トラベル世代が持っておきたいお得な国内ネット銀行3選

drone-backpack-money

海外留学やワーホリ、旅行で海外へ行くことの多いトラベル世代が、ネット銀行口座を複数持つ秘訣。

海外でも便利なVISAデビット機能、海外旅行傷害保険の自動付帯、お得な振込手数料など、メリットが盛りだくさんの国内ネット銀行をご紹介します!

長期的にみてもお得なネット銀行を活用しない理由は見当たりません。ご利用はお早めに、お見逃しなく!

SPONSORED LINKS

1. トラベル世代におすすめの国内ネット銀行

ネット銀行海外ATMカード旅行ワーホリ留学おすすめ海外送金

トラベル世代の私が、日本国内で利用しているオススメのネット銀行をご紹介します!

日本国内にいるときの普段使いの銀行としてはもちろんのこと、海外にいる時にもご紹介するネット銀行を使って日本で必要な振込をしています(ここ大事かも)。

トラベル世代にとってインターネットを使った賢くてスマートなお金の管理術は、必須スキル。

国内ネット銀行オススメの理由は?

▼とにかく手数料が安い

まず、ネット銀行の各種手数料が安さ!その理由は、実店舗を持っていないので、運営コストに余計な費用がかからない分、各種手数料が安く設定されています。

塵も積もれば山となる、というコトワザがありますが、まさにその通り!年間の振込手数料などを合計してみると、その差は歴然です。

私も過去には、国内大手銀行を利用していましたが、その振込手数料のコストがネックとなって、ご紹介するネット銀行へ乗り移った経緯があります。

▼海外にいても24時間ネット利用できるので便利

わざわざ銀行へ出向かなくても、ネットがあればいつもでどこでも24時間利用できます。

私の場合、海外にいることも多いので、日本で必要な支払いをネット銀行を利用して済ませています。

日本の仕事で忙しいビジネスパーソンで、平日に銀行に行く時間がないという方にもピッタリ!PCに限らずスマホからも使えるので、トラベル世代にとっては利用する銀行の必須条件です。

2. 銀行口座を複数持つ秘訣

ネット銀行海外ATMカード旅行ワーホリ留学おすすめ海外送金

銀行口座を複数持つ秘訣は、お金持ちになる方法のテクニックとしてよく耳にします。銀行口座を複数持つとは、各口座によって使用用途を分けて利用するということです。

例えば、生活費用、貯金用、投資用(自己投資含む)など。

給料や収入が入るとすぐにお金を使ってしまい、給料日前には財布の中の資金繰りがカツカツになる状況は、多くの方に心当たりがあると思います。恥ずかしながら、以前の私もお金の管理能力がありませんでした。

しかし、複数の銀行口座を持っておくことで、お金の使用用途の管理や貯金もしやすくなります。トラベル世代であれば、旅行費用のための口座を、貯金用とは別に持っておくと良いでしょう。

ちなみに、私も用途別に複数の銀行口座を管理しています。

3. おすすめ国内ネット銀行3選+a

おすすめ銀行1:住信SBIネット銀行

ネット銀行海外ATMカード旅行ワーホリ留学おすすめ海外送金

▼ポイント1:国内利用での振込手数料(他行宛て振込も)が「最大毎月15回まで無料」!

振込をする際に同じ銀行ならともかく、他の銀行への振込手数料は正直馬鹿になりません。年間を通して考えると、毎回他校宛て振込手数料を支払うのは、かなり損をしている気分になります。

しかし、住信SBIネット銀行なら、国内のどこの銀行に振り込んでも、ランクに応じて毎月最大15回まで無料というのが大きなポイントです。

▼ポイント2:ATM手数料無料(セブン銀行、イオン銀行は月何回ATM利用しても無料)

ATM手数料の点で、セブン銀行、イオン銀行は月何回ATM利用しても手数料無料。ゆうちょ銀行、イーネット、ローソンATMは、ランクに応じて合計で月最大15回まで引き出し無料となっています。

▼ポイント3:キャッシュカードとVISAデビットカードが一体化で便利!

sbiネット銀行 デビットカード

キャッシュカードにVISAデビット機能がついているので、デビットカードとしてネットショッピングなどの買い物の支払いにも利用することができます。

ネットバンキング+キャッシュカードにデビット機能がついたカードを発行する銀行を選ぶのは、もう当然。

おすすめ銀行2:ジャパンネット銀行

私的な感想ですが、私が日本で最もよく利用している住信SBIネット銀行は、長期的にみても利用するだけの価値は、確実にあると考えます。

ネット銀行海外ATMカード旅行ワーホリ留学おすすめ海外送金

▼ポイント1:国内利用の振込手数料の安さ

住信SBIネット銀行のように毎月の無料振込特典はありませんが、それでも他の銀行への振込手数料は、大手銀行に比べ破格の安さです。以下、税込みの振込手数料の内訳となります(2015年5月情報)。

振込金額 ジャパンネット銀行宛の場合 他金融機関宛の場合
3万円以下 54円 172円
3万円以上 54円 270円

▼ポイント2:トークンと呼ばれる暗号システム付き

トークンという一定時間ごとに異なるパスワードが表示される暗号システムを導入しているため、ネットバンキングを利用するセキュリティの高さがポイントです。

口座開設時に、無料でカード一緒に同封されて届けてくれます。ネット詐欺などのセキュリティー対策としても安心です。

▼ポイント3:VISAデビット機能付きキャッシュカード(入会費や年会費:無料)

