留学ワーホリ出発前に!海外旅行保険付きクレジットカードを準備する理由

クレジットカード留学ワーホリ保険

海外留学やワーキングホリデーの準備で、海外渡航前に作っておきたい”海外旅行傷害保険付き”のクレジットカード!

万が一のために備えておくべき海外旅行傷害保険が付いたおすすめクレジットカードをご紹介します!

クレジットカードを作るタイミング、学生やフリーターでも比較的作りやすいクレジットカードなど、ぜひ参考にしてみてください。

これからオーストラリアやカナダなどへワーホリや留学、またフィリピン留学を計画している人も必見です!

SPONSORED LINKS

1. 海外留学・ワーホリ前にクレジットカードを作っておくべき理由

クレジットカード ワーホリ

理由1:ワーキングホリデービザの支払いはクレジットカード払いが基本!

人気のオーストラリアやカナダのワーキングホリデーを計画している人も多いと思います。これらの国のワーホリビザ取得方法は、基本的にインターネットによるビザ申請。

その申請料の支払いは、オンラインによるカード決済となるので、クレジットカードで支払う必要があるのです。

ビザ申請からビザ発行までの期間は、1週間〜1ヶ月程度時間が必要です。ワーキングホリデーをお考えの人は、逆算して出来るだけ早くクレジットカードを作っておきましょう。

※クレジットカード決済して支払ったビザ代金は、翌月の支払日に日本の銀行口座から引き落としされます。

理由2:海外留学・ワーホリでおすすめのお金の持っていき方はクレジットカード!

海外旅行保険付きクレジットカードは、海外留学やワーホリで海外生活をスタートする際のお金の持っていき方としてもおすすめです。

トラベラーズチェックは問題外(使い勝手が悪く、時代遅れで存在しない?)として、、、日本国内の空港や海外の空港の両替所で両替するのは、両替レートが悪いのはご存知の通り。

また海外で現地の両替所でするために大金(現金)を持ってウロウロするのは、防犯上の面でも危ういので注意したいところ。

今の時代、クレジットカードのキャッシングや国際キャッシュカードを利用して、海外のATMで必要な時に必要な現金を手に入れるのが、安心で一般的な方法なのです。

なかでも、クレジットカードで海外キャッシングする方法が1番おすすめ。海外キャッシングをしたことがない人は、以下の記事を参考にしてみてください。

【エポスカード】海外旅行で人気なフィリピンセブ島のATMでキャッシング!ネットで繰り上げ返済してみたよ

2017.01.11

2. 海外留学・ワーホリ前にクレジットカードを作るタイミングは?

クレジットカード 留学

海外留学やワーキングホリデーをお考えの人は、余裕を持って渡航出発前の2ヶ月前にはクレジットカードの申請しておくことをおすすめします。

海外渡航日(日本出国)までにクレジットカードを入手する流れ
渡航2ヶ月前 インターネットでクレジットカード申請
〜1ヶ月前まで クレジットカード審査・発行期間
〜1週間まで クレジットカードが自宅に到着(時間に余裕を持つ)
渡航当日 クレジットカードを持って海外生活開始!

なぜなら、多くのクレジットカード会社の場合、インターネットからクレジットカード申請して自宅に届くまでは、通常2週間〜1ヶ月ほどの時間が必要だからです。

海外渡航まで時間がない人におすすめのクレジットカード

ただし、カード会社によっては審査が早く、1週間程度でクレジットカードが手に入るところもあるんです!

クレジットカードの中でも人気ブランドの「三井住友VISAカード」なら、インターネットで申込完了すれば、カード発行が最短3営業日、自宅には申請から最短で1週間ほど届きます。

ただし、驚きはマルイの発行する「エポスカードで、ネット申込後に最短即日発行も可能なんです!しかも、年会費が永久的に無料で、海外旅行保険付きの高待遇なクレジットカードなので、ぜひ持っておきましょう。

在学中や仕事を辞める前にクレジットカードを作っておく!

クレジットカード申請時には、自分の社会的な地位(学生や職業)や年収を正確にカード会社に申告する必要があります。

カード会社によりますが、無職の場合だと審査に合格しづらい傾向があるので、気をつけておきたいところ。

クレジットカードは「信用」そのものなので、学生であれば在学中に、企業で働いている人は退職前にクレジットカードを作っておきましょう!

