【フィリピン就活体験】アジア海外就職に必要な英語レベルとは?

アジア海外就職英語力

いまアツい!タイやマレーシアなど経済発展著しい東南アジア諸国を中心としたアジア海外就職!

ただ、海外のアジア圏で就活する事を考えた時に浮かぶ「英語力ってどのくらい必要なの?」という疑問。

そこで今回は、東南アジアのフィリピンで海外就活した体験を元に、英語力の必要性についてご紹介したいと思います!

SPONSORED LINKS

【海外就職のハードル】アジア海外就職に英語力はどのくらい必要なのか?

アジア海外就職英語力

アジアの中でも東南アジア諸国の著しい経済発展を受けて、日本の企業も各国に続々と進出しています。海外で働きたいと考える若者にとっては大きなチャンス!と言えるべく、私自身もフィリピンで海外就職に挑戦してみました。

ただ日本とは大きく違い、フィリピンを含む東南アジア諸国の若者(大卒レベル)はある程度の英語を話す能力を持っているのが現状。

海外と言えどいわゆる英語圏の国ではなく、ここでは東南アジアで海外就職する場合の英語能力の必要性について、簡単にご紹介したいと思います。

その1:東南アジア海外就職の英語レベルは日常会話でもOK?

北米を始めとする英語圏とは違い、非英語圏の東南アジア諸国に進出する日系企業の求人情報の場合は、まだまだ日常会話レベルの英語力でも、必要条件を満たす傾向があります。

雇用する側(例:日系企業の駐在員)の英語レベルが高くない場合があるのも、ひとつの理由かもしれません。

わかりやすい例としては、海外に進出している日系企業の日本人(クライアント)に対して、日本人が日本語で営業し、社内では現地人スタッフと英語でコミュニケーションするようなケースです。

実際に私が某転職エージェントから求人紹介を受けた案件でもあります。

ただ、せっかく海外就職を目指すのであれば、将来のキャリアも考えて英語を活かした仕事を選ぶべきと考えます。英語力がすべてではありませんが、少なくともグローバルなビジネスをする上での最低条件(スキル)だと思います。

その2:外資系と日系企業の高いポジションではビジネス英語レベルが必要?

海外でも日本語環境の業務が中心の仕事とは違って、基本的に英語が社内外の共通言語で成り立つ業務を行っている外資系企業や、日系企業でも英語をバリバリ使用する高いポジション業務では、少なくともビジネス英語レベルのスキルが問われます。※通訳などの言語スペシャリストを含む

求職者(日本人)にビジネスレベルの英語力があれば、日本語と英語の2つの言語をビジネスで活用できるスキルがあると客観的に雇用する側(企業)が判断できるので、それなりの評価対象になるのです。

加えて、日常会話レベルの英語力を持つ求人よりも、給料や待遇が高くなる傾向があります。

ちなみに、東南アジア諸国の優秀な若者は母国語+英語がデフォルトのバイリンガル、また中国語(マンダリン)などの言語を加えたトリリンガルも珍しくありません。

海外就職で活躍したのであれば、ビジネス英語レベルは必須と言えるでしょう。

その3:TOEICなどの英語資格はアジア海外就職に絶対に必要?

結論から言うと、「TOEICの高いスコアが無いよりあった方が良いかもしれないが、無くても問題ない」と言ったのが正直な感想です。

日系企業の場合は、未だにTOEICのスコア(例:700点以上)で英語力を判断する傾向があるので、その点を「したたか」に利用して海外就職に活かすのはアリだと考えます。

ただ、いくらTOEICで高いスコアを持っていたとしても、応募した企業との英語面接などで、ただのテストの数字なのか、ちゃんと英語力があるのか、自身の英語力を実際にチェックされます。

TOEICスコアによる資格武装のメッキが剥がれてしまわないように、しっかり英語力を身につける必要があります。

日本では有名ではありませんが、英語圏を始めとする多くの国で英語能力を計るテストとして認知されている「IELTS」や「ケンブリッジ英検」はおすすめ。

話す、聞く、書く、読むの総合的な英語力がないと、IELTSの高いスコア取得や、ケンブリッジ検定(FCEや更にレベルの高いCAE)には合格できないので、文字通りの英語力を身につけなければならないからです。

その4:アジア海外就職の英語面接は事前準備が必要?

個人的なアジア海外就職体験談では、フィリピンで行った外資系企業の面接で、ネイティブ英語を話す日本人面接官との英語力チェックと、流暢な英語を話すフィリピン人面接官と英語面接をそれぞれ1時間行った経験があります。

私自身もそうでしたが、英語面接はまた特殊な分野なので、英語面接のトレーニング受けるなど事前の対策をおすすめします。

日常会話レベル程度の英語力を条件にしている(主に日系企業の)海外求人に対しては、あまり英語面接の対策をする必要がないのかもしれません(ただし簡単な英語チェックはあるか)。

しかし、ちゃんとした英語面接をセッティングする傾向がある外資系企業や日系企業の高いポジションの求人には、やはり事前の英語面接対策が必要となります。

まとめ:アジア海外就職に日常会話以上の英語力は必要です!

アジア海外就職英語力

アジア海外就職に英語力は必要です!というのが結論です。あくまで、英語を業務で使用する環境で働きたいとお考えの人に対してのアドバイスで、残念ながらアジア海外就職でも日本語環境だけで完結してしまう仕事を希望する人は対象としていません。

日本人としてのアジア海外就職のチャンス(現地採用や海外赴任)は、今はまだまだ残っていると感じます。フィリピン留学やオンライン英会話で、日常会話以上の英語力を身に付け、日本を飛び出し海外就職に挑戦してみてはいかがでしょうか。

価格満足度No1

【英語面接】私が実践したフィリピン海外就職の対策体験談

2015.11.28
SPONSORED LINKS

アジア海外就職英語力