【バリカサグ島】格安でウミガメと泳げた!ボホール島のアロナビーチからのアイランドホッピングツアー《体験談》

バリカサグ島アイランドホッピングツアー

『セブ島のお隣ボホール島(アロナビーチ)からいけるバリカサグって島の海でウミガメと泳げるって本当?』

『パングラオのアロナビーチからアイランドホッピングツアーに参加して、ウミガメと一緒に泳いでる写真が撮りたい!』

せっかく海外旅行でフィリピンのセブ島まで来たんだから、ダイビングやシュノーケリングをして美しい海を楽しみたい!できれば、ウミガメと一緒に泳いでみたいって人も、きっと少なくないはず。

日本でもなかなかウミガメと泳ぐチャンスなんて、そうそうないですよね。

そこで、今回フィリピンのセブ島のお隣ボホール島近海にある人気のダイビングスポット『バリカサグ島でウミガメと一緒に泳いだ体験談』をご紹介したいと思います!

バリカサグ島でウミガメと一緒に泳ぐために、ボホール島(パングラオ島)のアロナビーチからアイランドホッピングツアーに参加する方法や料金などを解説します。

この記事でわかること
  • バリカサグ島の場所・アクセス方法
  • バリカサグ島アイランドホッピングツアーの申込参加方法
  • バリカサグ島アイランドホッピングツアーの料金
  • ウミガメと泳げるバリカサグ島の海の様子

注目のウミガメもそうなんですが、ボホール島(パングラオ島)のアロナビーチからアクセスできるバリカサグ島は、実は運が良ければ「イルカにも出会える(ドルフィンウォッチング)ポイント」でもあるんです。

そんな貴重な体験をしてみたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【バリカサグ島】フィリピンのセブ島・ボホール島からのアクセス方法

フィリピンのセブ島・ボホール島からバリカサグ島のアクセス方法

今回ご紹介する「バリカサグ島(Balicasag Island)」は、東南アジア屈指のリゾート地としても有名なセブ島のお隣、ボホール島の南西部に浮かぶ島です。

セブ島のお隣ボホール島旅行をしている欧米旅行者にも人気のアロナビーチから、アイランドホッピングツアーやダイビングツアーでアクセスできる人気な島。

もちろんダイバーたちにとっては、フィリピンで有名なダイビングスポットの1つでもあります。

ボホール島(パングラオ島)のアロナビーチについて知りたい人は、こちらの記事(参考:【アロナビーチ】セブのお隣ボホール島のゴキゲンなビーチ《欧米旅行者に人気な理由》)を参考にしてみてくださいね。

【アロナビーチ】セブのお隣ボホール島のゴキゲンなビーチ《欧米旅行者に人気な理由》

2016.05.21

セブ島からボホール島経由のバリカサグ島への行き方

セブ島からボホール島経由のバリカサグ島への行き方

今回ご紹介しているバリカサグ島への行き方は、まずセブ島のお隣ボホール島(パングラオ島)のアロナビーチにアクセスする必要があります。

旅行代理店のパッケージツアーではなく、旅行者自らセブ島セブ市内からバリカサグ島まで訪れる方法の流れは、以下の通りです(実際に、私がアクセスした方法)。

【セブ島からバリカサグ島までの行き方の流れ】

  1. セブ島セブ市内のホテルからセブ港へタクシーで移動
  2. セブ港からボホール島のタグビララン港へフェリーで移動
  3. ボホール島のタグビララン港からパングラオ島のアロナビーチへ移動
  4. アロナビーチからアイランドホッピングツアーでバリガサグ島へボートで移動

パングラオ島のアロナビーチからバリカサグ島までは、バンカーボートで約40分前後(天候による)です。

フィリピンのセブ島からボホール島南西部にあるパングラオ島(アロナビーチ)までの詳しい行き方については、こちらの記事(参考:よく分かるセブ島からボホール島(パングラオ)アロナビーチへの行き方)で解説しています。

よく分かるセブ島からボホール島(パングラオ)アロナビーチへの行き方

2015.08.08

バリカサグ島アイランドホッピングツアーに格安で参加する方法

バリカサグ島アイランドホッピングツアーに格安で参加する方法

ここからは、実際に私と友人が『格安で!』参加したバリカサグ島行きの現地アイランドホッピングツアーの申込方法や料金などをご紹介していきます。

格安で現地バリカサグ島アイランドホッピングツアーに申込む方法

セブ島からボホール島を経由して、実際にパングラオ島のアロナビーチに到着すると、各種マリンアクティビティツアーを仲介する客引きのお兄さんたちがビーチ周辺で出迎えてくれます。