やっぱり、あとからでいいや〜と後回しにせずに、大学生であれば学生の特権を活かして、ブランド力のあるクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

▼学生や新社会人でも作りやすいクレジットカードは?

結論から言うと、三井住友VISAカードの場合は、学生や新社会人でも比較的審査が通りやすいことで有名です。

将来の有望なお客さんとなるかもしれない新社会人にも、比較的クレジットカードを作りやすいようなので、タイミングを逃さないように。

楽天カードも比較的審査が緩いようなので、フリーターでも申込んでみる価値があります。

3. 海外旅行傷害保険付きクレジットカードを持って海外留学やワーホリへ!

クレジットカード 海外保険

海外留学やワーホリの場合はもちろん、海外旅行に行く場合にも「海外旅行傷害保険」が付帯されたクレジットカードを持っておくと、大きなメリットがあります。

基本的に、ほとんどのクレジットカードの保険適応条件は出国後90日以内となっているので、フィリピン留学を含め短期留学や海外旅行はピッタリです。

もし、海外でカードトラブルに遭ったとしても、日本語対応のヘルプデスクに電話をすれば被害を最小限に抑えることができるので安心!

海外で盗まれた現金は、ほぼ確実に一生戻ってくることがありませんが、クレジットカードは再発行が可能なのです。

ちなみに、オーストラリアやカナダなどにワーホリや海外留学で「90日以上」滞在する場合は、長期滞在用の海外留学生保険にもあわせて加入しておくことをおすすめします。

海外留学・ワーホリには複数の海外旅行傷害保険付クレジットカードを!

海外でよく発生しやすいケースとして、ケガや病気がまず挙げられます。

万が一、保険料が高額になった場合に備えて、複数(2〜3枚)の海外旅行傷害保険付きクレジットカードを持っておくことをオススメします。

その理由は、ケガや病気になった場合に重要な傷害治療費用・疾病治療費用の補償額を、他のクレジットカードの補償額との合算して対処できるので、最高補償額が高くなるメリットがあるのです。

海外旅行傷害保険付きのクレジットカードで人気なカードは、次の通り。

三井住友VISAカード

楽天カード 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

エポスカード

これらのクレジットカードは、初年度の年会費が無料なので財布に優しいのも特徴(エポスカードや楽天カードは永年年会費無料)。

※カードにより補償内容が異なるので、詳細はカード会社の免責約款・特約をご確認してみてください。

まとめ:海外留学・ワーホリには複数の海外旅行保険付きクレジットカードを!

クレジットカード ワーホリ 保険

▼2種類以上の国際ブランドのクレジットカードを持っておくべし!

海外の一部の地域では、クレジットカードでも対応していない国際ブランドがあったり、盗難などで紛失してしまうリスクを考えると1枚だけではちょっと心細いと感じます。

異なる国際ブランドのクレジットカードを2〜3枚持っておくのもポイントです。

例えば、以下のような組み合わせ。

・VISA(三井住友VISAカード)とMASTERCARD(楽天カード

・またはVISA(エポスカード)とAMEX(セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード)など

海外留学やワーキングホリデーの計画のある人は、ぜひ海外旅行保険付のクレジットカードを作っておきましょう。

長期的な視点でみても、将来海外旅行に行く際にも利用価値があります(カード条件によっては国内旅行保険にも適応!)。

お金の取扱いの面で快適な海外生活が送れるように、事前の準備が大切なのです。

ワーホリや海外留学に持っていくべき海外旅行保険付の人気クレジットカード

三井住友VISAカード

楽天カード 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

エポスカード

カードブランドの組み合わせを変えて複数枚(最低2枚)持っておくのがおすすめです!

番外:クレジットカードを持ちたくない(諸事情により持てない)人は?

ちなみに、クレジットカードを持ちたくない(諸事情により持てない)人は、海外ATMでも利用できるキャッシュカードとして人気な新生銀行の国際キャッシュカードや、与信審査のない海外プリペイドカード(マネパカード)などで代用しましょう。

【新生銀行】被仕向送金の受取手数料0円!海外から日本へ送金する前に準備しておきたい口座

2016.09.28

海外旅行や留学で2枚目に持っておきたいマネパカード

2015.07.01
SPONSORED LINKS

クレジットカード留学ワーホリ保険