ワーホリや海外留学で必ずやっておきたい帰国後の就職準備

留学後 就職 準備

ワーキングホリデーや語学留学などの海外生活後は、日本国内や最近では海外就職する人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、海外でのワーホリや留学後に多くの人が直面するであろう「就職の事前準備」をテーマにご紹介します!

英語履歴書制作のテクニックやアピールポイントなど、国内の日本企業の就職活動だけではなく、国内の外資系や海外企業への海外就職も視野に入れて挑戦しましょう!

海外体験を最大限に活かすチャンスです。

SPONSORED LINKS

1. 海外留学やワーホリ後に就職する選択?

ワーホリ留学帰国後の就職転職準備

一旦仕事を辞めてワーホリや語学留学で海外へ渡航した人は、現地で語学力を磨いたり、貴重な体験を国際感覚を養っていると思います。

海外留学やワーホリ後の進路は?

大学在学中に休学してワーホリを経験する学生もいるのですが、20代中盤から30歳までにワーホリや海外留学を経験した後の選択肢は、主に以下の2つとなるでしょう。

  • 海外での仕事を見つけて海外就職する
  • 日本国内で再就職する

どちらの選択にせよ、仕事を得るには事前準備が必要なのです。ただし、人によっては海外で働いていた現地の職場に、そのまま就職することも可能でしょう。

2. 海外留学やワーホリ後の就職に必要な事前準備とは?

ワーホリ留学帰国後の就職転職準備

まず、海外留学・ワーホリ後から転職までの流れを簡単に確認してみます。

  1. 海外で得たアピールポイントをピックアップ(語学力/海外生活で経験したエピソードなど)
  2. 履歴書アップデート/最適化する
  3. 転職エージェントに登録する
  4. 説明会やヒアリングに参加する
  5. 面談
  6. 採用合否

過去に転職をされたことのある人であれば、大まかな流れは把握しているはず。

ただし、海外留学やワーホリ後の就職というのは、プロセスの中で国内でのそれとは若干異なるエッセンスを加える必要があります。

ポイント1:海外体験で得たアピールポイントをピックアップ

求人をする企業が求めていることは、これまでのキャリアはもちろんのこと、募集しているポジションで活かせる語学力・スキル・ポテンシャル・海外生活で得たユニークな経験です。

▼語学力をスコア化(数値化)

語学力といっても、やはり日常会話レベルという漠然としたものでは、アピールとして弱いのはご想像の通り。

英語であれば、客観的に語学能力を測る英語圏ではスタンダードなIELTSのスコアやケンブリッジ英検、日本企業に限って言えばTOEICで、自分の語学力をスコア化すること。

そのためにも、ワーホリや海外留学中から成果を挙げることを目的に、日々の勉強が大切です。留学中もしくは帰国後にその成果を試す上でも、語学力をスコア化しておきましょう。

▼ユニークな海外体験を言語化

これは各人それぞれ違ったストーリー(エピソード)をお持ちだと思います。具体的な事例とそれから何を得たかを履歴書や面接でアピールできるようにしておきましょう。

例えば、オーストラリアのシドニーにあるカジノでウェイター/ウェイトレス、バーのアシスタントとして働き、マネージャーから現場の新人教育を任された経験がある。

応募先の業務内容にもよりますが、ワーホリや海外留学中に経験した仕事面の具体例を関連づけてアピールできれば、より良くなると考えます。

ただでさえ、「ワーホリはお遊び期間」と考える採用担当者が多いといわれているので、オモシロい!と思わせるようなインパクトのある体験談が必要です。

ポイント2:日英文履歴書のアップデート

履歴書については、海外仕様(英語)と日本仕様(職務経歴書も)の2通りを用意しておきましょう。

応募する企業が日本企業の場合は、ワーホリをキャリアの空白期間と見られる場合も少なくありません。上記のアピールポイントを含めて、説得力のある情報をアップデートすることが肝心です。

日本の履歴書の書き方も特徴があるように、英語の履歴書にも書き方の体裁があるので、事前に学んでおきましょう。

参考:英文履歴書書き方の参考書一覧

 英語履歴書の重要性

英語の履歴書はデザインも含めて非常に大事な要素で、海外では履歴書作成専門のプロのライターは有名な存在です。外資系や海外企業であればより重要視される可能性が高いので、しっかりとしたものを準備しておきましょう。

▼おすすめ:英文履歴書の翻訳添削サービス

英文履歴書の書き方に自信のない人は、ネットで探せばプロの翻訳添削サービスもあります。自分で作った英文履歴書のブラッシュアップを依頼してみるのは良い先攻投資です。

いまの時代であれば、 クラウドソーシング「ランサーズ」を活用して、ご自身の予算に合わせてプロにお願いすることも、スマートなテクニックだと考えます。

低予算であれば、ワンコインから依頼できるクラウドソーシングサービス「ココナラ 」もあるのでおすすめ。

英文履歴書の枚数は2枚までが限界で、それ以上多いと読んでもらえない場合があります。シッカリと要点をまとめた体裁で書き上げましょう。じっくり読んでもらえるほど採用人事担当者はヒマではありません。

まとめ:事前準備は用意周到に!

海外留学・ワーホリ後に日本国内や海外で就職を考えている人は、きっと多いはず。

ワーホリや海外留学は、楽しすぎて?意外とあっという間に時間が過ぎてしまい、気がつけばもう帰国するタイミングだっということも耳にします。

日本国内もしくは海外で就職をするのであれば、どちらも事前準備が欠かせません。海外生活での経験や成果を最大限にアピールできるよう、特に英文履歴書は具体的にわかりやすく表現しなければならないのです。

意外と自分だけが分かった気になっていて、他人にはうまく伝わっていないこともあるので注意しましょう。上記でご紹介した「ランサーズ」や「ココナラ 」のクラウドサービスを上手に活用してみてください。

英文履歴書など事前準備ができたら、次は転職エージェントへアプローチです!

ワーホリ留学後の就職で1番大事な転職エージェント活用法

2015.07.17

たった5分でワーホリや留学後の就職市場価値を知る方法

2015.08.06
SPONSORED LINKS

留学後 就職 準備