フィリピン•マニラでUber活用!空港ターミナル間を快適移動

Uber フィリピン マニラ

フィリピン首都マニラの空の玄関口といえば、悪名高きニノイ•アキノ空港。

世界屈指の使い勝手の悪い空港で、国際線と国内線の乗り継ぎのためのターミナル間移動で、タクシー配車サービス「Uber(ウーバー)」を利用した体験記!

マニラ名物の道路渋滞にハマっても、リーズナブルで快適に移動できたUber体験をご紹介します!

SPONSORED LINKS

フィリピンの首都マニラでUber(ウーバー)活用して快適移動!

Uberフィリピンマニラ空港ターミナル間移動

フィリピンの首都マニラ。空の玄関口であるニノイ•アキノ空港のターミナル間の移動に、タクシー配車サービス「Uber(ウーバー)」を利用した体験記をご紹介します。

Uberの利用が初めての人は、私のUber初体験となったマレーシアの首都クアラルンプールで以前利用した際の体験談や、フィリピンのセブ島でのUber体験談も合わせて参考にしてみてください。

マニラ:ニノイ•アキノ空港のターミナル間をUberで移動

フィリピンの首都マニラにあるニノイ•アキノ空港では、国際線、国内線の離発着ターミナルは、各航空会社によって違います。ちなみにターミナルは1〜4まであります。

なので、国際線から国内線へ乗り換える際(その逆もしかり)は、ターミナル間を移動しなければいけないことが、利用する航空会社によって発生するのです。※使い勝手が悪すぎて、世界でも有数の悪名高き空港の所以。

私が体験した例では、日本の関空からジェットスター航空で、フィリピンのマニラへ向かい、到着したのがニノイ•アキノ空港の「ターミナル1」。

Uberフィリピンマニラ空港ターミナル間移動

そこから、次のフライト(セブパシフィック航空)でセブへ行くために、同空港の「ターミナル3」へ移動する必要がありました。

Uberフィリピンマニラ空港ターミナル間移動

マニラ空港のターミナル間の移動は、日本のそれと違い空港の敷地内ではなく、普通の道(公道)を走る必要があったり、ターミナル間の距離もそれなりにあります。それぞれ意図的に作られたのでは?と思うくらい不便きわまりないことで有名です。そんなターミナル間の主な移動手段は、以下の通り。

  • タクシー
  • シャトルバス

過去にターミナル間の移動で、普通のタクシーも利用したこともありますが、空港のATMで引き出した大きな紙幣(500ペソや1000ペソ)では、お釣りがないと言ってドライバーに嫌がられた経験があります。事前に、小額紙幣を用意しておくと便利です。

しかし、Uberの場合は、カード決済のため現金を持っていなくても支払い可能。会計もスムーズなので、慣れない通貨にも戸惑わずに安心して支払いができるのです。

マニラの空港内フリーWifiを利用してUber配車依頼

Uberフィリピンマニラ空港ターミナル間移動

空港内ではフリーWifiが利用できるので、Uberアプリを使って配車依頼をします。GPSや配車依頼する場所を入力して、ドライバーに配車をリクエスト。

  • Uberアプリ:iOS」「Android」ダウンロード可能
  • プロモ割引コード:Uber初体験の人はプロモコードuber-parekoueで新規登録(※日本の携帯番号ではなくフィリピンの携帯番号で)すると、初回登録割引クーポン入手の特典付き!

ポイント:空港の到着ゲートに配車を依頼する際、ドライバーにゲート付近の明確な場所を、電話やテキストで伝えた方がスムーズに乗車できます。

到着ゲート付近は、人も多くてドライバーも依頼者を見つけにくいからです。空港に到着したら、すぐにプリペイドSIMカードを手に入れておきたいところ。

Uber フィリピン マニラ 空港

配車リクエストから5分以内に、依頼した配車場所でピックアップしてくれました。ドライバーと細かな集合場所を、ケータイのテキストでやりとりをしたことも、効果的だったと思います。

マニラのニノイ・アキノ空港でプリペイドSIMカードを手に入れる

Uber マニラ SIMカード

今回は、ニノイ•アキノ空港ターミナル1の到着ゲートフロアで、フィリピン国内のプリペイドSIMカードを手に入れました。各到着ゲート付近では、通信キャリアの「Globe」と「Smart」が小さなブースを設けています。

今回は(いつもやってるかも?)旅行者用のキャンペーンで、SIMカード本体価格が無料のフリーSIMを手に入れることができました。※フリーSIMを手に入れるためには「パスポート」が必要です。もちろんSIMフリーの携帯もお忘れなく!

