月収5000ドル!? オーストラリアファーム仕事で出稼ぎワーホリ給料情報【体験談】

オーストラリア カナナラ ファーム
質問者
オーストラリアは物価や給料も高いし、ワーホリで仕事するとかなり稼げるの?

2014年度のオーストラリア政府の公式レポートでワーキングホリデー制度で訪れる日本人は1万人を超えた数字が発表され、近年その数は増加傾向にあります。

その背景の一部にあり、近年密かなブームとなっているのが、物価は高いが給料も高いオーストラリアでの「出稼ぎワーホリ」。

そこで、今回はオーストラリアで「稼げる」をテーマに、実際に私がオーストラリアのファーム(農場)仕事で月収約5000ドルを稼いだ経験を紹介します!

これからオーストラリアワーホリで稼ぎたと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1. オーストラリアワーホリに人気のファームジョブとは?

オーストラリア ファーム 情報 カナナラ

まず、オーストラリアで「英語が苦手な日本人」にも手に入れやすい仕事として、ワーホリメイカーに最も人気なのが「ファームジョブ」と呼ばれる田舎で農業をする仕事です。

オーストラリアにワーホリをされる日本人の方で、聞いたことがない人は皆無なほど、とても有名な仕事です。

ワーホリでファームジョブをするメリット

ファームで働く1番のメリットは、条件を満たせば「セカンドワーキングホリデービザ(1年間延長してオーストラリアでワーホリができる)」が得られることにあります。

セカンドワーキングホリデービザの取得条件
  • オーストラリア政府が指定する地域(基本的に田舎)で働く
  • 農業、畜産、漁業、建築業、鉱業の仕事に従事する
  • 一定期間(88日以上:約3ヶ月間)それらの仕事に従事する

また、オーストラリアの一部地域では条件を満たせばワーホリビザでも、6ヶ月以上働けるルール改正もあります。

*重要:ビザ取得は、オーストラリア政府の発表する最新アップデート情報を各自でチェックしてください!

オーストラリア政府公認のファーム情報入手先

オーストラリア政府機関が仕事情報を提供するサイト「Workforce Australia for individuals(英語)」があります。

このウェブサイトの中で、ファーム仕事系の情報は「Search the Harvest Trail(英語)」のページでチェックすることができます。

英語で情報収集できる英語レベルの人はもちろん、まだ英語力のない人は翻訳ツール(DeepLなど)を活用して、最新の仕事情報を収集できる点がポイントです。

▼オーストラリア国内ファーム情報の神ガイドブック

また、オーストラリア政府機関が発行する各州のファーム情報、収穫物やシーズンなどが詳細に記された神ガイドブックNATIONAL HARVEST GUIDE」があるんです!

オーストラリアファーム情報ガイドブックNATIONAL HARVEST GUIDE

最新情報のPDF版・Wordファイル版のデータも、こちら公式ページ(National Harvest Guide)からダウンロードできるので、渡航前にファーム情報などを事前に情報取集できます。

紙の冊子もあるのですが、ノートパソコンやiPadなどのタブレット端末にこのガイドブックを忍ばせておけば、とても便利です。

オーストラリアのファームジョブに必要な英語力

ハッキリ言えますが、英語力が高いことに超したことはありませんが、逆に「英語力がないと損」です。

私もファームジョブ(+シティジョブ)を経験ましたが、英語力が中級者以上であれば余裕。カタコト英語だと難易度が上がるように感じました。

▼英語力が低いデメリット

ファームジョブに限った話ではありませんが、英語力がないあまりに「全然稼げない」「仕事仲介者にダマされる」ケースも、多々あるようです。

そういった情報の背景には、仕事前に提示された条件(給料等)が違っても、「英語を上手く話せないので泣き寝入りする」日本人の方が、現実にいるからにあります。

一概に言えませんが、ワーホリ仕事探しの難易度上がる、日本語生活環境に陥る場合があるなど、デメリットが多いので頑張って英語力を身につけましょう!

▼渡豪前に英語力を身につける

せっかくなので、できればオーストラリアに来る前に「最低限の英語力(+英会話力)」を身につけておくことをおすすめします。

以下、私の英語学習体験なのですが、英語力にちょっと自信のない方には、きっと役立つと思うのでぜひ参考にしてください!

