穴場のオランゴ島!セブマクタン島から20分で行ける旅行先

オランゴ島リゾートホテル

格安フィリピンセブ留学の週末の過ごし方として、人気のアイランドホッピング!

語学学校の集まるセブ島から週末になったらプチ旅行を計画している人も少なくないと思います。

そこで、セブ島から意外とアクセスが良いわりには、知名度の高くない穴場の旅行先「オランゴ島」の旅行体験記をご紹介します!

オランゴ島へ行く方法や、オランゴ島で宿泊したおすすめリゾートホテルも合わせてご紹介するので、デートや息抜きのお忍び旅行を計画中の人は、ぜひ参考にしてみてください!

SPONSORED LINKS

1. セブの穴場旅行先「オランゴ島」とは

オランゴ島セブ

今回ご紹介するオランゴ島は、フィリピン中心部に位置する英語留学でも有名なセブの玄関口、セブマクタン国際空港のあるマクタン島の東側に浮かぶ小さな島です。

有名リゾートホテルから始まり、大小数多くのリゾートが海岸線に立ち並ぶマクタン島とは対照的に、大きなリゾート開発が行われていないのがオランゴ島。

マクタン島からはもちろん、語学学校が集結するセブ島(セブ市内)からもアクセスしやすい位置にあります。

にも関わらず、セブ留学生に人気のスポット(ボホール島やオスロブ)と比較すると、そこまで知名度は高くありません。

つまり、捉え方を変えると「穴場の旅行先」と言えるのです。

週末オランゴ島旅行のおすすめポイント

  • セブ島、マクタン島から近くアクセスが良い
  • 他のリゾート地や観光地よりも混み合っていないのでのんびりできる

オランゴ島は、セブ島(セブ市内)の近場でのんびりできる場所として、セブ留学中の週末旅行プランにもピッタリの旅行先。

今回は、友人と1泊2日の短い滞在ですが、実際にオランゴ島へ週末旅行した体験談をご紹介します!

2. セブ市内からオランゴ島までの行き方

オランゴセブホテル

ここからは、セブ留学の語学学校が多いセブ島(セブ市内)から、目的地であるオランゴ島までの道のりをご紹介します。

簡単な流れとしては、セブ市内を出発→マクタン島の「Punta Engaño port(旧称Hilton Port:ヒルトンポート)」で乗換え→オランゴ島到着の道順です。

ステップ1:セブ市内からマクタン島にある「Punta Engaño port(旧称Hilton Port)」を目指す

まずは、セブ島(セブ市内)からマクタン島にある元々Hilton Port(ヒルトンポート)と呼ばれていた「Punta Engaño port」までタクシーで移動します。

オランゴ行き方

ポイントとしては、タクシードライバーに行き先を伝える際「Hilton Port(ヒルトンポート)」と言えば、すぐ理解してくれる場合が多いです。

※なぜなら「Punta Engaño port」の横にある、現在のモーベンピックホテル(Mövenpick Hotel Mactan Island Cebu)は、その昔ヒルトンホテル(Hilton Hotel)だったからで、まだその名残があることが垣間見えます。

オランゴセブ行き方

ちなみに、タクシーでPunta Engaño port(旧名称Hilton Port:ヒルトンポート)の敷地内まで行くと、入場料?として何ペソか請求されます(大した額ではないのでお布施です)。

なので、モーベンピックホテル(Mövenpick Hotel Mactan Island Cebu)前でタクシーを降り、歩いて港まで行くといいかも。

ステップ2:「Punta Engaño port(旧名称Hilton Port:ヒルトンポート)」からバンカーボートで目的地のオランゴ島へ

そして「Punta Engaño port(旧称Hilton Port:ヒルトンポート)」でバンカーボートに乗り換え、目的地のオランゴ島を目指します。

まずは、チケット売り場のカウンターで、オランゴ島行きのチケットの購入と運行スケジュールを確認します。

オランゴセブ行き方
  • 料金:わずか15ペソ!(2015年2月情報)
  • 所要時間:20分(天候や波の状況による)
  • 運行スケジュール:午後6時ごろまで40分間隔で定期船(バンカーボート)が運行

運賃の破格の安さに驚きますが、このアイランドホッピングがオランゴ島旅行の楽しみの1つです!