またSIMカードとは別途、ロードをチャージするために100ペソ、300ペソや500ペソなどのプリペイドカードを購入する必要があります。アクティベートやロードチャージは、各ブースのスタッフがサービスで対応してくれます。

インターネットのプランや各プロモサービスについても対応してくれるので、初めての方でも安心。ブースに行列が出来ているときは忙しいので、人が少なくなってからの方が丁寧に教えてくれます。

渋滞が日常茶飯事の首都マニラでUberを活用してみた!

マニラの渋滞は憎いことで有名。空港の各ターミナル間の移動ももれなく渋滞付き!で、時間帯によっては小回り(割込み運転)の効くタクシーでも、全然進まないこともしばしば。

乗り継ぎでターミナル間を移動する必要のある人は、各フライトの間に余裕を持って予約しておくことをオススメします。渋滞に更にイラダチを感じないよう、心を落ち着かせるためにも、事前に対処できるポイントです。

ウーバー マニラ 空港

ドライバーのMさんは優しい心の持ち主で、Uber乗車中は気を利かせてくれて、彼の好きな音楽を聴かせてくれたり、気さくな会話ができて楽しかったです。なので、渋滞にハマりましたが、感覚的にはあっという間でした。

マニラでもUber(ウーバー)は会計明瞭で約200ペソ也!

ニノイ•アキノ空港のターミナル1からターミナル3まで、夕方の帰宅ラッシュの渋滞にハマり約30分も時間を要したにも関わらず、約200ペソ(≈約515円:1ペソ約2.6円の場合)で済みました。

ウーバー マニラ

Uberを利用した時間帯がラッシュアワーだったので、ピーク料金(Surge: 1.5倍)が適応された合計料金がこの金額でした(道路が混んでいない時間帯はもっと安いかも?)。個人的には、かなりお得感を感じます。えぇ、たった500円くらいなので。

特典:プロモコードでUber乗車割引クーポンを入手してみよう!

uber-promocode-parekoue

フィリピンでUberを初体験する人には朗報!プロモコードuber-parekoueを使って新規登録(※日本の携帯番号ではなくフィリピンの携帯番号で)をすると、特典として乗車割引クーポンが手に入ります。

uber フィリピン

フィリピン国内でUberアプリダウンロード後、プロフィール作成時にプロモコードuber-parekoueを入力してアカウント作成すると、初回登録の割引クーポンで乗車できる仕組み。

まとめ:Uberはマニラ空港のターミナル間移動でも活躍!

今回、フィリピンの首都マニラで活用するのにちょうど良いサービスだと思い、悪名高きニノイ•アキノ空港のターミナル間での移動にUberを利用してみました。キャッシュレスで支払いができて、会計も明瞭なサービスは、交通費の精算としてビジネス利用には最適。

  • Uberアプリ:iOS」「Android」ダウンロード可能
  • プロモ割引コード:Uber初体験の人はプロモコードuber-parekoueで新規登録(※日本の携帯番号ではなくフィリピンの携帯番号で)すると、初回登録割引クーポン入手の特典付き!

初めてUberを体験したい人は、プロモコードuber-parekoueを利用して乗車割引クーポンを手に入れてみてくださいね。

シャトルバスもありますが、同じような境遇でターミナル間を移動する人の参考として、ぜひ役に立てればうれしいです。

【お得な割引料金】マニラの人気ホテルに格安で泊まりたい!旅行前におすすめの海外ホテル予約サイトを要チェック!

アゴダ

Hotels.com

エクスペディア

限定セールやプロモ割引の料金比較をしてお得なホテル予約が損しない旅行術。

SPONSORED LINKS

Uber フィリピン マニラ