ワーホリで稼ぐ英語勉強法!オーストラリアやフィリピン留学前おすすめ本!

留学前 英語 準備

巷に溢れるTOEIC関連本や安い英語教材で、失敗経験がある英語初心者だった私が、ワーホリでオーストラリアに訪れてすぐに、高い時給の仕事で稼ぐという成果を得た、とっておきの英語勉強法をご紹介します!

海外の留学生もオススメする英語勉強の定番は?オーストラリアやフィリピン留学前の事前準備に役立つこと間違いなし!

SPONSORED LINKS

1. オーストラリアワーホリ前は英語初心者でした

留学前 英語 勉強法

海外に行きたいけど、英語は苦手という読者の人も少なからずいるでしょう。オーストラリアにワーホリで行こうかどうか考えていた当時の私も、またその一人でした。

やっと、オーストラリアワーホリに旅立つ約半年前くらいから、自宅で英語勉強本を片手に、基本となる中学生英語を復習を兼ねて勉強を始めました。ただ、復習といっても勉強した内容が、とっても新鮮!だったのを記憶しています(えぇ、学生の頃、英語の授業中よく寝てました)。

2. ワーホリ前に英語勉強を始めて半年後の成果は?

ワーホリ前 英語 勉強

ワーホリに行くことを前提に、本格的に英語勉強を始めて半年後、初めて訪れたオーストラリアのシドニー生活を始めました。なんと、渡航後たった3週間目に、シドニーにあるカジノの仕事を手に入れることができたのです!

日本で生活していた時には、想像もできなかったバリバリの英語環境の中で、高い時給と高待遇で働く経験が得られる結果となりました。

時給48ドル!オーストラリアのシドニーにあるカジノで働くと給料ハンパない

2015.05.26

3. ワーホリや留学前のおすすめ英語勉強法(国内編)

ワーホリ前 英語 勉強

英語初心者だった私が、日本国内で行っていた英語勉強方法をご紹介します。先に結論から言うと、日本では、英単語と英文法を集中的に勉強していました。自宅でひとりで勉強できる英単語や英文法は、英語初心者には心理的ハードルも低くて、始めやすいですよね。

ポイント:やはり基礎(文法と単語)はとても重要です(ここを絶対に甘く見てはいけません!)

しかし、どうやってその基礎を勉強するかが、当時の私の一番の悩みだったのです。

後悔しない!正しい英語勉強本の選び方とは?

モチベーションを高めるため、形から入るのが大切とよく言います(私も大賛成派)。しかし、アマゾンで英語の勉強本を検索すると、山のように検索結果が表示され、一体どの本を買えばよいかわかりません。

結局、安い英語本を買って結局読まなくなったり、大して中身がない内容の本に後悔した経験が過去幾度とあります(多くの方にも共感を得られる点?)。

▼ご紹介する英語勉強本を選んだ3つの理由

  1. 私が実際に使用して英語勉強の成功方程式と考える本
  2. 海外の留学生もオススメする定番の英語勉強本
  3. 英語本家イギリスの権威ある出版社「ケンブリッジ出版」が出版する本

これからご紹介する英語勉強本は、驚くことにオーストラリアで出会った海外の留学生(非ネイティブ)も、オススメする英語勉強の定番本でもあるのです。ある意味、世界共通の英語勉強本、その王道といっても過言ではありません。

※TOEIC関連本と答える海外の友人は皆無。TOEIC対策を勉強しているのは日本人と韓国人くらい。

また、英語本家イギリスにある有名な出版社「ケンブリッジ出版」が出版しています。厳密に言うと、イギリス英語ver.アメリカ英語ver.とありますが、英語初心者から中級者までなら気にする必要はないのでご安心を。

【文法編】レベル別オススメ英語勉強本3冊

お薦めするレベルは各人の英語力によるので、まずはご自身に最適な1冊を選んでみてくださいね。

▼レベル1:全くの初級者向けの英文法本(日本語解説)

ケンブリッジ出版が日本語用にアレンジした日本語解説の初級者向け英文法本。
文法の「ぶ」の字もわからない初級者にも安心です。

▼レベル2:上記の初級編をクリアした方のために(日本語解説)。

中学英語は少し覚えているけど、そこまで自信のない方向けの日本語解説による英文法本。日本語で英文法の基礎が身に付きます。

▼レベル3:海外留学生や英語学習者が最もオススメする定番本(英語解説)。

英語ですべて解説される世界で王道の英文法本。やっとここで世界進出のスタートラインに立てます。
実際にシドニーのカジノで働きたいのであれば、この本を最低一度クリアする必要があります。私の愛読書のひとつでもあります。

【単語編】レベル別オススメ英語勉強本3冊

▼レベル1:ほんとに全く英単語を知らない初級者

上記文法編でご紹介したレベル1やレベル2の文法本から英単語もある程度学べるのですが、それでも心配な方はこちら。書店によくある簡単を英語を覚える!と煽るタイトルの英単語本は買わなくていいです。あせらずコツコツいきましょう。