※プライベートバンカーボートを貸し切って移動する場合は、言うまでもなくもっと高いです。

オランゴホテル

ぼーっと、青い海を眺めているのも気持ちが良いです。天気が良ければ、マクタン島のリゾート滞在客が海上でパラセイリングやバナナボートを楽しんでいる光景も。

オランゴ島行きのバンカーボートが港を出発して、揺られること約20分(天候や波の状況による)。

オランゴセブ行き方

ようやく目的地のオランゴ島に到着。長い桟橋が印象的です。

▼オランゴ島の移動手段はトライシクルかバイクタクシーが一般的

オランゴ到着後は、船着き場に待機しているバイクタクシー(通称:ハバルハバル)やトライシクルを利用して、お目当てのリゾートへ移動します。

オランゴ島セブ行き方

前述の通り、オランゴ島は、お隣のマクタン島のように大きく開発されていません。そのせいか、トライシクルやバイクタクシーのドライバーも、マクタン島のようなぶっ飛んだ外国人料金をふっかけてきませんでした。

※ただし、事前に料金交渉はちゃんとしておきましょう。

olango1

わずか20分前にマクタン島で見た光景とは正反対。オランゴ島内は非常にのんびりした印象。

olango

まだまだ旅行者の姿に慣れていないのか、道すがりで見かけるオランゴ島民からの視線は、セブ島やマクタン島にはないものがあります。

それだけオランゴ島が観光地化していない(擦れていない)証拠だと思います。

3. オランゴ島のリゾートホテル「タリマ ビーチ ヴィラズ & ダイブ リゾート (Talima Beach Villas & Dive Resort)」

オランゴセブリゾートホテル

credit / Talima Beach Villas Facebook

今回のオランゴ島旅行で滞在したリゾートホテルは、『タリマ ビーチ ヴィラズ & ダイブ リゾート (Talima Beach Villas & Dive Resort) 』。

このリゾートホテルは、オランゴ島内でも海を隔てて遠くにマクタン島が望める北西の場所(タリマ地区)に位置しています。

リゾート敷地内のデザイン(レイアウト)もよくて、印象的だったのが海を望める位置に大きなベッドが置かれていたこと!カップルでのんびりしたり、一人で読書するのにはもう最適!

オランゴ島リゾートホテル

リゾートにはビーチがないのですが、目の前の海ではシュノーケリングできたり、バンカーボートが集まるところがダイビングスポットになっています(※マリンシューズ持参がおすすめ)。

リゾートの敷地の外はすぐ海というロケーションでなので、オランゴ島とマクタン島の間の海で、パラセイリングしている様子も眺めることができます。

オランゴセブリゾートホテル

海で泳ぐのが苦手な方には、リゾート敷地内にプールもあるので安心。スタッフもとても親切で、敷地内の手入れもちゃんとされていました。

オランゴセブリゾートホテル

credit / Talima Beach Villas Facebook

もちろんリゾート内にはレストラン併設されています。料理の値段もそんなに高くなくてリーズナブル。美しい海を眺めながらいただくビールやマンゴーシェイクの味は格別でした。

オランゴ島ホテル

夜も静かで、頭上に広がる星空と、遠くに見えるマクタン島の夜景は、とても素敵な眺めでした。

カップルにおすすめのリゾートですが、大きなヴィラ(Villa)もあるので家族連れの方の宿泊も楽しく過ごせると感じました。

海のアクティビティで遊び回るというよりは「贅沢に時間を過ごす場所」とお考えになった方が良いかもしれません。

詳細:タリマ ビーチ ヴィラズ & ダイブ リゾート (Talima Beach Villas & Dive Resort)

【オランゴ島】穴場リゾートホテルTalima Beach Villas and Dive Resortに宿泊してみたよ

2017.02.24

まとめ:セブ島からオランゴ島へのプチ旅行もおすすめ!

オランゴセブリゾートホテル

credit / Talima Beach Villas Facebook

セブ島やマクタン島からのアクセスも良く、隠れ家的なリゾートもあるオランゴ島の旅行体験をご紹介しました。

アイランドホッピング感覚で気軽にプチ旅行ができるので、セブ留学の週末旅行にもピッタリだと思います。

穴場のロケーションから眺める素敵なサンセットは、きっと忘れられない思い出となるでしょう。興味のある人は、ぜひ一度訪れてみることをおすすめします!

【フィリピン】オランゴ島のビーチリゾートホテルSagastrand Beach Resortでプチバカンスしてきたよ

2016.05.05
【おすすめ海外ホテル予約サイト】

「マクタン・オランゴ島の人気リゾート」の格安料金を比較、各予約サイトの会員特典を活用してお得にを予約するべし!

アゴダ(Agoda)公式サイト

特長:予約すると提携企業のマイルやポイントが貯まる特典プログラム【ポイントマックス】

ホテルズドットコム(Hotels.com)公式サイト

特長:通算10泊すると必ず1泊無料になる会員リワード特典プログラム【Hotels.com™ Rewards】

エクスペティア(Expedia)公式サイト

特長:航空券とホテルを同時予約すると最大ホテル代全額OFF【AIR+割(エアプラス割)】

 【海外旅行中もネットが使いたいなら海外WiFiレンタルが便利!】

イモトのWiFi」公式サイトをみる

海外WiFiレンタルのグローバルWiFi」公式サイトをみる

SPONSORED LINKS

オランゴ島リゾートホテル