ドローン女子必見!旅行先で空撮してみたいミニサイズのドローン3選

ドローン女子旅行

「旅行にドローンを持っていって空撮してみたいっ!でもデカいのはイヤ。」

「一体、どのドローンが旅行にピッタリなの?バッグの中に忍ばせて持っていけるサイズがいいっ!」

海外旅行系のYouTubeやインスタなどのSNSでは、いまやドローンで空撮した動画や写真を見つけれない日はない!ってくらい、一般的になってきているドローンの存在。

映画やテレビ用の本格的な映像を求めるプロだけがドローンで空撮しているわけではなく、アマチュアというか普通の人でもドローン撮影が気軽にできるようになってます。

しかも、どんどんお手頃な値段で、それなりのクオリティのドローンが発売されるようになってきている今が、ドローンデビューするチャンスかも!?

そこで今回は、旅行にも持っていきたくなるようなおすすめのミニドローンをご紹介したいと思います!

ドローン女子にも気軽になれる?! 軽くて小さなかわいいドローンなので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

旅行に持っていきたいミニサイズのおすすめドローン

旅行に持っていきたいミニサイズのおすすめドローン

やっぱり旅行に持っていくなら、荷物にならない小さいサイズ+軽いドローンは、女性に限らず男性にもおすすめ。

ドローン業界でよく売れてるDJI社のPHANTOM(ファントム)シリーズは、空撮のクオリティはよろしいのですが、ドローン本体やコントローラーが、デカいことでも知られています。

業務用ドローンよりは、はるかに小さい機体のですが、ちょっと抵抗がありますよね。

ミニドローンを選ぶ理由:小さく軽い+ハイクオリティ

ドローンマニアならともかく、もっと気軽にドローンで空撮したいって人なら、小さな機体とそれなりのハイクオリティで撮影ができれば十分(4Kでの撮影ばっかりじゃなくHDクオリティでOK)。

海外旅行に持っていくなら「軽い」のもポイントで、飛行機で移動するとき手荷物だけで済ませたいトラベラーは、やっぱり重さも重要です。

Appleのノートパソコン「Macbook」の本体が、1キログラムをきる920グラムなので、それよりも軽いドローンであることが、今回選んだ(勝手な)基準の一つでもあります。

たらたらと前置きはこの辺で終わりにして、ここからおすすめのミニドローンをご紹介していきます!

おすすめドローン1:DJI社「SPARK(スパーク)」

まずは、このドローンの紹介動画(2分56秒)がこちら。

世界のドローン市場で圧倒的な人気を誇るDJI社が、2017年5月に発表した新作ミニドローン「SPARK(スパーク)」。

ドローンの本体サイズは、なんとiPad mini並みの大きさ!←片手サイズってこと(大きさ:縦143mm×横143mm×高さ55 mm)。

実物の本体を見てなくても、iPad miniにプロペラが付いていることを想像すれば、どのくらい小さいドローンなのかわかるはず。

写真(最大サイズ3968×2976)や動画(FHD: 1920×1080)が撮影できて、各制御機能も優れた新しいミニドローンです。

そして、気になるその重さは「300グラム!」という驚きの軽さなので、旅行バッグに入れても負担はかなり少ないですよね。

とっておきは、手を振ったり縦や横にかざすだけで、飛行や撮影をコントロールできる、まるで魔法のようなドローン!

このSPARK(スパーク)は、かなり面白いので、ぜひ手に入れておきたいところ。

⇒DJI公式サイトでSPARKを見てみる

⇒アマゾンでSPARKを探してみる

おすすめドローン2:ZEROTECH社「DOBBY(ドビー)」

次に紹介するドローンの紹介動画(1分18秒)がこちら。

手のひらサイズのミニドローンといえば、ZEROTECH社の「DOBBY(ドビー)」も注目です。前述のDJI社「SPARK(スパーク)」に先駆けて、このサイズ感が売りのミニドローンとして有名。

なんと、その重さは「199グラム!!」とiPhone並に軽い重さ!ちなみに比較すると、iPhone7S(188グラム)やiPhone6S(192グラム)です。

200グラム以下なので、日本の航空法の基準の制限がちょっと少なくなるのも特徴。200グラム以上の機体は、都内では基本的に飛ばせません。

また、プロペラの部分がドローン本体内へ収納できるので、DOBBY(ドビー)本体サイズは縦135mm×横67mm×高さ36.8mmとすごく小さくなります。

もはや、ポケットに入れて持ち歩けるレベルのポケットドローンです。

⇒アマゾンでDOBBY(ドビー)を探してみる

おすすめドローン3:DJI社「Mavic Pro(マビックプロ)」

最後にご紹介するドローンの紹介動画(1分14秒)はこちら。

前述の2つのドローンよりも大きさや重さは増すのですが、DJI社の人気ドローン「PHANTOM(ファントム)シリーズ」よりも、もっと小さくなった同社の「Mavic Pro (マビックプロ)」です。

アマチュアでもハイクオリティな空撮ができるドローンといえば、PHANTOM(ファントム)シリーズが有名ですが、あの大きさが難点で、、、持ち運びも不便な理由から、手が出なかった人も多いはず。

高機能でコンパクトな機体の「Mavic Pro」は、クオリティの高い空撮(動画撮影)がしたい人にはおすすめ。

重さは743グラムで(Macbookよりも軽い)、プロペラ部分を折りたたんだサイズは、縦198mm×横83mm×高さ83mmとスニーカー片足分くらいの大きさ。

納得できる画質で、ちょっと本格的な動画撮影(空撮)をしたい人は、これかも。

⇒DJI公式サイトでMavic Proを見てみる

⇒アマゾンでMavic Proを探してみる

海外旅行は各国のドローン規制法を事前にチェック!

日本だと都会でドローンを飛ばすのは、基本的にアウトだけど、地方だとドローンを飛ばせる場所がたくさんあります。

そんな感じで、海外でも国によってドローンに対する規制(レギュレーション)がバラバラなんです。

インドのように一般人がドローン飛ばすことを禁止している国もあるので、海外の場合は各国の大使館に問い合わせるなど、事前に渡航予定の国のドローン情報を調べておきましょうね。

ドローンやアクセサリー買うなら海外通販も

海外通販サイトのセール期間や割引クーポンを適応すると、日本国内で買うよりも格安でドローンを買うこともできます!

国内で取り扱ってない商品も豊富なので、ぜひチェックしてみてくださいね!

【Surehobby】ドローンFRV専門のシュアホビーで海外通販してみた《DJI部品パーツ購入体験・評判》

2017.11.28

【TOMTOP】海外通販トムトップでドローンやガジェット商品をお得に購入する方法

2017.06.19
SPONSORED LINKS

海外旅行おすすめのドローン