21世紀でも恐れる黒魔術の島フィリピン•シキホール旅行

黒魔術 シキホール島 フィリピン

南国のフィリピンでは、21世紀になっても未だに現地フィリピン人の間で黒魔術伝説(?)が語り継がれ、恐れられる唯一の島「シキホール島」に観光旅行してきた体験記!

シキホール島内で有名なビーチや、世界的にも人気のおすすめリゾートホテルも合わせてご紹介します!

セブ島やシキホール島周辺にあるネグロス島の学園都市ドゥマゲテや、世界一小さなメガネザル「ターシャ」がいることで有名なボホール島と合わせた旅先にもピッタリのシキホール島を、ぜひお見逃しなく。

SPONSORED LINKS

1. ロングステイにも最適のフィリピン・シキホール島とは?

黒魔術のシキホール島おすすめリゾートホテルビーチ

今回ご紹介する「シキホール島」は、フィリピン中部のビサヤ地区にある島の1つです。リゾートや語学留学で有名なセブ島や、ボホール島の南に位置し、ネグロス島の南東部に程近い場所に浮かんでいます。

シキホール島から南のボホール海を渡ると、近くにミンダナオ島がありますが、シキホール島ではセブワノ語(ビサヤ地区の言語)が通じます(もちろん英語とタガログ語=フィリピンの公用語も)。

シキホール島の人口は、2010年時点で約91000人、過去の統計では増加傾向。島の大きさは337.49平方km(参照:Wikipedia)。ざっくりとですが、沖縄県にある宮古島の約2倍の大きさ(面積)。

黒魔術のシキホール島おすすめリゾートホテルビーチ

実際に今回訪れてみたシキホール島は、まだ大きな開発がされておらず、いまものんびりとした風景が数多く残されていてました。そんな魅力もあってロングステイする旅行者も多いと耳にします。

シキホール島までの行き方は?

フィリピン国内の主な都市からシキホール島までの行き方については、『シキホール島の行き方!ドゥマゲテから50分で黒魔術の島へ』が参考になるので、ぜひ役立ててみてください。

2. シキホール島内の移動手段

黒魔術のシキホール島おすすめリゾートホテルビーチ

今回は、シキホール島の西にあるネグロス島の学園都市ドゥマゲテからフェリーを利用しました。シキホール港に着くと、港の近くに白い砂浜が!しかし、到着するやいなや、トライシクルのドライバーたちによる大歓迎が待っています!もちろん客引きであるのは、言うまでもありません。

▼移動の基本はトライシクルorレンタルバイク

シキホール島内の移動手段は、基本的に「トライシクル」か「レンタルバイク」となります。

トライシクルは、地元民も混ざって何人かで乗り合うと安いですが、海外旅行者だけ(1人や2人)で利用すると、少しだけ観光地プライスとなる場合が多いと思います。

ちなみに、大歓迎のシキホール港を突き進んで抜けていくと、Public Marketがあったり小さな店が立ち並ぶエリアがあるので、そこで地元民も利用するジプニーや、大通りで流しのトライシクルを捕まえることもできます。

レンタルバイクは、宿泊するリゾートで借りる場合が多いでしょう(レンタルバイクショップもあるかも?)。

3. シキホール島に残る魔女の操る黒魔術伝説とは?

シキホール島は、黒魔術で有名な島でもあり、フィリピンでは未だに魔女が棲む島として恐れられているようです。スペイン統治下の前より古くから、白魔術や黒魔術を操る魔女がいるとされていました。私は残念ながら同行者(フィリピン人)の要望もあって、実際に有名な魔女を尋ねる計画ではなかったのですが、youtubeでも動画を見つけることもできます。

治療のためなどの目的で、魔女から施術されるために訪れるフィリピン人や物好きな旅行者も多いとか。ちなみに、ボロボロという魔術で有名な方は、惜しくも2014年に亡くなられているようです。

4. シキホール島の美しい人気ビーチ

シキホール島のビーチで有名なのが「サラグドーン ビーチ(Salagdoong Beach)」。シキホール島の東側に位置するマリア地区にあります。ロングビーチではなく、意外とこじんまりとしたビーチだったのですが、のんびりするにはちょうどよい大きさでした。

休憩所として食堂も併設されているので、夕方までは飲み物や食べ物も手に入ります(ビールも)。

黒魔術のシキホール島おすすめリゾートホテルビーチ

サラグドーン ビーチには岩場の小山があって、周囲を一望できます。そこには、コンクリート製の飛び込み台や滑り台もあるのですが、滑り台の方は使用中止でした「Out of order + Smile :)」。
黒魔術のシキホール島おすすめリゾートホテルビーチ

そこからのサンセットがとっても素敵で、ただただ、ぼーっと眺めていました。贅沢な時間。

黒魔術のシキホール島おすすめリゾートホテルビーチ

ビーチの場所がシキホール島の東部にあり、マリア地区の宿からならともかく、他の地区からは遠いので、レンタルバイクを利用するか、トライシクルを何時間か貸し切って遊びにいくことをおすすめします。ドライバーには、遊び終わるまでビーチで待っててもらう交渉をしましょう。多少のチップはやむ終えません。