ジャパンネット銀行 デビットカード

うれしいことにキャッシュカードにVISAデビット機能が付いているので、ネットショッピングはもとより、海外でもVISAが提携されている場所でのショッピングやATMの利用も可能です。

▼ポイント4:毎月初回の提携ATM出金と入金の手数料無料

住信SBIネット銀行には劣りますが金額に関わらず、毎月初回の提携ATMからの入金出金ともに、それぞれ1回ずつ手数料無料(2回目以降も3万円以上なら無料)。

ATM

2回目以降の振込 / 引き出し(出入金手数料)

セブン銀行
イーネット
ローソンATM
三井住友銀行

3万円以上:無料
3万円未満:税込み162円

ゆうちょ

3万円以上:無料
3万円未満:税込み324円

日本初のネット銀行でもあり、ヤフーショッピングやヤフオクをする人にとっては大人気のネット銀行。VISAデビット機能があるのでネットショッピングにも大活躍。

おすすめ銀行3:スルガ銀行ANA支店

ネット銀行海外ATMカード旅行ワーホリ留学おすすめ海外送金

▼ポイント1:各種利用によってマイルが貯まる

ネットバンキングの振込手数料はこれといって特筆する点はないのですが、旅行が多い方にはうれしい各種利用によってマイルが貯まるメリットがあります。

クレジットカードなどの自動振替、給与振込の指定口座にしているだけで、毎月の取引に応じてマイルが貯まっていきます!

▼ポイント2:海外旅行保険付きVISAデビットカード(入会費や年会費:無料)

ana デビットカード 海外旅行保険

VISAデビットとしても利用できるキャッシュカードには、なんと海外旅行傷害保険付き(自動付帯)!クレジットカード(海外保険付き)を持っていない人も、簡単な審査で手にすることができるんです。

海外旅行傷害保険(自動付帯)の内訳は以下の通りとなります。

海外旅行傷害保険内容
傷害:死亡後遺障害 1000万
傷害:治療費用 100万
疾病:治療費用 100万
携帯品 10万
賠償責任 1000万
救援者費用 150万

注目:国内旅行費用をVISAデビット機能で支払うと、国内旅行傷害保険の対象にもなるんです!

詳細:マイレージ攻略本も絶賛!マイルが貯まるANA支店

番外編:新生銀行(海外送金受取におすすめ!)

ネット銀行海外ATMカード旅行ワーホリ留学おすすめ海外送金

番外編としてネット専門専門ではありませんが、海外からの送金を受け取る銀行としておすすめの銀行。

特に、ワーキングホリデーで訪れた国で貯めたお金を、海外送金サービス(カレンシーオンラインなど)を利用して海外から日本へ送りたいという方にピッタリです。

▼ポイント1:海外からの送金受取手数料がお得

海外から円建てで送金を受け取る際に発生する「被仕向け手数料」が無料です。詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

損しない海外送金!受取手数料の安いオススメ国内銀行3選

2015.06.23

▼ポイント2:国内利用の振込手数料最大10回まで無料(最初は月1回無料〜)

住信SBIネット銀行には劣るのですが、新生銀行の特徴として最大月10回まで無料になるステップアッププログラム制度があります。

ステップアップ段階として3段階あり、振込手数料が無料になる特典を見れば、スタンダード月1回、ゴールドが月5回、プラチナは月10回となります。

月10回も無料になるプラチナ条件のハードルは高いですが、月5回まで無料になるゴールドには、比較的手に届く範囲の条件となっています。

といっても、まず初めは振込手数料が月1回のスタンダードからでも、うまく利用すれば利用価値があります。

▼ポイント3:海外ATMでも利用できるキャッシュカード

新生銀行 海外 atm

新生銀行のキャッシュカードは「plusマーク」が付いた海外のATMで利用できます。世界一周や海外をバックパッカーとしている方にも人気ですよね。

▼ポイント4:キャッシュカードの色を32色の中から選べる

一般的にキャッシュカードの色は地味な感じのパターンが多いですが、新生銀行はキャッシュカードの色を32色もの中から選べるので女性にも人気です。

ピンクやオレンジなどのかわいい色にもできます!男性はブラックを選ばれる方も多いのでは?と勝手に想像しています。

【新生銀行】被仕向送金の受取手数料0円!海外から日本へ送金する前に準備しておきたい口座

2016.09.28

まとめ:ネット銀行を活用して海外にいても快適資金管理!

ネット銀行海外ATMカード旅行ワーホリ留学おすすめ海外送金

国内のネット銀行のメリットを活かして賢く利用することは、トラベル世代の必須スキルだと感じます。長期的にみても手数料を節約できることは間違いないので、早めに活用してみてはいかがでしょうか。

注目:海外送金を国内銀行で受け取る場合の活用テクニック

(カレンシーオンラインなどを利用した海外送金を「円建て」で受け取る場合)

  • 海外からの送金先を、被仕向け手数料が無料な「新生銀行」を送金受取銀行に設定する。
  • 新生銀行の月1回の振込手数料のメリットを活かして「住信SBIネット銀行」へお金を移動させる。
  • 住信SBIネット銀行の月3回まで他行への振込手数料無料メリットを活かして、他の銀行口座「ジャパンネット銀行」や「スルガ銀行ANA支店」へお金を移動して管理する。

私はこの方法で手数料を抑えて海外送金を受け取り、国内で用途別に合わせてお金を管理しています!誰でも簡単にできるテクニックなので、ぜひ役立ててみてくださいね。

留学ワーホリ出発前に!海外旅行保険付きクレジットカード準備する理由

2015.12.03

SPONSORED LINKS

ネット銀行海外送金受取活用