フィリピン•セブのコロン地区で腕時計を激安修理した体験談

フィリピン セブ コロンストリート

フィリピン第二の都市セブ市内にあるコロン地区は、庶民が安さを求めて買い物に行く人気ショッピングエリアです。

そんなローカル感が漂う真っただ中のコロンストリートで、セブ島の海で遊んだときに壊れた腕時計を修理した体験談!

想像を超える破格の修理サービスに大満足したエピソードが気になる方は、ぜひご一読ください!

SPONSORED LINKS

セブ庶民の人気ショッピングエリア「コロン地区」にお出かけ!

フィリピン•セブのコロン地区で腕時計を激安修理した体験談

フィリピンの第二の都市セブ市内にあるコロン地区は、セブ庶民にとっては欠かせないショッピングエリア。メトロコロン(ショッピングモール)周辺には、数多くの店が立ち並んでします。

ここにくれば、なんでも揃うといっても良いほど、食料から雑貨まで品揃えが豊富。しかも、現地の大手ショッピングモールよりも、安く手に入るのが特徴です(もちろん、値段とクオリティは比例します)。

ちなみに、日本のように安くクオリティの高いものは、ほとんどないと考えてよろしいと思います。その点に十分納得しながら、買い物を楽しむ必要があるのは、まさに旅の醍醐味!といったところでしょうか。

今回の目的:壊れた腕時計の修理

今回は、愛用していた腕時計のベルト部分の一部が壊れてしまったために、コロン地区にある時計の修理屋さんで修理してもらうことが目的でした。現地の人いわく、コロン地区に行けば安く修理してくれる店が沢山あるとのこと。

ただし、フィリピンには、人から又聞きしたことも自信満々に!知っていると言い張る人も少なくありません。悪気がないのが困りもので、みんな明るく優しいのです(詳細を知っているかどうかは別の話)。全員ではありませんが、その素養には気をつけたいところ。

過去にも、セブ市内でラップトップを修理しようとして失敗した苦い経験があって(詳細:「フィリピンで故障!愛用Macbook Airを襲った悲劇」)半信半疑でしたが、ひとまずコロン地区にあるという時計修理屋さんを目指しました(私は人を信じるのです!)。

フィリピン•セブのコロン地区で腕時計を激安修理した体験談

そこで見つけたのが(思わず二度見)、道の一角にポツっとたたずむ、小さな可動式の屋台に「WATCH REPAIR」と立派な看板が掲げられた、時計の修理屋さん?!でした。

店舗を構えているものと想像しましたが、完全に私の勝手な!思い込みだったことを改めて思い知らされます。可動式なので、どこにでも動かせるという優れもの(お店です)。

コロン地区のストリートで営む修理屋さんに依頼!

フィリピン•セブのコロン地区で腕時計を激安修理した体験談

日中のうだる暑さの中、働く気がなさそうなのがハッキリわかる状態で椅子に座っていただけの職人さんに、早速をかけてみました。

「クヤ〜※、この時計のベルト直せますか?」と尋ねたら、久しぶりのお客だったのか、日本人か韓国人かわからない外国人に声をかけられたからなのかわかりませんが、とにかくビックリした表情でお出迎え。南国時込みの仕事スタイルも、突然のサプライズには弱いのかもしれません。

※クヤ=Kuya おじさんなど、目上の男性をフレンドリーに呼ぶときの呼び名。

平常心を取り戻した職人さんは「あー、おけッ、おけらッ!※」と修理できると自信満々。とは言うものの、そもそも修理を依頼する腕時計の純正ベルトのパーツを、彼が取り揃えているわけがなく。当たり前か、、。

※おけらッ=OK Lahとは、大丈夫、オッケー、元気だよ等の意味。マレーシアやシンガポールでも同じような言い方かも?

目の前にあった別の時計ベルトのパーツを、力一杯(無理矢理?)取り外して、私の依頼する時計ベルトに代用品として取り付けようとしてくれました。創意工夫、クリエイティブさが大事なのは世界共通!のようです。

片目にレンズをかざして、細かいパーツの取り付け(バラした後、元に戻す過程)に苦戦する場面もありました。その間約10分。なんでこの外国人はここに立ってるんだ!と言わんばかりの、コロン地区の道を行き交う無数の通行人の視線を、私が浴びながら待っていることは、彼は知る余地もありません。

そもそも、そんなこと(私がどう見られようが)は彼には全く関係ないのです。なぜなら、修理に必死でフレキシブルになれるわけも、またその必要もないからです。

フィリピン•セブのコロン地区で腕時計を激安修理した体験談

無事に完成した修理済みの時計。お見事、さすが職人仕事!何十年もやっていそうな風格は、確かなものだったようです。代用のパーツも、何となく純正ベルトに近いデザインを選んでくれていたようで、ちょっと期待よりも高い完成度(やるな、オヤジ)。

破格のお会計40ペソ也!

フィリピン•セブのコロン地区で腕時計を激安修理した体験談

お会計を済ませようと「クヤ〜、ハウ、マッチ?」と尋ねると、なんとお会計は40ペソ也!(パーツ代含む)という破格の安さ。約100円といったところで、その安さとクオリティに驚きました。店によって金額が違うかもしれないので悪しからず(といっても誤差の範囲内でしょうが)。

冒頭で、日本のように安くてクオリティの高いものはないと言いましたが、訂正する必要がありそうです。日本だと恐らく、手間賃も含めて軽く1000円以上は、確実に請求されそうなところですが、今回の経験では違いました。

素晴しいコスパに「サラマ〜、クヤ〜!サラマ〜ポッ〜!」と心からお礼を言って、その場を後に。うだるような暑さと、人ごみの視線も忘れさせた彼の職人技に、修理代金と気持ちばかりのお礼上乗せしたのは言うまでもありません。

※サラマー=Salamatは「ありがとう」という意味、ポ=Poは、より丁寧にいうときにつける言葉。(「ございます」みたいな)

まとめ

セブ市内のコロン地区では、モノを買うショッピングの楽しみとは別に、今回の時計の修理などのサービス業も、利用価値があることを体験したエピソードとなりました。

同時にフィリピンで100円で修理できることが、日本では10倍以上の料金が必要になる現実。

近い将来というか現実的にも、日本語という防波堤のすぐ目の前には、安価なサービスや物が押し寄せてきているのでは?と労働コストや通貨価値の違いを含めて、少し感慨深いものがありました。

偉そうには言えませんが、セブのコロン地区で感じる熱気は、フィリピンの経済成長を垣間みることができるように思います。そのアツさは、決して外気温だけではないようです。

SPONSORED LINKS

フィリピン セブ コロンストリート