▼レベル2:英語の解説による英語の単語本。

英語で英単語を覚えることができる本です。英語脳を作りたいならピッタリです。英語でモノの名前を認識するクセを手に入れるキッカケになります。

▼レベル3:こちらも世界レベルの定番本。

中級レベルの英単語を英語解説で勉強する本です。ここまでくれば自信がつきます。シドニーのカジノで働きたいなら最低欲しい英語単語レベルです。

▼番外編:ビジネス英単語勉強本(英語解説)

もはやビジネス英語は、ビジネスパーソンや海外就職希望者には必須ですよね。英語で仕事をするときに、とっさに頭から出てこない英単語を少しでも減らすことができます。スマートにビジネスをしたいならオススメです。

ご紹介した本を1日数ページと決めて、コツコツ勉強すればその成果は確かなものになると考えます。
サボリ癖のある私の場合でも、自分に足りない英語力を再認識して、より高いモチベーション(知識欲)を高めれることができました。

4. ワーホリや留学前に英語力を手に入れる投資

留学前 英語 本

ご紹介した英語勉強本は、すべてケンブリッジ出版の本なのですが、海外では知名度も高く、英語の勉強本として定番です。オーストラリアで出会った海外の友人たちも何冊か持っていました。

1冊約3000円の投資は安い?

ご紹介したこれらの本の値段は、1冊約3000円と少し高く感じるかもしれません。正直、私も最初は何冊買おうか悩みました。うーん、とりあえず、文法、単語の1冊ずつにしよかなって感じで。

しかし、先行投資と考えると全く高い値段ではありませんでした。むしろ、とってもお買い得です!

ワーホリ前に先行投資をする理由

ワーホリ前に、英語力習得のために先行投資する理由は、高いリターン(費用対効果が高い)にあります。

なぜなら、実際に私がオーストラリアのカジノで働いた時給は、最低22ドル=約2,000円と日本よりも遥かに高い時給(1豪ドル=95円計算/2015年5月現在)。

つまり、たった1時間ちょいで1冊の本の元が取れてしまうんです。仮に、上記でご紹介した英単語と英文法の本をそれぞれ1冊ずつ、合わせて2冊買ったとしても高くて約6千円。

オーストラリアでわずか3時間働けば、完全に元がとれる計算です。と考えると安いもん。

▼英語勉強本は日本で買っておく!

ご紹介したケンブリッジ出版の本は、世界ブランドなので海外でも購入することができます。しかし、日本で買っておいた方が、断然お得です!

その理由は、物価の高いオーストラリアで、これらの本を書店で買おうとすると、本の値段が倍以上するからです。実際に、シドニー市内にある大型書店で、値札を二度見したのをよく覚えています。

5. ワーホリ前に日本で英語の基本を勉強してないと損する

英語おすすめ教材本ワーホリ留学前勉強方法

自分は日本で勉強しなくても、ワーホリ前に格安フィリピン留学に行くから大丈夫だ!と、とっても大きな余裕がある人いると思います。しかし、最低限の中学生英語の知識をちゃんと勉強していないと、フィリピン留学でも必ず最初のスタートに出遅れます。

その1:金銭面の損

オーストラリアに限らず、カナダやイギリスなど英語圏にワーホリや留学をお考えの方は、日本である程度英語の勉強をしておかないと、訪れた留学先やワーホリ先で、金銭面で損をすると考えます。

例えば、物価の高いオーストラリアの語学学校では、日本で自分で勉強できるような超簡単なレベルの授業内容に対して、残念ながら高額な費用(数十万円)を払ってまで押し寄せる、ワーホリメイカーや留学生が多いのが現実だからです。

その2:環境面の損

せっかく英語圏の国にいて、目の前にいろんなチャンス(ここでは英語力を伸ばす)が転がっているにも関わらず、低い英語レベルの日本人と四六時中ともにしているケースをよく見聞きした経験があります。

狭い日本人コミュニティー環境でワーホリや留学を終えるのは、どこかもったいない。彼らの多くは英語レベルが高くないので、残念ながら不法な低賃金で働く仕事しかできない事例も、現実に少なくありません。事実、オーストラリアの日本人ワーホリによくある典型的な例なのです。

まとめ:ワーホリや留学前の英語勉強はとっても大事!

英語おすすめ教材本ワーホリ留学前勉強方法

ワーホリ前にある程度基礎をシッカリ勉強していないと、ワーホリ中の時間や費やす貴重なお金もムダになります。

その点、英語初心者なら(私もそうでしたが)先行投資として1冊3000円程度の英語勉強本で、ヒマな時間を見つけて自分で勉強した方が、懸命な選択と言えるのではないでしょうか。

ただし、英語勉強本を使った座学だけでは上達しないスピーキングは、フィリピン英語留学やオンライン英会話が、最も費用効果があると考えるのでおすすめです。

格安フィリピン英語留学も含め、オーストラリアや他の英語圏にワーホリや留学へ行く前には、ご紹介した英語勉強本を参考に基礎的な英語を必ず抑えておきましょう。

これから本気で英語勉強したい人が使うべき辞書アプリ2選

2015.07.27

英語学習者必見!英文法アプリ「Murphy's English Grammar in Use」が超絶便利だよ

2016.04.24
SPONSORED LINKS

留学前 英語 準備