時給48ドル!オーストラリアのシドニーにあるカジノで働くと給料ハンパない

オーストラリア カジノ 仕事 ワーホリ

オーストラリアでワーキングホリデーを計画中の人や、いま現在オーストラリアで絶賛ワーホリエンジョイ中の人は必見!

ワーホリメイカーが気になって仕方がない現地の仕事や給料が今回のテーマ!

日本では考えられない高時給に驚くなかれ、オーストラリア・シドニーにあるカジノで働いた私の体験談をもとに時給や待遇などをご紹介します!

海外で働く経験をしてみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

SPONSORED LINKS

1. シドニーのカジノ初勤務日は大晦日だった(ワーホリ初仕事)

オーストラリアワーホリ時給仕事給料シドニーカジノ

Photo: David Clare, First Light Photography / Courtesy City of Sydney

ワーホリで訪れたオーストラリアで、海外初仕事となったカジノでの仕事。思いがけない場所で運良く働くことができたのはとってもラッキーでした。

まずは当時の初出勤日の状況と仕事内容を簡単にご紹介したいと思います。※2014年に約半年間働いていた当時の情報なのであしからず。

その1:ワーホリ初仕事!カジノの初出勤日は大晦日でした。

なんと、ワーホリ初仕事の初出勤日がなんと12月31日の大晦日から1月1日の朝まで。つまり、カジノで年越し!だったのです。

ワーホリでオーストラリアを訪れる前から、シドニー名物のカウントダウン花火を楽しみにしていましたが、もちろんバッチリ見逃しました。

※シドニー名物:国際観光都市であるシドニーの12月31日の大晦日から1月1日にかけて催される、ニューイヤーの年越しカウントダウン花火『Sydney New Years Eve』は、大規模で美しいと世界的にも有名。

その2:カジノでの仕事ポジションとその内容は?

オーストラリアワーホリ時給仕事給料シドニーカジノ

Photo credit / The Star Facebook

海外で初めて働く仕事と同時にオーストラリアワーホリ初仕事の初出勤日は、カジノの中にあるスポーツバーに配属され「BAR PORTER(バーのアシスタント)」として働きました。

散らかったテーブルの上を片付けたり、お酒や飲み物を補充したり、グラスを片付けたり。お客と談話したりなど、鼻歌を歌いながらできる簡単な仕事内容と思いきや、かなりの体力勝負でした!

仕事の姿勢がマネージャーに好評だったのか、スポーツバーでの仕事は初出勤日だけではなく、その後たびたび働くことになったポジションの1つ。

他にもカジノでスロットやゲームをしているお客に対して、フリードリンクを提供したりやお酒を販売するウェイターのようなポジションなど、カジノのある「THE STAR」では様々なところで働く経験ができました。

2. シドニーのカジノで働いた時の給料は?

オーストラリアワーホリ時給仕事給料シドニーカジノ

Photo credit / The Star Facebook

ちなみに、私の雇用形態としてはカジノを運営している企業の直接雇用ではなく、ジョブエージェントに所属して得た仕事(日本で言う派遣スタッフ?)でした。

もし、直接雇用なら更に時給がアップしていた可能性は否めません。恐るべしオーストラリア、、、。

(2014年情報:時給・豪ドル表記・税引き前)

時給その1:平日の場合(月〜金曜日)

平日でも時給は20ドルオーバーが基本で、夜に働く場合はちゃんと手当が付くのがうれしいところ。

  • 平日の朝昼:約22ドル
  • 平日夜19時以降:約24ドル(ペナルティ10%手当が付いて少し高め)
  • 平日夜23時以降:約25ドル(ペナルティ15%手当が付いて更に少し高め)

時給その2:週末の場合(土・日曜日)

なんと!週末は更に時給がアップします!これはオーストラリアの労働法でシッカリと定められています。

  • 土曜日:約27ドル
  • 日曜日:約31ドル

時給その3:祝日の場合(NSW州の祝日)

驚くなかれ、祝日はもっと時給がアップします!これぞっ、オーストラリアワーホリの醍醐味でありローカルジョブの神髄なのです!

  • 祝日:約48ドル!(初勤務の時給がこの金額でしたっ!)

1豪ドル=95円で計算した場合、なんと時給が約4560円!もっとも更に高い時給の仕事なんてザラにあります。だって、ウェイターのポジションのこの金額なんですから。

詳細:オーストラリアの労働法における最低賃金や週末の賃金に関する情報について、オーストラリア政府のホームページごから詳細が確認できます。

3. 眠らない24時間営業のカジノで働く勤務時間は?