格安で現地バリカサグ島アイランドホッピングツアーに申込む方法

そこで、アロナビーチからバリカサグ島へ行くための方法として提案されるのは、以下2パターンあります。

【バリカサグ島へ行く方法】

  1. プライベートボートを貸し切る
  2. アイランドホッピングツアーに参加する

ウミガメと泳ぐために本格的にダイビングをしたい人以外は、2つ目のバリカサグ島行きアイランドホッピングツアーに参加する方法が、費用的にも安くておすすめです。

同じツアーに参加している他の旅行者とも仲良くなって楽しめるのも、醍醐味。

バリカサグ島行き現地アイランドホッピングツアーの料金・費用

バリカサグ島行き現地アイランドホッピングツアーの料金・費用

『ぶっちゃけ、どのくらいの費用でバリガサグ島行きアイランドホッピングツアーに参加できるの?』って気になっていると思います。

アロナビーチにいる客引きのお兄さんたちとの値段交渉は必須なのですが、実際に私たちが参加した時の料金は、次の通り爆安になりました。

【アイランドホッピングツアー料金+内容】

  • ツアー料金:定価800ペソを値切って一人当たり700ペソ(約1540円:2018年10月情報)
  • ツアー内容:2スポット(バリカサグ島、ヴァージンアイランド)
  • ツアー時間:午前6時から正午12時まで(休憩・ボート移動時間含む)

*シュノーケリングマスクのレンタル料金はツアー料金に含まれています。運が良ければイルカにも出会える内容(いわゆるドルフィンウォッチング)。

客引きのお兄さんとの値段交渉が決まり(2人で1400ペソ)、翌朝のツアーに参加することが決定したら、その場でデポジット(500ペソ)を少し支払って連絡先を交換します。

差額分のツアー代金(残り900ペソ)は翌朝ツアー参加前に支払う流れです。

ウミガメと泳いだ!バリカサグ島アイランドホッピングツアー体験

ウミガメと泳いだ!バリカサグ島アイランドホッピングツアー体験
ここからは、実際に私と友人がバリカサグ島でウミガメと泳いだアイランドホッピングツアーの様子をご紹介していきます!

午前6時:アロナビーチ集合

ボホール島アロナビーチ

前日のツアー申込時に出会った客引きのお兄さんとアロナビーチで待ち合わせ。

この時、デポジットを除いた差額分のツアー料金を支払い、他のツアー参加者たちが集まるまでビーチで待機しました。

午前7時:アロナビーチ〜バリカサグ島まで移動

バリカサグ島アイランドホッピングツアー

ここからアイランドホッピングツアー開始!

遅刻していた他のツアー参加者が集まったら、バンカーボートに乗船して1つ目のスポット「バリカサグ島」を目指します!

今回のツアー参加者は、私と友人を含め8名(日本、中国、タイ、フィリピン、スペインといったインターナショナルなメンバー)でした。

午前8時:バリカサグ島でウミガメとシュノーケリング

バリカサグ島でシュノーケリング

あいにく、運が良ければバリカサグ島周辺で現れるイルカには今回出会うことができませんでした(ドルフィンウォッチングはツアー当日の運次第)。

一度、バリカサグ島に上陸して荷物を置いてから、シュノーケリングポイントまで小さな手漕ぎボートに乗り換えて移動します。

▼ウミガメと一緒に泳げた貴重な体験

『まさか、こんなすぐ近くにウミガメが泳いでいるとは!』と驚いてしまうほど、目の前を優雅にウミガメたちが泳いでました!

バリカサグ島でウミガメとシュノーケリング

私自身、ウミガメと泳ぐ初めての経験だったので、もう感動でした。

バリカサグ島でウミガメとシュノーケリング

しかも海の中は。透き通っていてすごくきれい!

バリカサグ島でシュノーケリング

ニモをはじめ、カラフルで小さな魚たちとも間近で一緒に泳ぐことができて、最高でした〜!

午前10時:バリカサグ島〜ヴァージンアイランドまで移動

バリカサグ島でのシュノーケリング+休憩タイムを終えたら、ツアー内容の2つ目のスポット「ヴァージンアイランド」まで、再びボートで移動します。

バリカサグ島アイランドホッピングツアー

バリカサグ島〜ヴァージンアイランドまでの移動時間は、約30分くらい(潮の干潮具合で異なります)。

午前10時半:ヴァージンアイランドで自由時間

ヴァージンアイランドアイランドホッピングツアー

この「ヴァージンアイランド」は、広いサンドバンク(砂洲)でできていて、潮がある程度満ちていれば、とっても素敵な場所。

ただし、今回訪れたタイミングは、干潮真っ只中だったので、そんなに美しくありませんでした(泣)。
ヴァージンアイランドアイランドホッピングツアー
ちなみに、ヴァージンアイランド上では、海鮮や飲み物の屋台が多く立ち並んでいるので、飲み物を買ったり軽食を取ることもできます

午前11時:ヴァージンアイランド〜アロナビーチまで移動(帰路)

バリカサグ島アイランドホッピングツアー

2つのスポットを楽しんだ後は、ツアー出発地点のアロナビーチを目指して帰路につきます。>アロナビーチに到着してツアーを終えたのは、午前11時半くらい。

アロナビーチに集合してからツアー終了まで、時間にして6時間弱でしたが、ウミガメと一緒に泳ぐ貴重な体験ができたのと、かつコスパ的にも大満足な内容なのがお分りいただけたかと!