他にも、ご縁があって訪れることになったラレーナ地区にあるリゾート「フローラズ ダイブ アンド リゾート (Floras Dive and Resort)」のビーチでも、のんびりできました。白い砂浜が広がっているわけではないのですが、ハンモックがあったり、ブランコがあったり、子供も喜びそうな場所でした。

黒魔術のシキホール島おすすめリゾートホテルビーチ

一時利用の料金は必要でしたが、たしか1人100ペソくらいだったような(記憶があいまいですみません!)Wifiも利用できたり、小さなバーで飲み物を買うこともできたので快適。

黒魔術のシキホール島おすすめリゾートホテルビーチ

宿泊客はヨーロッパ系のご夫婦が2組ほど滞在していただけだったので、プライベート感がありました。斜面にそれぞれ独立してコテージがあります。黒魔術のシキホール島おすすめリゾートホテルビーチ

5. シキホール島のおすすめリゾートホテル&安宿

シキホール島で人気のリゾートホテルと安宿をご紹介します!私がよく利用しているアジア圏の海外ホテル予約に強いアゴダでも、予約が取れないほど人気の宿もあります。

私も泊まりたかったリゾートが、フルブッキング(予約で一杯)で泊まれなかった苦い経験があるので、ご予約はお早めに。

1度は泊まってみたい「Coco Grove Beach Resort」

黒魔術のシキホール島おすすめリゾートホテルビーチ

credit / Coco Grove Beach Resort facebook

シキホール島の南部に位置するサンフアン地区にある人気のリゾート『ココ グローブ ビーチ リゾート (Coco Grove Beach Resort) 』。世界的にも有名のようで予約がなかなか取りにくい!きれいに手入れされたロングビーチが特徴的で、リゾートの敷地も広く、全体的にクオリティが高いおすすめのリゾートです。

アクティビティも充実していて、ダイビングのメニューは豊富。オープンやアドバンス認定証を取れるコースや、レスキューやマスターコースも用意されています。プールもあるので、海が苦手な方にも安心です。

リゾートは大きなクルーザー(愛称:Coco Princess)を持っています。2015年の11月から翌年5月までドゥマゲテ港から『Coco Grove Beach Resort』までの間を、クルーザーを利用して直接海を渡り、ゲストを送迎する計画もあるようなので、タイミング良く利用したい方は、ぜひ問い合わせてみてください。

詳細:ココ グローブ ビーチ リゾート (Coco Grove Beach Resort)

バックパッカーなら「Toris Backpackers Paradise」

黒魔術のシキホール島おすすめリゾートホテルビーチ

credit / Toris Backpackers Paradise facebook

バックパッカーに人気の『トリス バックパッカーズ パラダイス (Toris Backpackers Paradise) 』は、前述の『Coco Grove Beach Resort』と同じシキホール島の南部に位置するサンフアン地区にあります(というかお隣です!)。男女共同のドミトリーは格安で、カップルでも泊まれる一般的なダブルルームもとっても安いです。費用を抑えたいバックパッカーにはピッタリ!

世界中から訪れるバックパッカーと交流したり、ロングステイにも最適です。

詳細:Toris Backpackers Paradise

贅沢な時間を過ごすなら「インフィニティ ハイツ リゾート (Infinity Heights Resort) 」

黒魔術のシキホール島おすすめリゾートホテルビーチ

credit / Infinity Heights Resort

海沿いではなく、シキホール島のほぼ中心部の山の上にある『インフィニティ ハイツ リゾート (Infinity Heights Resort)』。シキホール島の海も素敵ですが、自然豊かな山中の景色も美しい見所です。海はありませんが、山から見下ろせる景色と共に泳ぐことのできるプールもあります。眺めも素晴しく、カップルには最適のスポットかもしれません。

詳細:インフィニティ ハイツ リゾート (Infinity Heights Resort)

まとめ:好奇心旺盛な人はシキホール島を目指そう!

豊かな自然が残るフィリピンのシキホール島は、セブ島やボラカイ島、パラワン島など有名などころではありませんが、魔術の島と言われることもあって、どこか不思議な魅力があるように感じました(魔術を信じるかどうかは別として)。

ネグロス島南端の学園都市ドゥマゲテやボホール島のタグビラランへ立ち寄る際は、一足伸ばしてシキホール島へご旅行されてはいかがでしょうか。

思いがけない楽しみに出会えるかもしれません。

詳細:シキホール島のおすすめリゾートホテル

【お得な割引料金】シキホールの人気リゾートホテルに格安で泊まりたい!旅行前におすすめの海外ホテル予約サイトを要チェック!

アゴダ

Hotels.com

エクスペディア

限定セールやプロモ割引の料金比較をしてお得なホテル予約が損しない旅行術。

シキホール島ホテル
SPONSORED LINKS

黒魔術 シキホール島 フィリピン