそうですが、この時ばかりは圧倒されるほどの勢い!

えぇ、もちろん客引きです。カモテス島旅行の見物のひとつでしょうか。

カモテス 行き方 ジプニー

基本的にカモテス島後の移動方法は、次のようなものがあります。

【カモテス島到着後の移動方法】

  • リゾートホテルの送迎車
  • バイクタクシー
  • ジプニー

リゾートホテルの送迎については、海外ホテル検索(アゴダなど)で宿泊予約と合わせて送迎も依頼をしておけば、港で待機してくれているでしょう。*事前にフェリー乗船スケジュールをホテル側に伝えておくのをお忘れなく。

ジプニーなら行き先によって定額料金

ジプニー(現地の乗合い小型バス)は、上記の写真にあるように港からサンチャゴベイ(Santiago Bay)やマンゴドロン(Mangodlong)まで定額料金で利用することができます。

【ジプニーの料金】

  • サンチャゴベイまで(Santiago Bay)まで1人50ペソ
  • マンゴドロン(Mangodlong)まで1人30ペソ

サンチャゴベイの真横にあるリゾートホテル『サンティアゴ ベイ ガーデン アンド リゾート (Santiago Bay Garden and Resort)』や、マンゴドロンにあるリゾートホテル『マンゴドロン パラダイス リゾート (Mangodlong Paradise Resort) 』は、カモテス島旅行の宿泊先におすすめです。

【カモテス島】サンチャゴベイのホワイトビーチが一望できるおすすめリゾートホテルに泊まってみたよ

2016.08.27

まとめ:カモテス島旅行はフェリー時刻を抑えておくべし!

カモテス 行き方 コンスエロ

セブ市内から向かうカモテス島旅行のポイントは、事前にフェリーの運航時間を確認しておくこと

私の失敗談で、事前に計画していたダナオ港発フェリーの出航時間に間に合わずに、フェリー乗り場で1時間以上過ごした経験があります。えぇ、旅の醍醐味でもありますが。

時間を持て余すのももったいないので、フェリー出航時間までに余裕を持ってダナオ港に到着しておきたいところです。

では良いカモテス島ご旅行を!

POINT【旅行準備】結論!海外旅行保険付きクレジットカードは絶対持っとくべき《おすすめカード3選》

【カモテス島のリゾートホテル空室確認+お得な予約方法】

アゴダ:アジア圏のホテルに強くてマイルも貯れる《割引クーポン

エクスペディア:ホテル+航空券のセット予約がお得《割引クーポン

ホテルズドットコム:10日宿泊で1泊無料な特典が良い《割引クーポン

エアビアンドビー:ホテル泊じゃない宿泊体験《初回登録割引クーポン

<< フィリピン観光スポットまとめ記事一覧に戻る

カモテス 行き方 ダナオ

ABOUTパレコブログを書いてる人

こんにちは!海外に年間6カ月くらいMBP+バックパック30Lで引きこもってる旅行好きです!日本脱出してタイ・フィリピン・ベトナム・ラオス・マレーシアでプチ移住&ロングステイ中。全力でゆる〜く東南アジア旅行ライフ情報を発信してます。インスタアカウントはこちら⇒parekopareko