デキる人は知っているワーホリ中に英語力を伸ばすコツ

オーストラリアワーホリ英語力

ワーホリで英語力が伸びない?という悩みを解決すべく、デキル人が知っている英語力を身につけるためのコツをご紹介します!

特に英語が苦手な人は意識しないと、どんどん日本語環境(日本人村)に陥る可能性が高いので、気をつけたいところ。

絶賛ワーホリ中、これから英語圏にワーホリへ行く人は、ご紹介する内容を頭の片隅にでも記憶しておくと、良い結果に繋がるかも?しれないので、ぜひご一読を。

SPONSORED LINKS

海外でワーホリしても、意識しないと英語力は上がらない?

オーストラリアワーホリ英語力

ワーホリで海外に行けば、きっと英語力が上がるんじゃない?と考えている人は、要注意です。もちろん英語環境で生活するので、日本にいるときよりも英語に接する環境は整っています。

しかし、目標を持って意識して海外生活を送らなければ、英語力は上がりません。なぜなら、英語に接する環境(英語力を上げる機会)が周りあるにも関わらず、それを活かせず楽な方向(日本語環境の生活)へ流れていくからです。

ポイント:英語力を伸ばすことを意識して、海外生活を送ることが前提。

そこで今回は、ワーホリ中に英語力をアップさせるコツをいくつかご紹介したいと思います。

その1:語学学校で英語レベルの高いグループに入る

やはり定番ですが、まずは語学学校に通うこと。しかし、ただ英語を勉強しにいくのではなく「自分より英語力の高い海外の友人を作る」場所として捉えるのもポイントです。※できれば、ワーホリ前にフィリピン留学を経験しておきたい(参考:オーストラリア語学留学のオススメ理由3つ!失敗しないワーホリ英語対策

IELTSでハイスコア取得や、ケンブリッジ英検を合格するための授業を受講する学生は、一般英語コースよりは目標も高く英語力も総じて高い傾向があります。彼らのグループに入れば、自ずと英語レベルも高くなるでしょう。

逆に、英語レベルの低い日本人村の人達と常に一緒にいると、その恩恵を受けることはできないので、注意が必要です。日本人の友達を作るなと言っているのではなく、適度な距離感を保つことが大事だと考えます。限られたワーホリの時間を有効活用しましょう。

その2:積極的にイベントに参加する

オーストラリアワーホリ英語力

大きな都市であれば、様々なイベントが各地で開催されています。特にオーストラリアであれば、バーベキューパーティはその最たるもので、週末は頻繁にバーベキューパーティが開かれるので、参加すれば友人が増えていくことになります。逆にバーべキューパーティを主催するのも良い方法。

ポイント:ただイベントに参加するのではなく、どんどん知らない参加者に声をかけていくこと。

ホームパーティも友人が集まってワイワイする楽しいイベントなので、率先して参加したいところです。意外な出会いがあるかも?

オーストラリアワーホリ英語力

「Meetup」のウェブサービスで探すだけでも、いろんなイベントを見つけることができます。興味のあるものに参加して、友人を作るのもアリ。ラングウィッジエクスチェンジのイベントで日本語に興味のある人と出会うとラッキー。

Meetupの詳細:Meetup: Find your people

その3:パブに飲みにいく

お酒が苦手な人は難しいかもしれませんが、ひとりでお酒を飲みにいくこともオススメです。例えば、オーストラリアの街にはパブやバーがたくさんあって、昼間からビールを飲んでいる人がたくさんいます。そこで、暇そうな人とビールを飲みながらくだらない話や、スポーツ観戦に花を咲かせながら、英会話力を上げる方法もありです。

オーストラリアワーホリ英語力

英会話が苦手な人も、お酒が入るとシャイな気持ちも吹っ飛んで、気がついたら英語をしゃべりまくっていた!なんてこともあり得ます。ただし、飲み過ぎないようにご注意を。

※オーストラリアでパブはHOTELという名称で営業している場合が多い。

その3:英語環境で仕事をする

ワーホリにありがちな、ジャパレスに代表される日本人の比率が高い職場で働くよりも、日本人のいないローカルの職場で働くと、英語力が飛躍的に伸びます。

私自身の経験からも言えるのですが、英語環境で仕事をすることは、英語力アップに非常に効果的です。語学学校では学べない、体験を伴った英語学習の最適な場所だと考えます。しかも、英語を学びながらお金を稼げるので一石二鳥。

参考:カジノで働くメリット8つ!オーストラリアのワーホリ仕事でオススメする理由

その4:日本人以外の恋人をつくる

イチバン英語力が伸びると言われているのが、日本人以外の英語力の高い恋人を作ることです(ネイティブ、非ネイティブ問わず)。ラブな気持ちが相まって、英語で表現したいフレーズを猛勉強したり、英語学習が苦にならない最高の原動力となります。本気で英語勉強するスイッチを入れるのは、意外と難しくないかも?と個人的な経験からも言えます。

その5:空いた時間に英語勉強

語学学校や仕事から帰宅した後、休日の空いた時間を利用して、コツコツ英語勉強することがとても大事。語学学校で勉強したことや職場で学んだ単語やフレーズを、その日のうちに復習することは非常に効果的です。

オーストラリアワーホリ英語力

オーストラリアのシドニーで私が生活をしていた時に知った、努力家だと感じだ友人のエピソードは、帰宅後にオンライン英会話で、可能な限り学んだ英語をアウトプットをしようと、彼なりに目標を持って日々英語力を磨いていたことです。

まとめ:ワーホリで失敗しないためにも目標を持つこと!

英語圏にいると周囲が英語環境なために、それなりに英語が上手になるには、やはり英語力を伸ばそうと意識して、日々行動する必要があります。最大の壁は、英語ができなくても自分をオープンマインドにして行動できるかどうか。英語にビビってシャイになってしまうのが、一番恐ろしいこと(必要な英語環境から遠ざかること)なんです。

私自身も、失敗はたくさんあります。楽しい事と英語力アップを結びつけてトライ&エラーをしていたことが、結果的に英語力の伸びに繋がっていたと感じます。

これから英語圏にワーホリへ行く人や、絶賛ワーホリエンジョイ中の人も、上記でご紹介したことを意識してみると良い結果になるのではないでしょうか。思い立ったが吉日です、どんどんアクションしていきましょう!

▼英語力を積極的にキープする秘訣▼

まずは、試しにDMM英会話の無料体験から(今なら25分の無料体験レッスンが2回受けられます!
詳細:簡単!わかりやすい!DMM英会話

SPONSORED LINKS

オーストラリアワーホリ英語力