フィリピン庶民の味!セブのローカル食堂カレンデリアに挑戦

フィリピン セブ カレンデリア

フィリピン庶民の味に挑戦したいならローカル食堂の「カレンデリア」!

世界の中でもフィリピン料理って、全く目立つものではありませんが、慣れてくるとフィリピン料理の味もなかなかイケるかも?

セブ市内のコロン地区にあるカレンデリアでランチしてきた体験談。まだローカルレストランを挑戦したことのない方は、ぜひご一読を!

SPONSORED LINKS

 フィリピンのローカル食堂(カレンデリア)に挑戦!

フィリピンセブのローカル食堂カレンデリア

フィリピン庶民が通うローカル食堂といえば「カレンデリア」です(写真:セブ市内のコロン地区にあるお店)。基本的にこういった食堂は、人が集まるエリアにはどこにでもあるので、その辺の道を歩いていると見つけることができます。

お昼時には、多くの人がローカル食堂(カレンデリア)でランチをとるのが一般的です。語学留学や旅行でフィリピン(セブ)を訪れる人には、始めは少し抵抗があるかもしれません。

ローカル食堂の気になる料理の品揃えは?

気になる品揃えは、店(カレンデリア)によってそれぞれ異なります。今回訪れたセブ市内のコロン地区にあるカレンデリアは、いろんなカレンデリアに食べに足を運んだ中でも、品揃えが豊富な方です!

中には品数が少なく、内装も暗く、一般的な日本人の感覚で捉えると、衛生的にちょっと、、というお店も正直少なくありません。

フィリピンセブのローカル食堂カレンデリア魚、豚肉、鶏肉料理や、野菜や卵料理など、リアルなローカルフィリピン料理が並んでいます。一品ずつ食べたい料理を選ぶことができます。白ご飯が欲しい場合は、プレインライス(Plain Rice)と言えば注文できます。

フィリピンセブのローカル食堂カレンデリア

フィリピン料理って聞くと、これといってみんなが知っている(イメージする)美味しい料理は、他の東南アジア諸国の料理に比べても、ほとんどないのが現実。豚肉の丸焼きのレチョンが、味はともかく比較的知名度が高いかも?でしょうか。確かに、めっちゃ美味しい料理って少ない、、、気がする。

気になるフィリピン料理のお味

カレンデリアで食べれるローカルの家庭料理は、実はなかなかイケるんです(もちろん個人差がありますが)。ここの料理は品揃えが豊富だったこともあって、自分の好きなメニューを食べれたのでアタリでした!

フライドライスはちゃんとニンニクが効いていて、チキン料理は酢豚の鶏肉バージョンといった感じで口に合う味。エッグロールは普通の目玉焼き。サバオ(スープ)は、シニガン(フィリピンの酸味のあるスープ料理)に似た味でした。

フィリピンセブのローカル食堂カレンデリア

さすがローカル!破格のお会計金額

フライドライス、エッグロール、チキン料理、ジュース1瓶を注文して、確か80ペソ(約210円)以下だったと記憶しています。ちなみに、サバオと呼ばれるスープは基本的に無料です。

フィリピンセブのローカル食堂カレンデリア

お会計は、食事を済ませてから注文したものを申告して済ませます。

ここのカレンデリアは、雰囲気も良く、料理の味もなかなか美味しかったので、次回セブ市内のコロン地区に行くときは立寄たいと考えています。

まとめ

フィリピン食堂カレンデリア

フィリピンの街を歩いていて、よく見かけるローカル食堂(カレンデリア)。その存在を知ってはいるものの、なかなか挑戦できない人も少なくないと思います。衛生面が心配だったりするのが、正直なところでしょう。

勇気を出して試してみると、意外といけるものだったりするのでオススメです(ただし胃腸が弱い方を除いて)。

個人的には、宿泊先のホテルなどの近くで、お気に入りのカレンデリアを見つけることも、フィリピンを訪れる際のひとつの楽しみとなっています。

SPONSORED LINKS

フィリピン セブ カレンデリア