【悲報】オーストラリアワーホリ経験者が語るスキンケア(紫外線対策)しないと将来ヤバい【実例あり】

『日本に比べてオーストラリアって紫外線が強いみたいだけど、やっぱ対策必要?』

これから海外旅行、ワーホリや留学でオーストラリアに訪れるなら、紫外線についてきになるところですよね。

『紫外線?んなもん気にしない!それよりオーストラリアのビーチでガンガン日焼けしたい!』

って余裕ぶっこいてる人も中には、きっと少ないないはず(特に男性)。

でも、ちゃんと対策しておかないと将来「後悔」するかもしれませんよ。

実際に、オーストラリアワーホリを経験した私の肌は、、、(後ほど実例を紹介)。

そこで今回は、オーストラリアワーホリ経験者目線で私の実例をもとに、「ワーホリ前に知っておくべきスキンケア(紫外線対策)」について紹介します!

オーストラリアワーホリ前に知っておくべきスキンケア(紫外線対策)

オーストラリアワーホリ前に知っておくべきスキンケア(紫外線対策)

過去に、私はワーホリでオーストラリアで1年間(シドニー半年、田舎で半年)生活を経験があります。

天候も良いオーストラリアでの生活を振り返ってみても、とても楽しく素晴らしい経験だったと今でも思うくらい。

でも、1点だけ「後悔」していることが、「スキンケア(特に紫外線対策)をしなていなかった」ことです。

将来、後悔しないために対策するべきこと

そんな私が、これからオーストラリアを訪れる人に向けて、自戒をもって強く言えることは、

オーストラリアでは、必ず「スキンケア(紫外線対策)」をするべき

ということ。

天候が比較的良いオーストラリア滞在中は、外出して日光を浴びる機会が多かったこともあって、今となっては「スキンケア(紫外線対策)」の重要性をしひしひと感じています。

最低限のスキンケア対策

化粧水|自分の肌に合うもので洗顔後の乾燥を防ぐ

美容液|肌の保湿・シミ予防に

日焼け止め|SPFやPA指数が強力なもので紫外線を防ぐ

悲報:紫外線対策しなかった→シミできた

(記事冒頭より)

『紫外線?んなもん気にしない!それよりオーストラリアのビーチでガンガン日焼けしたい!』

って余裕ぶっこいてる人も中には、きっと少ないないはず(特に男性)。

恥ずかしながら、冒頭にあった人のようにもれなく当時の私自身も、オーストラリア滞在中はほとんど紫外線対策をしていませんでした。

▼紫外線・日焼けによって肌がフルボッコ

オーストラリアで日光浴びまくった記憶
  • ビーチで日焼け・BBQパーティー
  • 田舎でのファーム仕事

シドニーでは、現地でできた友人たちとボンダイビーチやマンリービーチなどへ遊びに行ったり、オーストラリアの夏の定番「BBQ」も公園や海の近くでよくしていました(水着姿で)。

田舎でファーム仕事をしていた時には、炎天下のなか影もない広大な畑でピッキング作業をほぼ毎日していました。

なので、日焼け具合はボティビルダーのコンテスト並みの色黒さでした(←おそらくこれが原因)。

いま思えば、紫外線によって肌がブルボッコにされ続ける日々だったなと、、、。

▼ワーホリから5年後の様子(実例)

このようにまるで光合成をするがのごとく、オーストラリアで日光を浴びまくっていた結果が、これ。

背中側の肩周りに「シミ」が多数できてしまいました、、、。

顔周りについては、もともと小さい頃からあったそばかすが少し濃くなった印象なのと、これまでなかったシミができ始めました。

加齢による現象も含まれているのかもしれませんが、明らかにオーストラリアでスキンケア(紫外線対策)をしてこなかったことも大きな原因だと思います。

男性も余裕ぶっこいてる場合じゃない

ジムでの筋トレなどボティメイクする人が増えているように、男性もスキンケアをしていく時代!だと勝手に思っていたりします。

今となっては、最低限「洗顔後の化粧水、外出時の紫外線対策」はするべきと、過去の自分に激しく教えたいくらい。

私のように後悔したくない人(男性も女性も)は、紫外線が強いオーストラリアではスキンケア対策をバッチリしましょう。

オーストラリアワーホリ前にスキンケア・紫外線対策の準備

オーストラリアワーホリ前にスキンケア・紫外線対策の準備
スキンケアに詳しい女性ならともかく、無頓着な男性は最低限の対策だけでも準備するべき。

最低限のスキンケア対策

化粧水|自分の肌に合うもので洗顔後の乾燥を防ぐ

美容液|肌の保湿・シミ予防に

日焼け止め|SPFやPA指数が強力なもので紫外線を防ぐ

▼自分の肌に合う化粧水

洗顔後に使う化粧水は、すぐにカサカサする乾燥肌やオイリーな脂性肌など、人によって肌質が違うので「自分の肌に合う」ものを選びましょう。

▼美容液で肌の保湿やシミ予防

男性にとっては洗顔後の化粧水くらいはわかるけど、あんまり馴染みのない美容液。シワができやすくなる乾燥を抑えるために肌の保湿させる役割があります。

▼SPFやPA指数が強力な日焼け止め

紫外線を防ぐ日焼け止めは、「SPFやPA指数が強力な」ものを用意しておくことをおすすめします。

ビーチで優雅に日焼けをしたい人も少なくないと思いますが、オーストラリアの日光はすごく強烈です!

また、田舎でファーム仕事をしたい人は、屋外の作業なら必ず強烈な日光を浴びることを覚悟する必要があります。特にオーストラリア北部は、乾燥や暑さもハンパないです(経験済み)。

オーストラリアワーホリを終えた後の将来、肌のことで後悔したくない人は十分に対策しましょうね!

当時の私のように「余裕ぶっこいている人」がいる場合は、特に気をつけたいところ。

これからオーストラリアに行く友人が周りにいる場合は、ぜひアドバイスしてあげてください!

オーストラリアワーホリのスキンケア紫外線対策