海外留学ワーホリ準備!いま持っていくべきガジェット5選

ワーホリ留学準備持ち物おすすめガジェット

オーストラリアやカナダなどのワーキングホリデーや海外留学前の渡航準備。

何を持っていったらいいのかわからない!と悩むと同時に、海外生活が現実味を帯びてワクワクしてくるころですよね?

今回は、海外へ持っていくべきおすすめガジェット(電子機器)5選をご紹介します!ワーホリだけじゃなくて、フィリピン留学にもピッタリかも?ぜひ役立てみてください!

SPONSORED LINKS

持ち物1:SIMフリー携帯

ワーホリ留学準備持ち物おすすめガジェット

もはや言うまでもなく、SIMフリー携帯。日本や海外でも使用できるトラベル世代のマストアイテムです。海外の各国のSIMカードを差すだけで、すぐに使えるのがポイント。

恐らく、ほとんどの方がアップルのSIMフリーiPhoneシリーズを選択するでしょう。もちろん、値段が手頃なAndroidのSIMフリー携帯の中には、ロースペックですが低価格で導入機(2台目用)としておすすめのモノもあります。

SIMフリー携帯を持っていかなかった残念な例

オーストラリアで出会った日本人の友人1人は、SIMフリー携帯を持ってきていなかったと言います。そして、留学エージェントに勧められた業者と契約してレンタル携帯を借りたこと後悔していました。

なぜなら、契約したケータイ機種に不具合が多々あったのと、予定が変わり契約した期間の途中で帰国する際に、結構な解約金を請求されたと嘆いていたからです。

持ち物2:タブレット(iPad miniなど)

ワーホリ留学準備持ち物おすすめガジェット

次に持っておきたいアイテム「タブレット端末」は、ワーホリや海外留学生活、海外旅行でもで大活躍な超便利アイテム!

ワーホリや海外留学中の使用用途は、主に読書と英語勉強。アマゾンのKindleで書籍をダウンロードすれば、世界中どこにいても最新の本が読めるからです!

インターネット環境があれば、タブレット端末ですぐに欲しい本が買えるし、何よりも荷物が劇的に減るのはご存知だと思います。

おすすめのタブレット端末は、やはり私も愛用しているiPad miniシリーズだと考えます。アップル製品以外のお買い得なタブレット端末はコスパが良いでしょう。アマゾンのタブレット端末Fire タブレット 8GB ブラック も、ちょうどピッタリかも。

(個人的な体験談)ワーホリ生活中にオーストラリアのシドニーにある某大型書店で、英語の勉強本や日本のマンガを買おうとしましたが、あまりの値段の高さ(物価の高さ)に驚き一度も購入する機会がありませんでした。

紙でしか売っていない本が欲しい場合は、電子書籍化サービスの「ブックスキャン」などを利用して、データ化してiPad miniでいつでも読めるようにしています。

持ち物3:ラップトップ(ノートパソコン)

ワーホリ留学準備持ち物おすすめガジェット

数年後には、ラップトップの時代も終焉を迎えるかもしれませんが、現時点ではまだまだ使えるアイテムです。ワーホリや海外留学に私がオススメするのは、薄くて軽くて小さいサイズのラップトップ(ノートパソコン)

サイズが12インチでかなり薄く軽くなった新型MacBookシリーズ は特におすすめです。移動が多い海外旅行者やワーホリメイカーにもピッタリのアイテム。

予算的に厳しい方には、安くて新型MacBookのような薄型サイズの別ブランドのノートパソコンをおすすめします。動画編集をバリバリしないのであれば、おすすめは3万円台から手に入る「ASUS ノートブック」がコスパが良いと思います。

持ち物4:ポータブルHDD(ハードディスクドライブ)

ワーホリ留学準備持ち物おすすめガジェット

海外留学やワーホリに行く前に、意外と見落としがちなデータのバックアップ。写真、動画、映画や大事なデータバックアップの重要性は、声を大にして申し上げたい!

個人的な体験談でも、バックアップを取っていなかったがために、ラップトップのハードディスクが故障したときに、すべての思い出と当時のデータが消えてしまった!という苦い経験もあります。

また、海外生活中に友人知人から、何らかの形で大量のデータをもらったりする場合もあります。海外でもポータブルHDDは売っているのですが、日本で買っておいた方が、コスパが良いものを手に入れることができるからです(オーストラリアは高い!)

おすすめのポータブルHDDは、データ保存容量が2TBの「WD Elements Portable 2TB 」です。2TBあるので映画などの動画データもかなり保存できます。

保存容量を選ぶポイント:最低1TBあれば、映画や動画データをある程度保存できますが、2TBあった方が良いと個人的経験から思います。1TBだとある程度の数の映画を含めた動画データを保存すると、すぐにいっぱいになるからです。

※荷物を極力減らしたい上級者の人は、容量の大きいMicroSDカードを数枚合わせて持ち運ぶとかなり軽量化されます。

持ち物5:ウェアラブル・カメラ

ワーホリ留学準備持ち物おすすめガジェット

ワーホリや留学に限らずその時しかない海外生活の一コマを、写真や動画で切り取って思い出にすることができます。

ケータイだけで十分という方も多いと思いますが、野外でのアクティブな活動や天候に左右されない点では、GoPro (ゴープロ) などのウェアラブルカメラがケータイカメラより優位性があります。

実際に、私も愛用しているGoproは海外でも大人気で認知度も高いので、海外の友人とも共通の話題にもなります。

予備バッテリーを購入する際のポイント:購入する予備バッテリーが純正品や並行輸入品に限らず、Goproのモデル型番号と合っているかどうか確認することです。気をつけたいポイントなのでご注意を!

旅にも大活躍するウェアラブルカメラGoPro(ゴープロ)

2015.08.25

持ち物(番外編):ドローン

ワーホリ留学準備持ち物おすすめガジェット

いま世界で話題のドローンを持っていれば、海外の生活で大注目を浴びること間違いないなし!私もオーストラリアへ持っていきたかったと後悔しています。ちなみに、最近はドローン女子も増えているそう。

ドローン業界で圧倒的な知名度と人気を誇るDJI社の本格的なDJI PHANTOMシリーズや、持ち運びが格段にしやすくなったMavic Pro、200グラム以下の小さな機体DOBBYが今ならオススメではないでしょうか。

ポイント:念のためドローン保険に加入したり各国の航空法などレギュレーションは事前に調べておきましょう。

まとめ:留学やワーホリ持ち物の準備は用意周到に!

海外生活を送るワーホリや留学生にとって、今となっては定番のガジェットになっています。もちろん、これらのガジェットを持っているのは日本人だけではありません。

国境の垣根を越えて愛用されているものばかりですが、これらのガジェットはあくまでツール(道具)で、いかに使いこなすかが重要です。

ご紹介したガジェット全部を手に入れる必要はないと思うかもしれませんが、ワーホリや留学生活をする上ではもちろん、帰国後の生活や海外旅行にも非常に便利なものばかりなので、この機会に手に入れておいて損はしないでしょう。

SPONSORED LINKS

ワーホリ留学準備持ち物おすすめガジェット