オーストラリアワーホリ時給仕事給料シドニーカジノ

Photo credit / The Star Facebook

シドニーのカジノって朝から晩までというか24時間営業なんです。その24時間営業で眠ることを知らないカジノで働いたときの勤務時間についてご紹介します。

その1:基本的8時間勤務(ホワイト企業!)

オーストラリアでは一般的に8時間勤務が原則で、カジノで働いていたときも同様でした。日本でサラリーマンしていたことには考えられなかった残業は基本的に一切ありませんでした。

▼残業が発生したときは?

イベントなどで超忙しい日には、マネージャーから他のポジションへのヘルプとして、残業をお願いされることもありました。もちろん日本のようなサービス残業という概念はさらさらありません。

オーストラリアでは働いた分だけシッカリと時給が発生して給料アップに繋がりました!

その2:シフト制(カジノが24時間営業なので)

何と言ってもカジノは24時間営業!シフト制で朝、昼、夜、深夜の勤務体制。語学学校の授業が終わってから働きたい留学生にもピッタリのシフト制でした。

ちなみに、カジノで働いていた同僚には語学学校や他の教育機関の学生もいましたが、日本人ワーホリや学生は当時1人もいませんでした。

その3:カジノ仕事での勤務頻度は?

カジノで働くスタイルは、フルタイムジョブではなくエージェント雇用の派遣スタッフ(カジュアルジョブ)でしたが、基本的に週4日〜6日程度は働いていました。

所属していたジョブエージェントから、カジノがある施設の他ポジションのシフトを与えられることもあり、忙しい時には週7日勤務もありました。

カジノは24時間営業!深夜勤務シフトも相まって、たまに不規則な生活になりやすいです。ジョブエージェントから別の場所で働く仕事のオファーもあって、掛け持ちでダブルジョブしていた時もあったのですが、さすがに体力勝負でした(汗)

4. カジノで働いた場合の給料日は?

オーストラリアワーホリ時給仕事給料シドニーカジノ

Photo credit / The Star Facebook

日本は月給制が基本ですが、オーストラリアでは企業によって月給、2週間に1回、毎週の給料日だったりします。

その1:基本毎週払い

所属していたジョブエージェントから支払われるのですが、基本的に毎週入金がありました。週単位で1週間の内に働いた分が翌週の決った曜日に、ジョブエージェントから毎週、銀行口座へ振り込まれる仕組み。

毎週銀行口座へ着金があると資金繰りには困りませんね。散財しないよう注意が必要です。

その2:ボーナスも?!

さすがに、所属していたエージェントからボーナスは出ないのですが、やはりカジノならでは毎回働くと「チップ」がもらえました。海外の文化の良い点の1つですね!

ちなみに、当時もらったチップは「全額すべて」自分の懐へ直行だったのも良い環境でした。

レストランやバーなど働く場所や仕事によっては、チップをスタッフ全員でシェアしたり、気の毒にも店に全額没収されたりするところもあるようです。

ウェイターとして質の良いサービスを提供しても、チップを没収されるとたまりませんね。

チップ1日300ドル?ワーホリでオーストラリアのカジノで稼ぐチップ収入事情

2015.05.27

まとめ:オーストラリアのローカルジョブで働こう!

オーストラリアワーホリ時給仕事給料シドニーカジノ

Photo Credit Duy Phan / The Star facebook

日本で同業種の仕事で働いた場合と比べても、遥かに時給が高いメリットが、オーストラリアにあります。あくまで、私自身がオーストラリアのワーホリで働いていた労働環境の例です。

  • 時給:約22ドル〜31ドル(祝日:約48ドル)
  • フルタイムジョブではなくカジュアルジョブ(エージェント所属※派遣スタッフ)

上記の時給で働けるのであれば、オーストラリアでワーホリを検討している人や現在ワーホリ中の人でも、十分納得できるのではないでしょうか。

もちろん、スキルや専門性がある職種につけば、カジュアルジョブといえど時給はその倍近い(時給40ドル以上)仕事はザラにあります。

オーストラリアにはカジノに限らず高い時給で働くチャンスがご紹介した沢山あるので、是非チャレンジしてみてくださいね。

シドニーのカジノで働く前に!RSAとRCGで資格武装する方法

2015.05.26

留学ワーホリ出発前に!海外旅行保険付きクレジットカード準備する理由

2015.12.03
SPONSORED LINKS

オーストラリア カジノ 仕事 ワーホリ