【アロナビーチ】セブのお隣ボホール島のゴキゲンなビーチ《欧米旅行者に人気な理由》

セブ島のお隣ボホール島のアロナビーチ

南国フィリピンが誇る欧米旅行者に人気スポットは、東南アジア屈指のビーチを持つボラカイ島だけじゃありません。

日本人にも知名度の高いセブ島からほど近い、お隣のボホール島(パングラオ)にある「アロナビーチ(Alona Beach)」も、実は欧米の旅行者に人気のスポット。

そこで今回は、セブ島に滞在している人、セブ島旅行者、海をこよなく愛するダイバーさんに向けて『アロナビーチ』についてご紹介したいと思います!

実際に、過去にセブ島から2泊3日で数回訪れた私自身の経験をもとに、ゴキゲンなアロナビーチについて解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

セブ島のお隣ボホール島にある欧米旅行者に人気なアロナビーチ

アロナビーチ

皆さんご存知の通り、フィリピンのボラカイ島(参考:【ボラカイ島】1度は旅行したい世界屈指のホワイトビーチ)といえば、欧米の旅行業界が発表する人気ランキングに近年その名を連ねるほど、東南アジア圏の旅行先として知名度が高いリゾート地ですよね。

【ボラカイ島】1度は旅行したい世界屈指のホワイトビーチ

2016.08.07

そんなボラカイ島までは及びませんが、今回ご紹介するのはセブ島の周辺にあるビーチとして有名なスポット『アロナビーチ(Alona Beach)です。

アロナビーチ(Alona Beach)の場所

アロナビーチ 地図

セブ島のお隣にある観光地「ボホール島」は観光地として、日本人旅行者にも知名度も高いですよね。

でも『アロナビーチって、一体どこにあるの?』って人も、きっと少なくないはず。

そんなアロナビーチの場所は、フィリピン中部のセブ島のお隣ボホール島南西部にあります。

セブ島のセブ市内からもアクセスが良く(参考:よく分かるセブ島からボホール島(パングラオ)アロナビーチへの行き方)、観光名所のボホール島からも距離が近いのも魅力。

よく分かるセブ島からボホール島(パングラオ)アロナビーチへの行き方

2015.08.08

アロナビーチの魅力1:ゴキゲンなビーチサイド

アロナビーチ おすすめ

アロナビーチ自体はそこまで大きなビーチではなく、むしろレストランやバー、ダイビングショップなどが集まっていて、アイランドホッピングやダイビングツアーの出発地として知られています。

だだし、前述した超有名なボラカイ島まで及びませんが、アロナビーチのお隣「ホワイトビーチ」は白い砂浜が約2kmも続いています。

アロナビーチ沿いのカフェ

もし日中に予定がないのなら、アロナビーチ沿いのレストランやカフェで冷たいドリンクを飲みながらのんびり過ごす贅沢な時間もありです。

アロナビーチ

欧米の旅行者がビーチに寝転がって日焼けをしながら、昼寝をしたり読書しているのも、まさにリゾート地ならではの光景。バカンスをエンジョイしていますよね。

アロナビーチのダイビングショップ

アロナビーチ沿いには、カフェやレストランなどの飲食店のほか、ダイブショップや雑貨屋さんが軒を連ねています。

アロナビーチ レストラン

欧米の旅行者たちが好きそうなカウンターのあるバーも、明るいうちから絶賛営業しています。

日中の暑い時間は、モヒートや冷えたビールを飲んでクールダウンしたいところ。

アロナビーチ レストラン

お酒が好きな人じゃなくても、こういった場所で休憩してみると、インターナショナルな旅行者たちと仲良くなるキッカケになるかもしれません。

アロナビーチの魅力2:マリンアクティビティ(アイランドホッピング他)

アロナビーチのマリンアクティビティ

ここアロナビーチのマリンアクティビティでは、やはり近海の美しい海でダイビングやシュノーケリングが人気です。

沖合に浮かぶ『バリカサグ島(Balicasag Island)』は、ダイビングやシュノーケリングの有名スポットで「ウミガメ」と泳ぐこともできます。

早朝のアロナビーチでは、多くの旅行者がバンカーボートに乗ってダイビングやアイランドホッピングへと向かう姿をよく目にします。

ただし、バリカサグ島は自然保護の観点から入島制限などルールが設けらたことから、ダイブ数も限られるようになったようです。詳細を知りたいダイバーは、事前にダイブショップに調整してもらいましょうね。

