フィリピンのセブ島でBPI銀行口座を開設してみたよ

フィリピンのbpi銀行口座開設方法

南国フィリピンのセブ島で、現地フィリピンの大手銀行「BPI(Bank of the Philippines Island)のペソ預金口座」を開設した体験談!

今回は、BPIの銀行口座開設に必要な準備物、開設手順、ATMカードのアクティベート方法などをご紹介します!

フィリピンでの投資、リタイア、ビジネスや海外就職で長期滞在する人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

SPONSORED LINKS

フィリピンのBPI銀行で口座開設した体験談をご紹介!

フィリピンのbpi銀行口座開設

資産を始めとする様々なリスク分散の必要性をお金持ちだけではなく、一般庶民も考えなくてはならない時代。

、、、と、ビジネス書にでも書いてありそうなセリフは置いといて。

フィリピンの大手銀行といえば「BDO (Banco de Oro)」「BPI (Bank of the Philippine Islands)」「Metrobank」「PNB」などが有名です。

フィリピンで投資をしたい人、海外就職での給料振込先、資産分散のための貯蓄用として、フィリピンに長期滞在する人や縁がある人は、現地の銀行口座をもっておくと便利かもしれません。

今回は、フィリピン大手銀行の1つ「BPI (Bank of the Philippine Islands)」で銀行口座を開設してみた体験談をご紹介します。

ちなみに「BPI」は、フィリピンの銀行ランキングでも上位に位置し、フィリピン国内のATM数もトップクラスといわれていて、日本では東京支店があります。

フィリピンに滞在した経験のある人は、現地ショッピングモールなどでもBPIのATMを見かけた経験があるでしょう。

BPIの銀行口座開設に必要な準備物

フィリピンセブ銀行口座開設

一昔前の口座開設方法や特殊な例を除き、一般的には「パスポート」に加えて、もう1つ「フィリピンの公的な写真付ID(身分証明書)」の提出を求められます。

例としては、以下のものが挙げられます(最低でもどれか1つ必要)。

【フィリピンの公的な写真付ID(身分証明書)】

  • ACR I-Card(Alien Certificate of Registration:外国人登録証)
  • フィリピンの運転免許証
  • NBIクリアランス(無犯罪証明書)

また、以下のモノも用意しておきましょう。

 

  • 証明写真(2×2サイズを2〜3枚)
  • 現地の住所が証明できる書類(電気・水道などの請求書*念のため)
  • イニシアル・デポジット(後述)

*フィリピンでの銀行口座開設には諸説ありますが、銀行によっては日本の残高証明書を求められる場合もあるかもしれないので、各銀行の方針に従ってください。

ただし、同じ銀行でも支店(支店長)によって、条件が異なることもあるようです。

BPI支店検索:Branch Locator | BPI

▼BPIのデポジットレートと平均預金残高について

BPIに限らず、フィリピンで銀行口座を開設する場合には、最初に「イニシアル・デポジット(Initial Deposit)」と呼ばれるお金を、預金口座に一定額(※銀行や口座プランによる)預けなければいけません。

また、月平均の預金残高が一定額を下回ると、口座維持費として手数料が発生する仕組みもあるので、注意したいところです(BPIのペソ預金口座の場合は、口座プランによって100ペソ〜25万ペソと幅があり)。

詳細:Deposit Account Rates – BPI

BPIの銀行口座開設の手順

フィリピン銀行bpi口座開設の手順

フィリピンの他銀行同様に、BPIでは口座の種類(プラン)がいくつかあるのですが、今回はセブ島にあるBPIの支店で一般的なペソ預金口座「Express Teller」を開設しました。

【一般的なペソ預金口座「Express Teller」】

ATMカード(デビット機能付)が発行される+通帳がないペソ預金口座。ATMで入手金ができて、デビットカードとして支払いもできます。

そして、BPIの銀行口座開設の手順としては、以下の通りとなります。

【BPIの銀行口座開設の流れ】

  1. 銀行口座開設に必要なものを用意する
  2. 銀行口座を開設したいBPIの支店に赴く
  3. BPIの入り口で番号札を受け取る(支店によっては機械化されてるかも?)
  4. 順番(番号)を呼ばれるまで待つ
  5. 自分の順番になったら受付カウンターで銀行口座を開設したい旨を伝える
  6. パスポートなど必要なものを提出して口座開設の許可をもらう
  7. 必要書類を記入して提出
  8. 口座開設&ATMカード入手
  9. そのままBPI支店内でATMカードをアクティベートする
  10. 完了!

もちろん、BPI銀行の担当者とは「英語で会話」をするので、英語が全くダメな人はちょっと難しいかもしれません。そんな人は、英語やタガログ語(セブならセブワノ語)を話せる人と一緒に支店へ出向くことをおすすめします。

ちなみに、口座開設のためBPIの支店に訪れてから、支店を離れるまでの所要時間は、約1時間でした(待ち時間含む)。

BPIのATMカードをアクティベートする方法

店頭でATMカードが発行されたら、BPIの支店内にあるATMで「ATMカードをアクティベートする」必要があります。

以下の通り、実際の手順は簡単なのですが、もし分からなければ対応してくれたスタッフに聞いてみましょう。

【BPIのATMカードをアクティベートする流れ】

  1. 手に入れたATMカードをBPIのATMカード挿入口に差し込む
  2. メニュー画面で「Change PIN」を選択する
  3. 新しいPIN(パスワード番号)を入力する(確認用含む)
  4. カード台紙に記載されているTemporary PINを入力する
  5. 完了

▼フィリピン国外のATMでも利用したい場合

フィリピン国外でもBPIのATMカードを利用したい場合は、事前にATMカードを海外用に別途アクティベートする必要があります。

BPIの支店で海外利用としてアクティベートしたい!と尋ねれば対応してくれます。もしくは、BPIのホットライン「89-100」に電話する方法も。

フィリピン国外用にATMカードをアクティベート

今回、私が手に入れたBPIの「Express Teller」口座のATMカード(海外利用アクティベート済)は、「Cirrus」のクレジットブランド表記がある国外のATMで利用できるようになります。

【フィリピン】BPI銀行のATMカードを海外仕様にアクティベートする方法

2016.08.17

まとめ:フィリピン・セブ島での銀行口座開設は意外と簡単でした!

フィリピン銀行口座開設

一般的に、短期旅行でフィリピンに訪れるだけでは、現地の銀行口座開設は難しいのが現状です(例:ACR I-Card取得にはフィリピン滞在期間が数ヶ月必要)。

特例として、強力なコネクション(銀行支店長と知り合い、現地ビジネスパートナーの紹介など)や資金力があれば、話は別でしょうが、フィリピンに中長期で滞在している人なら、意外と簡単だと思います。

投資やビジネス用途では、金利や預金引き出し限度額などから、今回私が開設した口座とは別タイプの口座を開設する必要があるかもしれませんので、銀行のスタッフやビジネスパートナーに確認してみてくださいね。

フィリピンでビジネス、投資、リタイアや海外就職を計画中の人に、フィリピンで銀行口座を開設する1つの例として、今回の体験談を参考にしてもらえればうれしいです。

フィリピンBPI銀行のオンラインバンキング利用登録する方法

2016.03.12
SPONSORED LINKS

フィリピン bpi 口座開設