バリカサグ島アイランドホッピングツアーに持っていくべき準備物

バリカサグ島アイランドホッピングツアーに持っていくべき準備物

そんなバリカサグ島アイランドホッピングツアーに、今回参加してみて必要だと感じた準備物をご紹介したいと思います。

【用意しておきたい準備物】

・ゴープロ(水中撮影用)

・日焼け止め

・水着+ラッシュガード(日焼け・クラゲ対策)

・マリンシューズ(足を守りたい人向け)

・シュノーケリングマスク(自前にこだわりたい人のみ)

・水(ペットポトル1L〜2L)

・防水バッグ

・防水携帯ケース

上記のモノは現地フィリピンでも買えなくはないのですが、日本出発前にアマゾンで購入して準備しておくと安心かも。

また、この記事内で掲載している私自身がゴープロで撮影した写真からもお分りいただけるように、良い思い出を写真や映像で残しておきたいなら、もはやゴープロは必需品です。

>>Amazonでゴープロの値段を調べてみる

【GoPro】海外旅行で100%大活躍するゴープロは旅の必需品《経験談あり》

2015.08.25

まとめ:セブ島の近海でウミガメと泳ぐならバリカサグ島

セブ島の近海でウミガメと泳ぐならバリカサグ島

フィリピンのリゾート地セブ島のお隣にある観光名所「ボホール島」と言えば、チョコレートヒルズや世界一小さいメガネザルのターシャが有名ですよね。

でも、美しい海が大好きなダイバーやウミガメと泳ぎたい人なら、今回ご紹介したボホール島南西にある「アロナビーチ」から「バリカサグ島」まで遊びにいくの価値がありますよ。

アロナビーチ周辺のホテルに宿泊するのがベスト

バリカサグ島アイランドホッピングツアー開始時間は早朝6時前後なので、ボホール島やアロナビーチ周辺のおすすめリゾートホテルに宿泊することをおすすめします。

ご紹介した方法で現地の格安ツアーに申込んで浮いた予算で、宿泊するホテルをアップグレードするのもあり!

ぜひ数泊宿泊して、バリカサグ島アイランドホッピングツアーやダイビング、またアロナビーチ周辺でのマリンアクティビティ(バナナボートやパラセイリングなど)を楽しんでみてくださいね。

ちなみに、アロナビーチの夜はとってもゴキゲンですよ。

【ボホール島】ゴキゲンなアロナビーチが目の前!おすすめリゾートホテル3選

2016.09.18
【おすすめ海外ホテル予約サイト】

「ボホール・パングラオ島の人気リゾート」の格安料金を比較、各予約サイトの会員特典を活用してお得に予約するべし!

アゴダ(Agoda)公式サイト

特長:ホテル予約すると提携企業(航空会社)のマイルやポイントが貯まる特典プログラム【ポイントマックス】

もっと詳しい記事へ

アゴダ割引クーポン情報はこちら

ホテルズドットコム(Hotels.com)公式サイト

特長:通算10泊すると必ず1泊無料になる会員リワード特典プログラム【Hotels.com™ Rewards】

もっと詳しい記事へ

ホテルズドットコム割引クーポン情報はこちら

エクスペティア(Expedia)公式サイト

特長:航空券とホテルを同時予約すると最大ホテル代全額OFF【AIR+割(エアプラス割)】

もっと詳しい記事へ

エクスペディア割引クーポン情報はこちら

 【海外旅行中もネットが使いたいなら海外WiFiレンタルが便利!】

イモトのWiFi」公式サイトをみる

海外WiFiレンタルのグローバルWiFi」公式サイトをみる

バリカサグ島アイランドホッピングツアー(ウミガメ)

ABOUTパレコブログを書いてる人

PAREKO BLOG [パレコブログ] 書いている人。海外に年間6カ月くらいMBP+バックパック30Lで引きこもってる旅行好き!日本脱出してタイ・フィリピン・ベトナム・ラオス・マレーシアでプチ移住&ロングステイ中。全力でゆる〜く東南アジア旅行ライフ情報を発信してます。インスタアカウントはこちら⇒parekopareko