【オランゴ島】穴場リゾートホテルTalima Beach Villas and Dive Resortに宿泊してみたよ

セブ オランゴ島 ホテル

フィリピン・セブ島からのプチ旅行先としておすすめな「オランゴ島」。

対岸に見えるマクタン島のリゾートホテルエリア(いわゆるセブのリゾート地)の相場よりも、とっても格安に宿泊できるのが、オランゴ島の魅力の1つでもあります。

今回は、オランゴ島のリゾートホテル「タリマ・ビーチ・ヴィラズ&ダイブ・リゾート(Talima Beach Villas and Dive Resort)」に宿泊した体験記をご紹介します!

セブ市内の喧騒から離れたい人や、フィリピン留学で英語漬けになった頭をスッキリさせたい人にピッタリなリフレッシュスポットなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

SPONSORED LINKS

セブからプチ旅行にピッタリ!? オランゴ島の穴場リゾートホテル宿泊体験記

オランゴ島 タリマ

ご紹介するリゾートホテルのあるオランゴ島は、フィリピン・セブ島近くに浮かぶ島。野鳥などの野生生物保護地域となっているほど自然保護区としてよく知られています。

今回は、セブ島からのプチ旅行としてオランゴ島で宿泊したリゾートホテル「タリマ・ビーチ・ヴィラズ&ダイブ・リゾート(Talima Beach Villas and Dive Resort)」をご紹介したいと思います。

個人的にオランゴ島にまたに遊びに行くのですが、このリゾートには今回2回目の宿泊(リピーター!)。

タリマ・ビーチ・ヴィラズ&ダイブ・リゾートの場所

オランゴ島は、フィリピン・セブ島の空の玄関口であるマクタンセブ国際空港、シャングリラなど有名ホテルが集まるリゾートエリアのあるマクタン島のお隣に浮かぶ島。

そして、ご紹介するリゾートホテル「タリマ・ビーチ・ヴィラズ&ダイブ・リゾート(Talima Beach Villas and Dive Resort)」は、そのオランゴ島北西部のタリマ地区に位置しています。

住所:Olango Island Wildlife Ranger Station, Lapu-Lapu City, 6015 Cebu

オランゴ島の西側に位置しているので、海を挟んだ先にはマクタン島のリゾートエリアが望める立地です。

オランゴ島の行き方:ツアーなしでも自力でアイランドホッピング!

セブ アイランドホッピング オランゴ

実はオランゴ島は、現地ツアーに参加しなくても地元の交通手段(島と島を繋ぐバンカーボート)を利用して、自力で訪れることができます。

なにしろ、目が飛び出すくらい格安な運賃で、アイランドホッピング感覚が味わいながら移動できるコスパ最高の交通手段なんです!

気になる人は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

穴場のオランゴ島!セブマクタン島から20分で行ける旅行先

2015.07.11

オランゴ島の港からリゾートホテルまでの行き方

オランゴ島 移動手段

オランゴ島の港に到着したら、今回ご紹介するリゾートホテルまでの移動手段「トライシクル」を確保しましょう(※オランゴ島では基本トライシク移動)。

港に到着すると、すぐに待機中のトライシクルの姿が目に入ると思うので、トライシクルの運転手に「タリマビーチリゾートまで」と伝えればOKです。

港からリゾートホテルまで、トライシクルを貸し切った2人分の片道料金は合計150ペソでした(2017年2月情報)。所要時間は10〜15分程度でした。

オランゴ島 トライシクル

最初は舗装された道を快適に進むのですが、リゾートホテルに近づくにつれ途中からガタガタ道を走ることになります。

乗車しているトライシクルがちょっとしたアトラクションマシン感覚へ、、、まさに旅の醍醐味ですね。

今後リゾートホテルまでの道のり(悪路?)が整備されるのを願うのみ。

オランゴ島のタリマ・ビーチ・ヴィラズ&ダイブ・リゾート(Talima Beach Villas and Dive Resort)

Talima Beach Villas and Dive Resort

港からトライシクルを走らせ到着した場所が、今回ご紹介する「タリマ・ビーチ・ヴィラズ&ダイブ・リゾート(Talima Beach Villas and Dive Resort)」

大型リゾートホテルのように部屋数が多くなく、10部屋ほどとプライベート感のあるコンパクトなのが魅力的です。

オランゴ島 リゾート

ちなみに、毎度のことながらリゾートホテルの入り口には誰もいないことが多く、オランゴ島ののんびり加減が伺えます。

待っていてもしかたないので緑の小道を抜けて、ホテル内のレストランと併設されたレセプション(受付)までへ足を進めましょう。

昼寝や読書もおすすめ!ベッドに寝転がって海を眺める

セブ オランゴ島 リゾート

受付を済ませて部屋に荷物を置いたら、リゾートホテルの敷地内に入ってみるとすぐに目に入る、南国感(ハネムーンっぽくもある)たっぷりのベッドに寝転がってみましょう。

ここから南国の海を眺めるのが最高なんです。ぜひご自身がこのベッドに寝転がっていることを想像してみてください、、、どうでしょう?

