【直行便】セブからエルニドまで片道2時間内!エアスイフト新航路

エルニド直行便

フィリピンのパラワン島北部に位置する小さな「エルニド(Nl Nido)村」が、近年世界中の旅行者の注目を浴びています。

今回は新しく運行開始したフィリピンのセブ島とエルニドを結ぶ『直行便』を運行する航空会社についてご紹介します!

フィリピン最後のフロンティアと呼ばれるほど、国内屈指の美しい自然が残るスポットに行く方法として、従来の行き方よりも、格段に便利に!

セブ⇔エルニド間の直行便を活用して、快適に旅行したい人はぜひ参考にしてみてください。

SPONSORED LINKS

フィリピンセブ島〜エルニド間の直行便をAirSWIFTが運行開始!

エルニドセブ航空券

2015年末に航空界社AirSWIFT(エアスイフト:旧名はITI Air)が、フィリピンのセブ島(セブ・マクタン空港)からパラワン島のエルニド(エルニド空港)間で、直行便の運行を開始しました!

パラワン島のエルニド(El Nido)と言えば、フィリピン西部にあるパラワン島北部に位置し、フィリピン最後の秘境と呼ばれるほど美しい海が残る場所として、世界的にも有名な旅行先になっています。アイランドホッピング、シュノーケリングやダイビングなど、マリンアクティビティをするには、フィリピン屈指の場所。

これまで、セブ島からエルニドまで直行便(飛行機)がなかったので、AirSWIFT(エアスイフト)の新航路は、セブ在住の人やセブを訪れている旅行者には画期的な航路となったといえます。

セブからエルニドまで2通りの行き方

エルニド直行便

セブからエルニドまでの行き方は、2通りの方法があります。従来からの一般的な行き方(プエルトプリンセサ経由)と、AirSWIFT(エアスイフト)直行便。それぞれ移動時間を簡単に比較してみると、以下の通りとなります。

▼その1:プエルトプリンセサ経由の一般的な行き方

そんなパラワン島のエルニドですが、従来よりセブ島からエルニドまで行くには、一般的ににパラワン島の最大の街プエルト・プリンセサを経由して、バスで長距離移動(5〜6時間)が必要となります。

  • セブからプエルトプリンセサまでフライト(約1時間15分)
  • プエルトプリンセサからエルニドまでバス移動(約5〜6時間)

セブからエルニドに到着するまでには、結構な移動時間がかかるのですが、それも旅の醍醐味とも言えます。

▼その2:『AirSWIFT(エアスイフト)の直行便』を利用する場合

AirSWIFT社の直行便を利用すれば、セブ〜エルニド間の所要時間が、片道1時間40分程度。時間短縮にも繋がり、移動が便利になるのは明らか。いまのところ同区間(セブ⇔エルニド間)は1日1便運行で、フライトスケジュールは以下の通りです(2016年2月情報)。

  • セブ(CEB)15:15発 ⇒ エルニド(ENI)16:58着
  • エルニド(ENI)12:55発 ⇒ セブ(CEB)14:35着

AirSWIFT社は、マニラ⇔エルニド間も運行していて、日程に寄りますがセブ⇔エルニド間よりも多く、1日4便ほど運行しています。

気になるセブ⇔エルニド間の航空券(直行便)の料金は?

AirSWIFTが運行を開始した直後の2015年12月末までは、プロモーションで半額セール価格を提供していましたが、通常の同区間のフライト料金は、以下の価格設定ようです(2016年2月情報)。

  • セブ⇔エルニド:片道6300ペソ〜
  • マニラ⇔エルニド:片道6300ペソ〜

1ペソ=約2.5円換算だと、片道約15750円〜となるので、セブからパラワン島のプエルトプリンセサ経由よりも、交通費としては値段は高くなります。ただ、旅行日程が限られている場合や、利便性を考えれば、決して高くない料金でしょう。時間を買いたい人向け(?)で、お金を節約したい人には向かないかもですが。

▼航空券の購入はオンライン予約可能

上記の航空券は、AirSWIFTのウェブサイトからオンラインで予約・購入ができます。ちなみに、ウェブサイトが日本語対応していないので、英語になります。

エアスイフトairswift航空券

支払い方法は、カード決済でMasterCard、Visa、American Express、JCBに加え、Debit Cardsも可能とのこと(2016年2月情報)。

詳細:AirSWIFT – Fly With Friends

まとめ:AirSWIFTの直行便でセブからエルニドまでの移動が便利に!

エルニドセブ航空券

Credit : Anna Aero

ご紹介した航空会社AirSWIFT(旧:ITI Air社)は、フィリピン首都マニラからエルニドまで直行便を運行していたのですが、セブ〜エルニド間の直行便は、これまでなかったため、エルニドまでの利便性が大きく高まりました(※個人的には、セブ・パシフィック航空も同区間を運行して、市場競争原理を働かせてほしい)。

日本からも比較的アクセスが良く、東南アジアのリゾート地として有名なフィリピンのセブ島ですが、パラワン島のエルニドは、フィリピン最後のフロンティアと呼ばれるほど、さらにその上のレベルをいく美しい場所。フィリピンを訪れる人は、ぜひ一度訪れてみたいスポットなので、チャンスのある場合はお見逃しなく!

エルニドの人気リゾートホテルを探す>>>

【お得な割引料金】秘境エルニドのリゾートホテルに格安で泊まりたい!旅行前におすすめの海外ホテル予約サイトを要チェック!

アゴダ

Hotels.com

エクスペディア

限定セールやプロモ割引の料金比較をしてお得なホテル予約が損しない旅行術。

SPONSORED LINKS

エルニド直行便