オーストラリアワーホリ1ヶ月の生活費公開【シドニー編】

オーストラリアワーホリ費用1ヶ月シドニー

ワーキングホリデーの渡航先として人気のオーストラリアのシドニー!

しかし一体、シドニーでのワーホリ費用っていくら準備しなくてはいけないでしょうか?

今回は、当時シドニーでのワーホリ体験談をもとに、シドニーの1ヶ月分の生活費内訳をご紹介します。

物価の高いと言われるオーストラリアの都市シドニーで、これからワーホリを計画中の人はぜひ参考にしてみてください。

SPONSORED LINKS

オーストラリア・シドニー生活1ヶ月分の費用を公開!

オーストラリアワーホリ費用1ヶ月シドニー

ワーキングホリデーで訪れたオーストラリアで最初にワーホリ生活を始めた街が、日本人にも人気の都市「シドニー」でした。個人的なの体験談を例に、オーストラリア国内でも物価の高い都市の1つと言われているシドニーの1ヶ月の生活費をご紹介します。

オーストラリアのシドニーで当時のワーホリ生活状況は?

今回ご紹介する「シドニーの生活費1ヶ月分」の背景にあるワーホリ生活の状況は、以下の通りとなります。

  • ワーホリ生活をシドニーで始めて4ヶ月目
  • 仕事あり(週3〜6日勤務)
  • シェアハウス滞在(オウンルーム:1人部屋)
  • 食事は基本的に自炊(外食はたまに)
  • 移動は自転車か徒歩(たまに電車とバス)
  • 友人とたまに飲みや食事にいく

オーストラリア・シドニーのワーホリ生活を始めて4ヶ月目となり、海外生活にもある程度慣れ、自分なりの生活リズムや習慣ができて安定してきた頃となります。

オーストラリアワーホリ費用1ヶ月シドニー

▼食事:基本的に自炊で節約生活!

食事は、週に2〜3日くらい最寄りのスーパー(Coles)で食材を買って、基本的にシェアハウスで自炊をしていました(物価が高いシドニーで外食続きだとキツいので)。果物などの生鮮品は、週に1度、シドニー市内のチャイナタウンにある安くて有名なパディスマーケットで購入するのが習慣。

オーストラリアワーホリ費用1ヶ月シドニー

当時、働いていた仕事上、無料の食事が提供されるので、仕事のある日は1食タダ。ビュッフェスタイルだったので、普段スーパーで買わない野菜をたくさん食べたり、不足しがちな栄養バランスを補うのに、大きく貢献したのは言うまでもありません。

また、幸い仕事上ゲストからのチップ収入もあったので、チップでご褒美にビールを買ったり、仕事帰りにパブで飲んだりしていた費用は、上記の内訳には含まれていません。

参考:カジノで働くメリット8つ!オーストラリアのワーホリ仕事でオススメする理由 

▼交通費:自転車か徒歩で基本移動!公共交通機関もたまに利用

シドニー市内の利便性の良いエリアに住んでいたので、基本的に移動は自転車か徒歩で十分でした。たまに、友人たちとビーチなどに遊びに行くときに、バスや電車を利用するくらい。タクシーはほとんど利用したことはありませんでした。

オーストラリアワーホリ費用1ヶ月シドニー

▼通信費:ケータイの定額プランを利用

通信費は、ケータイの通信費用でオプタス(Optus)の月30ドルのプリペイドプランを支払っていました。滞在していたシェアハウスで、フリーWifiが使えたのでインターネット利用にも困らない環境でした。

参考:Prepaid Mobile Phone Plans – Optus

オーストラリアワーホリ費用1ヶ月シドニー

▼衣類費:ファッションがオージー化

当時、基本的な衣類は持っていたので、仕事用の靴下などの小物、普段着のTシャツなどをKmartやTarget(リーズナブルな商品を取り揃える現地では有名なお店)で購入するくらい。

シドニー市内のショップ(服屋)で、ショッピングした記憶がほとんどありません。日本にいたときよりも、ファッションに対する支出の割合が大幅に下がったのは、オージーライフの賜物(?)かもしれません。気候の良さもあって、冬以外はラフな格好が多かったかも。

オーストラリアワーホリ費用1ヶ月シドニー

基本的にオージーは、そこまでお洒落に気を使わない?気がしています(ごく一部の人はファッショナブルだけど)。シドニーにある有名なボンダイビーチまでのアクセスも良いので、いつでもビーチに行けそうな格好をしてました。

▼家賃:シェアハウスのオウンルーム

シドニー生活で滞在していたシェアハウスのある場所は「Sully Hills(サリー・ヒルズ)」と呼ばれるシドニーのセントラル駅東側にあるエリア。一軒家がまるまるシェアハウスで、私はそこまで狭くないオウンルーム(1人部屋)に住んでいました。シェアハウスにあるバスルーム2つとキッチンは共有。

オーストラリアワーホリ費用1ヶ月シドニー

気になる家賃(レント)は週180ドル、月4週だと合計で740ドル。立地的にも悪くない便利な場所で、しかもオウンルームだったのが、そこに住む決め手でした(インターネット環境としてフリーWifi有)。ちなみに、入居時の敷金(ボンド)は、1ヶ月分。

参考:ワーホリ必見!オーストラリアでシェアハウスを探す方法3つ 

オーストラリア・シドニーのワーホリ生活費(1ヶ月分)内訳!

オーストラリアのシドニー生活費(1ヶ月分)の内訳は、以下の通りとなります。

※当時2014年4月レート1豪ドル≈95円換算

項目 豪ドル 日本円換算※
食費 323ドル 30,685円
交通費 30ドル 2,850円
交際費 136ドル 12,920円
衣類費 50ドル 4,750円
通信費 30ドル 2,850円
家賃 740ドル 70,300円
合計 1,309ドル 124,355円

特別に贅沢をしていた記憶はないのですが(むしろ節約生活)、1ヶ月の生活費は1300豪ドル越え(日本円で12万円以上)は支出していました。ただし、もう少し切り詰めて、生活レベルを落とせば、多少は支出を抑えることが出来ると思います。

例えば、シドニー市内のコンドミニアムのシェアルーム(1室を複数の人と共有する)すると家賃が少し抑えれる。上記の食費には、お酒代(ビール代)も含まれているので、飲酒の頻度を下げるなどの方法があるでしょう。

まとめ:シドニーのワーホリ生活費には余裕を持っておこう!

オーストラリアワーホリ費用1ヶ月シドニー

オーストラリア国内有数の観光都市シドニーで、シティライフを過ごすワーホリメイカーは、準備する生活費に余裕を持っておくことをおすすめします。

実際、上記でご紹介した生活費の内訳よりも低い予算で、シドニーで生活することも可能だと思います。しかし、誘惑の多い都会生活では、いろんな場面で我慢することが多くなるでしょう。オーストラリアの田舎でのファーム生活とは環境が違うのです。

参考:オーストラリアワーホリ1ヶ月の生活費用公開【ファーム編】

あまり切り詰めるワーホリ生活を送りたくない人は、シドニーのワーホリ生活を楽しむためにも、現地で仕事をして稼ぐことが重要です。生活を少し楽にするにも、まずは稼いで収入を増やすことが、最大の武器となるのは間違いありません。

SPONSORED LINKS

オーストラリアワーホリ費用1ヶ月シドニー