【バンビエン】よくわかるブルーラグーンの行き方や入場料を解説するよ《ラオスの秘境巡り》

ラオス・バンビエンのブルーラグーン

『ラオスのバンビエンへ旅行するんだけど、有名なブルーラグーンってどうやって行けばいいの?』

『できればバンビエンの田舎風景を楽しみながら、自分たちで安く移動してみたいっ!何か良い方法はない?』

ラオスのバンビエン旅行で欠かせない有名な観光スポットといえば、そう「ブルーラグーン」ですよね。

せっかくバンビエンに旅行するなら、旅行者に人気のブルーラグーンで川遊びしてみたいって人は、きっと少なくないはず。

現地ツアーに参加してブルーラグーンに行く方法もありますが、時間に縛られたくないし、大人数で移動したくない人もいますよね。

そこで今回は、レンタルバイクを借りてバンビエンの街からブルーラグーンまで行く方法をご紹介したいと思います!

実際に私も友人と、バンビエンの田舎の風景を楽しみながらサイクリングでブルーラグーンを目指した方法なので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ブルーラグーンはバンビエン観光の人気スポット

ブルーラグーンはバンビエン観光の人気スポット

ラオスの田舎町バンビエンは、バックパッカーをはじめとする旅行者に人気の観光地。

そんなバンビエン屈指の人気を誇る観光スポットが今回ご紹介する「ブルーラグーン」です。

厳密にいうと、バンビエンにブルーラグーンは2つあって、今回は定番のブルーラグーン(Tham Poukham Blue Lagoon)について解説します。

【バンビエンにある2つのブルーラグーン】

  • ブルーラグーン1(定番:Tham Poukham Blue Lagoon)
  • ブルーラグーン2(比較的新しい:Blue Lagoon 2)

バンビエンのブルーラグーンがある場所

バンビエンにある定番のブルーラグーンの場所は、バンビエンの町の西側約7〜8kmに位置しています。

バンビエン沿いを流れるナムソン川を渡って、西側の田園地帯を進んだ先にブルーラグーンがあるのです。

バンビエンの町からブルーラグーンまで行き方

旅行者がバンビエンの町からブルーラグーンまでの行き方としては、以下のようなパターンがあります。

【バンビエンでの移動手段】 

  1. レンタルバイク(スクーター等)
  2. レンタル自転車
  3. バギーカー
  4. 現地ツアーに参加(軽トラの荷台席に乗合)

*徒歩でも行けなくはないのですが、さすがにちょっと遠いので割愛。

バンビエンの町からブルーラグーンまでは、信号なんて1つもない素敵な田舎道。

バイクやバギーでさっさと移動するのもいいのですが、やっぱり個人的にはのんびりサイクリングで行くのが、おすすめだと思います。

バンビエンで借りたレンタル自転車

今回、私は友人とバンビエンの町で「レンタル自転車」を借りて、ブルーラグーンを目指してみました。

【レンタル自転車のレンタル料金】 

1日25000キープ前後(約330円前後:2017年情報)

ブルーラグーンまでレンタル自転車でサイクリング

ここからは、バンビエンの町から目的地のブルーラグーンに向かう流れをご紹介していきます。

レンタル自転車で移動する場合の所要時間の目安は、だいたい30分くらいです。

ステップ1:ナムソン川にかかる橋を渡る

バンビエンの町でレンタル自転車を借りた後、ブルーラグーンを目指すには、まず最初にナムソン川を渡る必要があります。

バンビエンのナムソン川にかかる橋の通行料金

ナムソン川にかかる橋を渡るときには、通行料を支払います(自転車の場合は約80円)。

バンビエンのナムソン川にかかる橋

人が歩いて渡れる他、車や自転車もこの橋を渡ってナムソン川の対岸へ移動するので、橋の上では譲り合いの心が大切です。

ステップ2:美しい田園風景を横目にサイクリング

橋を渡った後は、バンビエンらしい美しい田園風景を横目にサイクリングを楽しみましょう!

バンビエンの田舎の風景

途中、牛が道の真ん中を歩いていたりとその光景は、まるでタイムスリップしたかのような錯覚を覚えるくらい。

 

Beautiful greenish patchwork with rice fields 🌿🌿🌿💚🇱🇦😁

PAREKO【パレコブログ】さん(@parekopareko)がシェアした投稿 –

バンビエン西部の田園風景を空からみた感じは、パッチワークのように田んぼが広がっていました。

ステップ3:分かれ道を右に進む(看板あり)

田舎道を進んでいくと現れる途中の分かれ道で、ブルーラグーンの看板を発見することができます。

バンビエンのブルーラグーンまでの行き方

分かれ道を右に進むと目的地のブルーラグーン1へ。左に進むとブルーラグーン2に行けます。

バンビエンのブルーラグーンまでの行き方

この看板がある分かれ道から、もう約2kmほど田園風景の中をサイクリング。

ステップ4:ブルーラグーンの入場料を支払う

分かれ道を右にどんどん進んでいくと、突き当たりにブルーラグーンの入り口ゲートがあるので、入場料を支払います。

バンビエンのブルーラグーンの入場料
【ブルーラグーンの入場料金】

  • 入場料1人:10000キープ(約130円:2017年情報)

さすがラオス、入場料も格安。ラオス旅行の醍醐味ですね。

ステップ5:ブルーラグーンで川遊び

私と友人がブルーラグーンに到着したころには、たくさんの観光客が集まって川遊びを楽しんでしました。

バンビエンのブルーラグーンで川遊び

泳ぎが苦手な人はライフジャケットを着用していたり(←アジア系の旅行者に多い)、欧米系の旅行者はビキニや水着だけで遊んでいる人が多い印象でした。

このブルーラグーン(というかグリーン?)の人気は、何といっても川に剃り出した大きな木からジャンプして、川に飛び込むことです。

バンビエンのブルーラグーンで飛び込み

飛び込める場所は、低い位置(高さ2mくらい)と高い位置(高さ8mくらい?)の2種類あります。

高いところからジャンプする人は、周囲の人の注目を必ず浴びて目を引くので、目立ちたい人はぜひ挑戦してみては?

注意:飲酒した状態で飛び込むと危険なので注意しましょうね。

まとめ

バンビエンのブルーラグーンの行き方

ご紹介したブルーラグーンは、バンビエン旅行で外せない観光スポット。実際に訪れてみての正直な感想は、『行く時間がちょっと遅かったかな〜』と。

後悔まではいきませんが、私と友人が到着したころには、既に多くの旅行者がいたので、私のように人混みを避けて楽しみたい人は、朝早くバンビエンの町を出発して遊びに行きましょう

名称 ブルーラグーン (Tham Poukham Blue Lagoon)
住所 West of Vang Vieng,Vang Vieng 1003,Laos (地図)
入場料 10000キープ(約130円)
営業時間 7:00〜17:30

【旅行準備】結論!海外旅行保険付きクレジットカードは絶対持っとくべき《おすすめカード3選》

2018.05.03

【ラオス】弾丸1日観光!ビエンチャンのおすすめスポット巡り《自転車で周遊してみた》

2018.01.16
SPONSORED LINKS

バンビエンのブルーラグーン