ワーホリ後のフィリピン留学!英語力が伸び悩んだ人の選択肢

ワーホリ後 フィリピン留学

オーストラリアやカナダのワーホリで海外生活したのに、思った以上に英語力って伸び悩む?!

ワーホリ後の国内転職や海外就職、2度目のワーホリに向けて英語力を伸ばすために、密かに人気となっているのが、ワーホリ後のフィリピン留学=2カ国留学なんです!

将来に繋げる起死回生!?の英語習得プラン『2カ国留学』に、多くのワーホリメイカーも共感できるのではないでしょうか?

ワーホリ後の英語力アップ、国内就職や海外就職などの今後の進路についてお考えの人は、ぜひご一読ください!

SPONSORED LINKS

1. 英語圏ワーホリで英語力が伸びるって本当なの?!

ワーホリ後 フィリピン留学

さてさて、英語初心者(英語力ゼロ)にも関わらず、オーストラリアやカナダなどの英語圏にワーキングホリデーで海外生活を送れば、「きっと英語がペラペラにしゃべれるようになるっ!」とお考えの人は少なくないはず。

もちろん、英語圏で有名なIELTSやケンブリッジ英検のハイスコア取得目標をちゃんと持って、現地の語学学校で計画的に英語学習をしている人は、ワーホリ中におそらく英語レベルが大きく伸びていることでしょう。

英語圏ワーホリ生活で伸び悩む英語力、現実は甘くない。

しかし、現実はそう甘くありませんよね、、、。実際、オーストラリアやカナダなど英語圏の国に向かったワーホリメイカーが体験すること「ただ海外に滞在していただけでは、思った以上に英語力がアップしない」のが現実なのです。

▼英語力が伸びない原因は?

オーストラリアやカナダで生活しても英語力が伸びない、その典型的な原因は以下の通り。

  • 日本人グループ(日本語環境)との生活が中心で、英語を話す環境が限定的。
  • 現地の語学学校に通ったにも関わらず、英語初級者レベルのクラスだったため、周りは日本人ばかり。
  • 語学学校卒業後も日本語環境から抜け出せず、結果として海外生活がずるずる時が過ぎてしまった。

やばっ、オーストラリアやカナダで似たようなワーホリ生活をしてた!って心当たりがある人も少なからずいるのではないでしょうか。

実際、私がオーストラリアで出会ったワーホリメイカーたちの中には、現地で1〜2年くらい生活しているにも関わらず、上記のような滞在環境だったため英語力は高くない人も大勢いました(英語力はともかく個々の魅力は別でオモシロい人が多い!)。

つまり、ワーホリで1〜2年間という海外滞在期間の長さと英語力の上達度は、単純に比例しないということ。英語力を伸ばす高い目標を意識して海外で日々生活した方のみ、成果が出るということでしょう。

2. ワーホリ後のフィリピン留学!人気の2カ国留学で起死回生!?

ワーホリ後 フィリピン留学

そんなことを言っても、もう遅いっ!と思われる人にも、オーストラリアやカナダのワーホリ後に英語力を伸ばすチャンスはあるのです、、、それが「ワーホリ後のフィリピン留学=2カ国留学」

実際に私の友人を含め、オーストラリアで出会ったワーホリメイカーの中には、英語力が伸び悩んでいた理由から、ワーホリ後のフィリピン留学(2カ国留学)に挑戦した人が何人もいます。

彼らは、ワーホリ生活の反省や今後の将来設計のため、日本に帰国する前や一時帰国してからフィリピン留学で英語力アップに励んでいるのです。

英語圏であるオーストラリアの語学学校に比べ、フィリピン留学はマンツーマンレッスン+授業料などの費用が圧倒的に安いこともポイント。ワーホリで稼いだお金を語学力アップのために使うのは、決して悪い投資ではありませんよね。

フィリピン留学の留学先はやっぱり人気のセブ島!

フィリピン留学といえばご存知の通り、アジア圏の語学留学のメッカともいえる知名度を誇る「セブ島」がおすすめです。実際に私自身もオーストラリアワーホリ前に、セブ島を訪れフィリピン留学を経験しています。

格安フィリピンセブ英語語学留学

たった2ヶ月の留学期間でしたが、ワーホリ前に英語初心者から抜け出せたのはフィリピン留学の成果でした。

効果抜群!格安フィリピン語学留学2ヶ月で飛躍的に伸びた英語力

2015.06.10

▼ワーホリの海外体験をフィリピンの英語学習に活かす!

ワーホリ後のフィリピン留学(2カ国留学)をする人は、オーストラリアやカナダでのワーホリ経験(海外生活)が、英語学習において大きなアドバンテージになると考えます。

ワーホリ後のフィリピン留学は、一度ワーホリで海外生活した体験をイメージしながら、短期間に集中して英語学習ができるので効果的。オーストラリアやカナダでの英会話のノリや話題も豊富な点では有利な環境で英語学習に臨めるのです(もちろん個人差がありますが)。

▼英語学習の目的に合うコース選択が大事

日本国内就職で語学力を武器にしたいならTOEIC試験対策、2回目の英語圏ワーホリならIELTSやケンブリッジ英検、海外就職ならビジネス英語コースを選ぶと、将来に繋がる可能性が高いので有効的だと思います。

留学期間は最低1ヶ月コース(あっという間に過ぎてしまいますが)、できれば2ヶ月〜3ヶ月は集中して語学学校に通いたいところ。

集中してコツコツ勉強することが英語が上達する最短の道。スポーツもそうですが、手っとり早く上達する方法はないように思います。

まとめ:英語力が伸び悩んだらワーホリ後のフィリピン留学!

ワーホリ後 フィリピン留学

オーストラリアやカナダでのワーホリ前のフィリピン留学は『2カ国留学』として、近年は留学エージェントもプロモーションしているので、いまや定番となりつつあります。

だた、英語圏ワーホリ前のフィリピン留学とは逆の流れとなる『ワーホリ後のフィリピン留学』も、2カ国留学として密かに話題なのは確かなようです。

当時オーストラリアで出会った日本人ワーホリメイカーに、私自身のフィリピン留学体験を話すと『ワーホリ後のフィリピン留学』に興味を持ってくれた人が多くいます。その中から実際に数名は、ワーホリ後にフィリピン留学に旅立ちました。

彼らのようにワーホリで伸び悩んだ英語力を、ワーホリ後のフィリピン留学=逆2カ国留学!?で高めようとする人は、少なからずいるのです。

もっとフィリピン留学について詳しく知りたい人は、ひとまず以下の記事で紹介した良著に目を通してみてください。

ビジネスパーソン必見!? フィリピン英語留学前に読むべきおすすめ本3選

2016.07.10


SPONSORED LINKS

ワーホリ後 フィリピン留学