留学前 英語 準備

【ワーホリで稼ぐ英語勉強法】オーストラリア・フィリピン留学前におすすめの英語学習本

2015-05-28
フィリピン留学 2カ国留学 体験談

【経験談】格安フィリピン語学留学2ヶ月で飛躍的に伸びた英語力《効果抜群》

2015-06-10

2. 稼げるファームのある場所カナナラ(Kununurra)

Credit / Kununurra Visitor Centre Facebook

Credit / Kununurra Visitor Centre Facebook

ワーホリ中に私が働いたファームがあるのは、オーストラリアの西側に位置するWA(ウェスタンオーストラリア州)にある「Kununurra(カナナラ)」という小さな町です。

西部のWA州都パースよりも北部にあって、ノーザンテリトリー州のダーウィンからの方が近いエリアにあります。

この地域は、オーストラリアの中でも紫外線も強く、特に気温の高いエリアです。女性に限らず、男性も「紫外線対策」をしておくべきレベル(経験談)。

しかし、そんな過酷な環境にも関わらず、片田舎のカナナラが密かに人気がある理由は、「稼げるファームジョブ」のある場所だからです。

カナナラ(Kununurra)への行き方

一般的にカナナラへ向かうには、ノーザンテリトリー州の「ダーウィン(Darwin)」から「バス(グレイハウンド)」を利用して目指す方法が定番です。

予算がある人なら、ダーウィンから飛行機(「エアノース」or「カンタス航空」)でもカナナラまで行けます。田舎の小さな町カナナラと言えど、実は「飛行場」もあるんです。

カナナラ 行き方 ダーウィン

カナナラの行き方!ダーウィンからバスで行く方法

2015-06-05

WA州カナナラの収穫シーズン

ご存知の通り、収穫物(野菜や果物)は季節もの。

ウェスタンオーストラリア州のカナナラ(Kununurra)の収穫物は、「メロン」「カボチャ」「サンダルウッド」が有名です。

ワーホリ稼ぐファーム仕事給料情報カナナラオーストラリア

カナナラのシーズンは毎年「4月〜10月頃」といわれています(天候や自然災害の影響にもよる)。

他にも、少し時期は異なりますが「シトラス」や「マンゴー」、小さい規模ですが「バナナファーム」もあります。

3. カナナラのファーム仕事(求人情報)入手方法

Credit / Kununurra Visitor Centre Facebook

Credit / Kununurra Visitor Centre Facebook

*この探し方は、私がカナナラに滞在していた当時の方法です(2014年情報)。

さて、カナナラでの仕事探しの方法は、大きく分けて2つあります。

仕事探しの方法

  1. 街のジョブショップで仕事を紹介してもらう
  2. 友人や知り合いから紹介してもらう

①:街のジョブショップで紹介してもらう

小さなカナナラの街にあるJob Shop(ジョブショップ)と呼ばれるエージェントオフィスを訪れて、まずは「求人登録」をします。

ジョブショップにあるパソコンで自分の情報を入力して、後日ジョブショップから連絡がきて仕事を紹介してもらうという流れです。

簡単な流れの説明

  1. ジョブショップのオフィスで求人登録する
  2. 仕事紹介待ち(待機期間:人による)
  3. ジョブショップから仕事の連絡がくる(すぐ働ける意思を伝える!)
  4. 仕事ゲット!

タイミングや運にも大きく左右されますが、英語力や仕事経験あればより早く求人情報を手に入る傾向があります。

ちなみに、なかには「日本人を優先して雇いたい」というファームも少なからずあるので、英語力が低くても「日本人=よく働く」という(イメージ?)アドバンテージは大きいです。

この背景には、過去に過酷な環境のカナナラのファームで働いた日本人ワーホリメイカー(諸先輩方のおかげ)の功績が影響していると思います。

▼ジョブショップの訪問は「火曜日」が狙い目

ちなみに、ヨーロピアンのワーホリメイカーたちもファーム仕事を探しにくるので、月曜日はジョブショップが混んでいることが多いです。

なので、月曜よりも忙しそうでない「火曜日」あたりが狙い目かも。

なぜなら、求人登録するときにジョブショップのスタッフとコミュニケーションが取れるからです(スタッフが忙しくないとちゃんと相手してくれる)。

他ファームでの仕事経験や英語力の高さを「手短かにアピールできる」と印象が良く、仕事の紹介がすぐ回って可能性が高まります。

つたない英語でとろとろアピールしたのでは、忙しいスタッフさんも構ってないので、短時間で好印象を残すこと(エレベータースピーチ)が重要です。

②:友人や知り合いの紹介(コネ)

当時カナナラを訪れて間もない頃、私は①の方法でジョブショップの求人登録を済ませていたものの、すぐに「知人の紹介で仕事をゲット」できました。

(後日、ジョブショップから連絡で仕事紹介を断ったのは言うまでもなく)

初めてカナナラ到着して約1週間経った頃に、運も良く初仕事をゲットしましたが、やはりタイミングや運にも左右されます

人によっては、もう少し時間が必要な方もいるでしょう。

▼仕事探しの正攻法は?

紹介による仕事探しの正攻法は、仕事を探していることを、どんどん周りにアピールすることです!