もちろん写真映えするのは間違いなし(?)なスポットなので、すぐさまインスタで共有したくなりますよね。

オランゴ島 デイユース

マクタン島のリゾートエリアが遠目にほぼ一望できるロケーションなので、ベッドに横になって開放的な気分でお昼寝や読書が楽しめます。

他にもハンモック。ちょっとバランスを取るのが難しかったのですが、慣れれば快適。

マクタン オランゴ

マクタン島のリゾート周辺でパラセイリングを楽しんでいる人たちの姿や、バンカーボートが行き交うのを遠目に眺めながら、南国気分を味わいましょう。

セブ リゾートホテル

またバーカウンターもあるので、レストランで定番のお酒やマンゴーシェイクなどを頼んで、ここで楽しむのもあり。

オランゴ島 バー

基本的にバーカウンターには人がいないので(宿泊客が大勢なる場合はいるかも?)、レストランでオーダーしましょう。

リゾート中心部にあるプール!インフィニティじゃないけど。

オランゴ島 プール

残念なことにリゾートホテルにはプライベートビーチがないのですが、その代わり敷地内中心部にはプールがあります。

ちゃんとホテルのスタッフが落ち葉などをすくったりして毎日手入れをしているためか、プールの水もキレイでした。

インフィニティプールな感覚ではないのですが、暑さを和らげるためプール内でくつろぐのもおすすめ。

リゾートホテルのお部屋

オランゴ島 リゾート

前述の通り、大型リゾートホテルと比べるまでもなくこのリゾートホテルは客室が少ないのが特徴。

部屋はエコノミーからビーチハウス(ヴィラタイプ)まで6種類ほどタイプがあります。

家族連れにおすすめなのは、2ベッドルームのあるヴィラタイプのお部屋。カップルで宿泊する場合は、バニグルームやシナメイルームなどがおすすめ。

コスパを求めるならエコノミーなど他の部屋がいいかも。とはいえ、どのお部屋もマクタン島のリゾートホテルと比べると格安に感じること間違いありません。

詳細:タリマ・ビーチ・ヴィラズ&ダイブ・リゾート(Talima Beach Villas and Dive Resort)

オランゴ島 リゾート 部屋

部屋には無料の水(ペットボトル)や小さな石鹸は用意されているのですが、アメニティとしては満足できない人も多いはず。

シャンプーや歯ブラシなどの日用品は各自で持参しましょう。 

海を眺めながら食事ができるレストラン

オランゴ島 レストラン

レセプション(受付)兼用?のレストランでは、海を眺めながら食事が楽しめます。

オランゴ島 食事

メニューとしては、フィリピン料理が中心です。冷えたビールもちゃんと用意されています!

オランゴ島 ランチ

料理の値段は、セブ島のレストランで食事をするのとあんまり変わらない価格帯。一応リゾートホテルなので、ローカルレストランのように激安ではありません。

朝食も朝早くからオーダーすることができます。海を眺めながらの朝食も最高でした。

オランゴ島 レストラン 朝食

 コーヒーは相変わらずフィリピン定番のインスタントコーヒーしかありませんが、それでも快適な朝に思えるのは、やはり目の前に広がる素敵な景色のおかげ。

まとめ

オランゴ島 サンセット

宿泊客が多い賑やかな大型リゾートホテルじゃなくて、静かに時間を過ごしたい人にはピッタリの「タリマ・ビーチ・ヴィラズ&ダイブ・リゾート(Talima Beach Villas and Dive Resort)」

港までの帰りの移動手段は、ホテルのスタッフに事前にチェックアウト時間を伝えておくと、トライシクルを手配しておいてくれます(来るときと同じくトライシクル1台片道150ペソで送迎してくれました)。 

英語漬け生活でちょっぴりストレスが溜まったフィリピン語学留学生が、気分転換するのにもピッタリな旅行先だと思うので、ぜひ参考にしてプチ旅行を楽しんでみてくださいね。 

詳細:タリマ・ビーチ・ヴィラズ&ダイブ・リゾート(Talima Beach Villas and Dive Resort)

【おすすめ海外ホテル予約サイト】

「マクタン・オランゴ島の人気リゾート」の格安料金を比較、各予約サイトの会員特典を活用してお得に予約するべし!

アゴダ(Agoda)公式サイト

特長:ホテル予約すると提携企業(航空会社)のマイルやポイントが貯まる特典プログラム【ポイントマックス】

もっと詳しい記事へ

アゴダ割引クーポン情報はこちら

ホテルズドットコム(Hotels.com)公式サイト

特長:通算10泊すると必ず1泊無料になる会員リワード特典プログラム【Hotels.com™ Rewards】

もっと詳しい記事へ

ホテルズドットコム割引クーポン情報はこちら

エクスペティア(Expedia)公式サイト

特長:航空券とホテルを同時予約すると最大ホテル代全額OFF【AIR+割(エアプラス割)】

もっと詳しい記事へ

エクスペディア割引クーポン情報はこちら

SPONSORED LINKS

オランゴ島 ホテル