海外留学やワーホリ渡航前のバッグ選び!おすすめバッグ紹介

ワーホリ バックパック スーツケース

海外留学をはじめオーストラリアやカナダなどへのワーキングホリデーの渡航前の準備段階の悩みを解決!

肝心の「スーツケースorバックパック」どちらをメインバッグとして長期滞在の荷物を持っていくべきかいいの?と多くの人が悩んでいると思います。

果たして、バックパックもしくはスーツケースの二者択一なのでしょうか!?

その悩みを解決するかもしれない、実際に私がオーストラリアのワーホリで使用していたおすすめのメインバッグをご紹介します!

海外留学やワーホリ渡航前の準備でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

SPONSORED LINKS

海外留学やワーホリにおすすめのバッグは?

留学ワーホリバッグ

オーストラリアやカナダなどワーホリや海外留学で重要なバッグ選び。初歩的なアドバイスとしては、現地での滞在スタイルによってバックの選び方が大きく変わってくるんです。

広大な面積を誇るオーストラリアを例にすれば、各都市を数ヶ月ごとに移動する予定の人、都市部に長く住みたいけど現地で引越も何度かするかもしれない、など滞在スタイルによって荷物の持ってき方を最適化する必要があります。

でも、結局バックパックかキャリーバッグのどちらを選べば良いのかわからないっ!とお悩みの方も少なくないはず。もれなく私自身も、実際にオーストラリアのワーキングホリデーに旅立つ前には、同じようにバッグ選びでちょっと悩みました、、、。

しかし、「あるバッグ」と偶然出会ったことで、その悩みがすぐさま解決されたのです!そこで今回は、私なりに考えるワーホリや海外留学用のメインバッグの選びについて簡単にご紹介したいと思います。

おすすめバッグ1:動きやすい定番のバックパック!フットワーク軽いぜっ!!

ワーホリ バックパック

ご存知の通り世界中を旅するバックパッカーといえば「バックパック」が定番です。ワーホリ中にオーストラリアで出会ったヨーロッパや南米出身の友人もバックパックを多く愛用していました。

また、世界各国の安宿を回って旅しているバックパッカーのなかにはバックパックを前と後ろに2つ背負っている人もいるので、荷物の量が多ければダブルバックパックスタイルも。

▼バックパックのメリット

  • 荷物を背負って移動できるので機動力が高い。でこぼこ道や雨でぬかるんだ悪路でも問題ない。
  • バックパッカーしてる感じにみえる

▼バックパックのデメリット

  • すべての荷物を背負うため、荷物の量によって疲労感がハンパない。50L以上は特に肩に重くのしかかる。
  • それなりの高級ホテルに宿泊する時、ポーターに荷物を運んでもらうのが少し恥ずかしい。

ワーホリや海外旅行で1カ所に長く滞在しないで、各地を転々と移動する計画の人には、バックパックの方が機動力があるのでおすすめです。オーストラリアでラウンドする人は、かさばる冬物の衣類を持たないように移動ルートと時期を考えて移動するのもポイント。

スーツケースをゴロゴロしながら移動したくない人は、タウン用ではなくアウトドア用のバックパックを選んでおけば間違いないでしょう!

詳細:アウトドア用バックパック一覧

おすすめバッグ2:コロコロで楽ちんのスーツケース!

留学 荷物 スーツケース

重たい荷物も楽々と運ぶことのできるスーツケースは、旅行者の人気アイテムです。特に女性は、スーツケースを使用している人が多いのではないでしょうか。バックパックよりもホテルの受付では旅行者らしいイメージを持たれるし。

▼メリット

  • 重い荷物も引っ張ったり転がすだけで運べるので、女性でも楽チン。

▼デメリット

  • バックパックよりも機動性に欠ける。でこぼこ道や雨でぬかるんだ悪路の場合は最悪。
  • 車輪のタイプによっては、移動中ゴロゴロと音がうるさいものもある。

バックパックよりは圧倒的に機動力に欠けますが、各地を頻繁に移動せずに一カ所に長く滞在するスタイルの人には「スーツケース」がおすすめです。

滞在先が都市部中心で、道路がちゃんと舗装されていたり坂道が少ないと条件であれば、移動や引越のときも楽チンです。ただし荷物がたくさん入るからといって、詰め込みすぎるとかなり重くなりがちなので注意が必要。

詳細:スーツケース一覧

おすすめバッグ3:答えはコレっ!!フレキシブルな超おすすめバッグ!

ワーホリ 荷物

キャスター付きなのでスーツケースみたいに使用できて、いざとなったらバックパックにもなるフレキシブルなキャリー付バックパックなんです!

いろんな滞在パターンに柔軟に対応できて、スーツケースかバックパックかの二者択一ではない、ちょうど中間のいいバランス。実際に私がオーストラリアワーホリで使用したのが、ソロツーリストのアブロードキャリーです。

ソロツーリストは日本のメーカーで、キャリーバッグにありがちな車輪の部分がすぐ壊れるといった点を改善。頑丈に強化された壊れにくい作りになっています。

詳細:[ソロツーリスト] Solo-Tourist アブロードキャリー57 ブラック AC-57 BK (ブラック)

ワーホリ 荷物

バックパックにもなるようにストラップが収納されている点に加え、腰のベルトストラップもあります。腰のベルトストラップの有無で、重い荷物を運ぶときの疲労軽減に大きな差が生まれるので重要ポイント。

ちなみに、サイズ違いで43Lの機内持ち込み可能なタイプもあります。空港での荷物受け取り時間を短縮したい人や、足りないものは現地調達でなんとかするぜっ!とサバイバル力の高い人、荷物が少ないミニマリストには激しくおすすめです。

ちなみに、個人的なオーストラリアワーホリ中の体験談としては、スーパーマーケットでの買い物にもかなり重宝しました!滞在先のシェアハウスからスーパーまでは徒歩圏内でしたが、大量の食材や飲み物を購入した後にはキャリーを引きながらを運べたのでスゴく楽でした(※57Lサイズだとビール箱買いでもOK)。

詳細:ソロ・ツーリストのキャリー付バックパック一覧

おすすめバッグ番外:あると便利なサブバッグはコンパクトがキーワード

ワーホリ バッグ 荷物

メインのバックに軽量で小さく折り畳めることができるバッグを1つでも忍ばせておくと便利。ちょっとした買い物やビーチへ出かけるときなど、活用方法は様々なのできっと重宝するでしょう。

世界中を飛び回るクリエイター・高城剛さんもサブバックは小さく折り畳めるソロツーリストのポケットデイバッグを使用しているそうです。極端に荷物を減らしたい人は、高城さんのパッキング術を参考にしてみるといいかも。

まとめ:海外留学ワーホリにはキャリー付バックパックがおすすめ!

ワーホリ 荷物 オーストラリア

ワーホリや海外留学前に悩んでしまうメインのバック選び。渡航前に計画をしていても、特にワーホリの場合は現地に行ってみないと長期間一カ所に滞在するか、移動を頻繁にするか正直わからないからです。

アドバイスとしては「スーツケースよりはバックパック、バックパックよりはキャリー付バックパック」を、メインバッグとしておすすめします(※あくまで個人的な見解です)。

空港や街中などは、スーツケースみたく使用して楽に荷物を運べて、階段の多い場所や悪路の場合は、バックパックタイプに変身させることができるので、ハイブリッドなバッグといったところでしょうか。

もちろん出来る限り荷物は少なくするのも、重要なポイントです。渡航前の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

留学ワーホリ出発前に!海外旅行保険付きクレジットカード準備する理由

2015.12.03
SPONSORED LINKS

ワーホリ バックパック スーツケース