ヨーロピアン、アジア人に限らず、バックパッカーズホステルやキャラバンで出会う人の繋がりに感謝する日が、きっとやってくると思います。

当時の私も、この方法で運よく仕事をゲットできました。

私がカナナラで働いていたファーム名

すごく気になる人も多いと思いますが、仕事探しもまたワーホリの醍醐味なので、働いていたファーム名は、ここではあえて伏せておきます。

イジワル?に聞こえるかもしれないので、有力情報として私が仕事を得るキッカケとなった滞在先(カナナラでは有名なバックパッカーズホステル)を紹介しておきます。

カナナラの有名バックパッカーズホステル

  • 名前:Kimberley Croc Backpackers(Kununurra YHA:閉業中)
  • 住所:120 Konkerberry Dr., Kununurra, Kununurra, Australia

すぐに仕事が見つかる保証はないので、最低1週間以上は宿泊予約しておきたいところ。

スーパーや酒屋にも近い好立地で、プールもある人気バッパーなので、シーズン中はお早めの予約を。

[/aside]

4. オーストラリアのファームジョブの仕事内容

ワーホリ稼ぐファーム仕事給料情報オーストラリア

一般的にカナナラの代表的なファームの収穫物は、メロン、カボチャ、バターナッツ、サンダルウッド(小規模でシトラス、マンゴー、バナナ)です。

当時、私が働いていたファームの収穫物は、思いっきりカナナラ定番の収穫物ばかり。

当時働いたファームで収穫していた作物
  • メロン(甘くて美味しい)
  • カボチャ(日本のスーパーでもよく見るもの)
  • 巨大なカボチャ(ハロウィンでみるようなでかいヤツ)
  • バターナッツ(カボチャの一種)

ファームジョブの仕事内容(種類)

当時、オーストラリアWA州のカナナラで働いていたファームでの仕事内容は、主に3つありました(別のファームでは他の仕事内容もあるかも)。

職場のファーム仕事内容

  1. ピッカー仕事:ピッキングと呼ばれる収穫作業をする(超ハード!)
  2. パッキング仕事:倉庫で収穫物を箱詰めする
  3. チッピング仕事:草刈りする

▼ピッカー仕事(体力勝負)

*私はこの仕事を経験しました。

「ピッカー仕事」の場合は、基本的に地面の上に実が育つ「メロン」や「カボチャ」などを収穫します。

ただし、灼熱の炎天下(40〜50度前後)のもとで、カラダを折り曲げて常に中腰状態になる「超ハード系の仕事(ザ・肉体労働)」です。

畑のなかで、泥まみれ+ハエとお友達になりながら仕事をします。。

オーストラリアの数あるファームジョブの中で、「バナナファームの仕事はしんどい」と耳にしますが、カナナラでの「メロン」や「カボチャ」のピッキングも、最上位レベルのかなりキツい仕事だと思います。

キツすぎて脱落者も出るほどで、欧米系アジア系に限らず体力に自信のない人は避ける傾向もあります。

▼パッキング・チッピング仕事(比較的ラク)

女性や体力に自信のない男性には、「草刈り(チッピング)」や「倉庫での梱包作業など(パッキング仕事)」、また比較的簡単に収穫できる他の作物のピッキング仕事が向いています。

前述のメロンやカボチャのピッカー仕事に比べると、かなりラクな仕事です(同じ時給ならこちらが断然人気!)。

ファームジョブの勤務時間は?

*各ファームの方針や収穫シーズン、仕事内容によって異なります

私の働いていたカナナラのファームでは、1日「8〜9時間前後」の労働時間でした。

基本的に「週6日勤務+週1日休み」だったのですが、繁忙期は週7日(休みなし)で2週間に1回休みがある程度でした。

当時のカナナラには、毎日休みなく働き続けること「数十日!」という「ツワモノ」の日本人同僚もいました。やっぱり稼げるからと、みなさん割り切ってましたね。

繁忙期の収穫シーズンだと仕事はほぼ毎日継続してありますが、草刈りの仕事(時期)はけっこう早く終わることもあるとか。

5. 気になる出稼ぎワーホリの給料と貯金額

Credit / Kununurra Visitor Centre Facebook

Credit / Kununurra Visitor Centre Facebook

読者の皆さんが、イチバン興味のあるところだと思いますので、私の実例をもとに紹介します。

気になるカナナラのファームジョブお給料(時給)

ちなみに、日本とは違ってオーストラリアには、基本的に「土日祝日の給料をアップ」する法律があります。

私が働いていたファームの時給

  • 時給:当時21ドル(平日土日に関わらず同額:季節労働のため)
  • 祝日:42ドル(ダブルペイ!)
  • ボーナス:1時間あたり1ドル

私の働いていたカナナラのファームは、珍しくボーナスシステムがあって、仕事を辞めるときにちゃんと退職ボーナスが支払わられました(超ラッキーな優良ファーム!)。

*2014年当時の情報で、ファームによって条件は異なる

ちなみに、カナナラのあるウェスタンオーストラリア州は、他の州と比べて「時給がやや高め」の傾向があります(鉱山バブルの影響もあるのかな?)。

ファーム生活1ヶ月の月収と貯金額(例:繁忙期)

