【直行便】セブからエルニドまで片道2時間内!エアスイフト新航路

エルニド直行便

フィリピンのパラワン島北部に位置する小さな「エルニド(Nl Nido)村」が、近年世界中の旅行者の注目を浴びています。

今回は新しく運行開始したフィリピンのセブ島とエルニドを結ぶ『直行便』を運行する航空会社についてご紹介します!

フィリピン最後のフロンティアと呼ばれるほど、国内屈指の美しい自然が残るスポットに行く方法として、従来の行き方よりも、格段に便利に!

セブ⇔エルニド間の直行便を活用して、快適に旅行したい人はぜひ参考にしてみてください。

SPONSORED LINKS

フィリピンセブ島〜エルニド間の直行便を「AirSWIFT」が運行開始

エルニドセブ航空券

2015年末、航空界社「AirSWIFT(エアスイフト:旧名はITI Air)」が、フィリピン・セブ島(マクタンセブ空港)からパラワン島のエルニド(エルニド空港)間を結ぶ「直行便」の運行を開始しました!

パラワン島のエルニド(El Nido)と言えば、フィリピン西部にあるパラワン島北部に位置し、フィリピン最後の秘境と呼ばれるほど美しい海が残る場所

アイランドホッピング、シュノーケリングやダイビングなど、マリンアクティビティをするには、フィリピン屈指の旅行先で、いまや世界的にも有名なスポットになっています。

これまで、「セブ島〜エルニド間」の直行便(飛行機)がありませんでした。

AirSWIFT(エアスイフト)の新航路は、セブ在住の人やセブを訪れている旅行者には、画期的な航路となったといえます。

セブ島からエルニドまでの行き方2通り

エルニド直行便

セブ島からエルニドまでの行き方は、2通りの方法があります。

  1. パラワン島プエルトプリンセサ経由の一般的な行き方
  2. AirSWIFT(エアスイフト)直行便

それぞれ移動時間を簡単に比較してみると、以下の通りとなります。

その1:プエルトプリンセサ経由の一般的な行き方

従来より、一般的にセブ島からエルニドまで行くには、パラワン島の最大の街「プエルト・プリンセサ」を経由して目指す方法があります。

ただし、バスで長距離移動(5〜6時間)が必要です。

  • セブ〜プエルトプリンセサまで「飛行機」で移動(約1時間15分)
  • プエルトプリンセサ〜エルニドまで「バス」で移動(約5〜6時間)

セブからエルニドに到着するまでには、結構な移動時間がかかるのですが、それも旅の醍醐味とも言えます。

その2:『AirSWIFT(エアスイフト)の直行便』を利用する場合

エアスイフト(AirSWIFT社)の直行便を利用すれば、セブ〜エルニド間の所要時間が、片道1時間40分程度。時間短縮にも繋がり、移動が便利になるのは明らかです。

同区間(セブ⇔エルニド間)は1日1便運行で、フライトスケジュールは以下の通りです(2016年2月情報)。

  • セブ(CEB)15:15発 ⇒ エルニド(ENI)16:58着
  • エルニド(ENI)12:55発 ⇒ セブ(CEB)14:35着

エアスイフト(AirSWIFT社)は、「マニラ⇔エルニド間」も同様に運行しています。

「セブ⇔エルニド間」よりも便数が多く、日程に寄りますが1日4便ほど運行しています。

気になるセブ⇔エルニド間の航空券(直行便)の料金は?

AirSWIFTが運行を開始した直後の2015年12月末までは、プロモーションで半額セール価格を提供していました。

通常の同区間のフライト料金は、以下の価格設定ようです(2016年2月情報)。

  • セブ⇔エルニド:片道6300ペソ〜
  • マニラ⇔エルニド:片道6300ペソ〜

1ペソ=約2.5円換算だと、片道約15750円〜となります(日程によって更に安い航空券あり!)。

セブからパラワン島のプエルトプリンセサ経由よりも、もちろん交通費は高くなります。

ただ、旅行日程が限られている場合や、利便性を考えれば、決して高くない料金でしょう。時間を買いたい人向け(?)なので、お金を節約したい人には向かないかもですが。

エアスイフト航空券購入はオンライン予約可能

航空券は、エアスイフト(AirSWIFT)のウェブサイトからオンラインで予約・購入ができます。

ちなみに、ウェブサイトが日本語対応していないので「英語」表記になります。

エアスイフトairswift航空券

支払い方法は、カード決済でクレジッドカードブランド「MasterCard」「Visa」「American Express」「JCB」に加え、「デビットカード(Debit Cards)」も可能とのこと(2016年2月情報)。

詳細:AirSWIFT – Fly With Friends

まとめ:AirSWIFTの直行便でセブからエルニドまでの移動が便利に!

エルニドセブ航空券

Credit : Anna Aero

ご紹介したエアスイフト社(AirSWIFT:旧名ITI Air)は、これまでフィリピン首都マニラ〜エルニド間の直行便を運行していましたが、新しく「セブ〜エルニド間」の直行便ができたことで、エルニドまでの利便性が大きく高まりました!

個人的には、セブ・パシフィック航空も同区間を運行して、市場競争原理を働かせてほしい、、、。

リゾート地として有名なフィリピンのセブ島ですが、パラワン島の「エルニド(El Nido)」は、フィリピン最後のフロンティアと呼ばれるほど、さらにその上のレベルをいく美しい場所。

フィリピンを訪れる人は、ぜひ一度訪れてみたいスポットなので、チャンスのある場合はお見逃しなく!

【おすすめ海外ホテル予約サイト】

「パラワン島エルニドの人気リゾートホテル」の格安料金を比較、各予約サイトの会員特典を活用してお得にを予約するべし!

アゴダ(Agoda)公式サイト

特長:予約すると提携企業のマイルやポイントが貯まる特典プログラム【ポイントマックス】

ホテルズドットコム(Hotels.com)公式サイト

特長:通算10泊すると必ず1泊無料になる会員リワード特典プログラム【Hotels.com™ Rewards】

エクスペティア(Expedia)公式サイト

特長:航空券とホテルを同時予約すると最大ホテル代全額OFF【AIR+割(エアプラス割)】

 【海外旅行中もネットが使いたいなら海外WiFiレンタルが便利!】

イモトのWiFi」公式サイトをみる

海外WiFiレンタルのグローバルWiFi」公式サイトをみる

SPONSORED LINKS

エルニド直行便