ダイバーじゃなくても、気軽に海を楽しめるアイランドホッピングツアー(参考:【バリカサグ島】格安でウミガメと泳げた!ボホール島のアロナビーチからのアイランドホッピングツアー《体験談》)は大人気です。

午前出発のツアーが多いので、時間や料金はツアー客引きのお兄さんと交渉しましょう。

【バリカサグ島】格安でウミガメと泳げた!ボホール島のアロナビーチからのアイランドホッピングツアー《体験談》

2015.08.07

アロナビーチの魅力3:ゴキゲンな夜のビーチ

ナイトライフというと如何わしいイメージをお持ちになるかもしれませんが、アロナビーチ周辺にはバーやレストランがたくさん営業しています。

昼間も営業しているのですが、日が沈み欠けた夕方からアロナビーチ周辺に滞在している旅行者が、レストランやバーに集まって、一体がとても賑やかになります。

レストランではライブバンドの演奏を聞きながら食事ができたり、また昼間の遊んだり寝転んでいたビーチが、夜になるとビーチの一部がレストランに様変わり!

潮風やさざ波を感じながらビーチで夕食を取るのは、とっても雰囲気が良く思い出になります。

バーやレストランから流れる音楽と、多国籍な旅行者が集まる常夏の夜の雰囲気がたまりません。エンターテイメント性の高いファイアーダンスのパフォーマンスも見れたり。

バーのスタッフ曰く、毎日ファイアーダンスを披露しているわけではなく、不定期パフォーマンスらしいので見つけたらラッキーかも!

 アロナビーチの魅力4:ボホール島観光とセットプランに最適!

ボホールチョコレートヒルズ

アロナビーチのあるパングラオと陸続きのボホール島には、フィリピン有数の観光スポット「チョコレートヒルズ(Chocolate Hills)」があります。

また、世界一小さいメガネザル「ターシャ」を見学できたり、セブ島に近い観光地として世界中から旅行者が集まる人気のボホール島。

アロナビーチ周辺にある現地の旅行代理店では、ボホール島ツアープランを格安で取り扱っているので、気軽に参加できます。

セブ島・ボホール島旅行を計画している人は、ぜひアロナビーチ周辺のリゾートホテル(参考:【パングラオ島】ゴキゲンなアロナビーチが目の前!おすすめリゾートホテル3選)に宿泊してマリンアクティビティを楽しむことプランがおすすめです!

【ボホール島】ゴキゲンなアロナビーチが目の前!おすすめリゾートホテル3選

2016.09.18

まとめ:魅力満載のアロナビーチでバカンスを楽しもう!

アロナビーチ ホテル

セブ島やボホール島からアクセスが良く、人気のマリンアクティビティやリゾートホテルなどの宿泊施設、海外旅行者を受け入れる環境(銀行やATM、スパや雑貨屋、バーやレストランなど)が、年々整ってきているアロナビーチ。

さすがに、日帰り旅行だと何も楽しめないので、ぜひ最低2泊3日くらいは宿泊してアクティビティやバカンスを楽しみたいところ。

パングラオ島に現在建設中の新国際空港が完成したら、海外から直行便が繋がることから、将来的には更に人気の観光地になることが大いに予想されています。

ということで、(中華系の旅行者が年々急増中なので)混雑しないうちにゴキゲンなアロナビーチを楽しみたい人は、ぜひお早めに訪れてみることをおすすめします!

よく分かるセブ島からボホール島(パングラオ)アロナビーチへの行き方

2015.08.08
【おすすめ海外ホテル予約サイト】

「ボホール・パングラオ島の人気リゾート」の格安料金を比較、各予約サイトの会員特典を活用してお得に予約するべし!

アゴダ(Agoda)公式サイト

特長:ホテル予約すると提携企業(航空会社)のマイルやポイントが貯まる特典プログラム【ポイントマックス】

もっと詳しい記事へ

アゴダ割引クーポン情報はこちら

ホテルズドットコム(Hotels.com)公式サイト

特長:通算10泊すると必ず1泊無料になる会員リワード特典プログラム【Hotels.com™ Rewards】

もっと詳しい記事へ

ホテルズドットコム割引クーポン情報はこちら

エクスペティア(Expedia)公式サイト

特長:航空券とホテルを同時予約すると最大ホテル代全額OFF【AIR+割(エアプラス割)】

もっと詳しい記事へ

エクスペディア割引クーポン情報はこちら

 【海外旅行中もネットが使いたいなら海外WiFiレンタルが便利!】

イモトのWiFi」公式サイトをみる

海外WiFiレンタルのグローバルWiFi」公式サイトをみる

SPONSORED LINKS