カナナラのファームで繁忙期に働いて稼いだ1ヶ月の簡単な収支内訳は、以下の通り。

内訳

  • 月収:約5000ドル(税抜前*1)
  • 源泉徴収:給与金額から約650ドル税金天引き(*2)
  • 生活費:約1000ドル(*3)
  • 手元に残る貯金額:約3350ドル

(*1:計算しやすいよう端数は省略、*2:2014年度税制での税法上居住者スキーム利用、*3:食費・宿泊費等含む合算金額)

よって手元に残った金額は、オーストラリアドルで「AUD約3350ドル前後」でした。

これを当時の為替レート(1豪ドル≈95円)で計算すると約32万円!

もちろん為替レートに左右されますが、当時2014年は1ヶ月に約30万円ほど貯金できたのです!

オーストラリア生活費ワーホリ1ヶ月

オーストラリアワーホリ1ヶ月の生活費用公開【ファーム編】

▼ファームジョブで退職金ボーナスも?!

当時、私の働いていたファームでは、退職時になんと「ボーナス」として「労働1時間あたり1ドル」も支給されました。

なので、こちらのファーム仕事を辞めて退職する際には、数百ドルのまとまったお金が手に入ることに、、、超ラッキー!

とっても良心的な職場だったのは、間違いありません。もちろん、すべてのファームでボーナスがあるわけではないので、誤解しないでくださいね。

タックスリターン(確定申告)の還付金も侮れない

オーストラリアでは、ワーホリメイカーもまともな職場の仕事で働きお金を稼いでいれば「タックスリターン(確定申告)」を行う必要があります(給料から源泉徴収されるため)。

そして当時は「ある条件」を満たすと、源泉徴収されていた税金が丸々還付されたのです。

例えば
私の場合は、カナナラのファームで働いていた分だけでも、当時1000ドル以上のお金が手元に戻ってきました。

※確定申告までに稼いだ金額によって、還付金額が異なりますがここでは触れません

追記:2017年1月以降は、ワーホリメイカーに対するバックパッカー税の導入で課税率が変更になります(残念ながら当時のような税制スキームが使えなくなりました)。

カナナラのファームで働いた総貯金金額は?

当時、オーストラリアのカナナラのファームで繁忙期に働いていた人は、一体いくらお金を稼げていたかというと、次の計算式で大体わかります。

例:当時の私の場合

(貯金1ヶ月約3000ドル×働いた期間)+ボーナス(働いた時間数×1ドル)+税金還付(各人それぞれ異なる)=総金額????ドル

この結果は、あくまで2014年当時の私の経験上の話です。

あえて明確な金額を算出しませんが、なんとなくオーストラリアで出稼ぎワーホリをする人が増える理由が、お分かりいただけたでしょうか。

「時給の良い」稼げるまともなファームで、いかに「長く」「継続的に」仕事続けられるかが大きなポイントです。

収穫物の出来具合も、年によって変わると予想されるので、一概にみんなが毎年稼げる保証はありません。

▼ ファームジョブの強者(ツワモノ)はキャラバンパークにあり

ちなみに、上記で計算した金額が屁でもないくらい、ファームジョブでもっと貯金をする「ツワモノ」は沢山いました

しかし、出稼ぎワーホリのツワモノは、キャラバンパーク(テントやキャンピングカーが停泊できるような広い敷地のある宿泊施設)と呼ばれるところで「テント生活」を送って生活していました。

彼らは「宿泊代がバックパッカーズホステルよりも安く、テント生活なら週100ドル以下で済むから、、、。」と言います。

「ワーホリで稼いで貯める!」という明確な目標がある人なら、彼らのような「ツワモノ」の仲間入りをぜひおすすめします!

まとめ

オーストラリアワーホリ稼ぐファーム仕事給料情報

例えば、2年目のワーホリ用のセカンドビザを取るため、同じ期間ファームで働くのであれば、誰でも「稼げるファーム」で働きたいですよね。

もしくは、ワーホリ後に世界を旅するために、オーストラリアでガッツリ稼ぎ資金を貯めたい!って人もいるでしょう。

もちろんファームジョブに限らず、肉体労働系の仕事はしんどいです。

でも、人によってはちょっとした「サムマネー」お金を蓄えられ、海外ならではの経験(英語環境と国際感覚を養う)を手にできるでしょう。

以上、これからオーストラリアワーホリでファームジョブをしたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!