95%課税!? オーストラリアワーホリ経験者がスーパーアニュエーション返金申請を急ぐべき理由

オーストラリア スーパーアニュエーション 税金

2016年9月末のオーストラリア政府発表により、オーストラリア・ワーホリ界隈を騒がせていたバックパッカー税は、紆余曲折しながらもようやく、各業界やワーホリメイカーが渋々納得するような新税制に2017年1月より導入されることになりました。

オーストラリアワーホリ2017年から新税率!バックパッカー税ついに決着したみたい

2016.10.09

実は、そのインパクトのあるオーストラリアワーホリのバックパッカー税(所得税)ニュースに隠れて、密かに改悪されたのがスーパーアニュエーション(積立年金)返金に対する課税率なんです。

今回はタイトルにもあるように、オーストラリアワーホリを終えて帰国した人が、現地で積み立ていたスーパーアニュエーションの返金申請を今すぐ行うべき理由をご紹介したいと思います!

SPONSORED LINKS

スーパーアニュエーション返金に95%の重税が課せられる豪政府発表

オーストラリア スーパーアニュエーション 税金

オーストラリア国内でまともな職場で働いた場合は、雇用主からスーパーアニュエーションを年金運用ファンドに積み立てもらっています。

オーストラリアワーホリを終えて、オーストラリア国外から返金申請が可能なスーパーアニュエーション(積立年金)の課税率は2016年時点で38%なのですが、今回2016年9月末の豪州政府発表で2017年1月から95%に引き上げることを明らかにしました。

英文の記事なので読み取りにくいかもしれませんが、記事中にスーパーアニュエーションの課税率を引き上げることも取り上げられています。

課税率を38%から約50%アップの95%!!に変更とは、、、重税といっても過言ではありませんよね。もうスーパーアニュエーションの返金を申請するなっ!という政府からのメッセージなのでしょうか。

※実際、金額の少ない人は面倒くさがって申請しない人もいます。

雇用主としても義務ですが形骸化された事務作業になってしまうので(政府しか得しない)、業界からの圧力でまた政府方針が変更するかもしれませんが。

税制改正前後の返金額を簡単にシュミレーションしてみよう

今回の政府発表内容が2017年1月から導入された場合を想定して、簡単なシュミレーションをしたいと思います。年金運用ファンドからスーパーアニュエーション返金可能な金額に対して、課税率が38%と95%の場合を比較してみましょう。

▼(仮)返金額1000ドルだった場合:その差「570ドル」

  • 課税率38%だと→返金額620ドル
  • 課税率95%だと→返金額たったの50ドル

▼(仮)2000ドルだった場合:その差「1140ドル」

  • 課税率38%だと→返金額1,240ドル
  • 課税率95%だと→返金額たったの100ドル

▼(仮)3000ドルだった場合:その差「1710ドル」

  • 課税率38%だと→返金額1,860ドル
  • 課税率95%だと→返金額たったの150ドル

もうシュミレーションするまでもなく、課税率95%の場合は限りなく返金されないのはお分かりかと。積み立てていた金額が大きくなるほど、その差は歴然。

豪州国外からスーパーアニュエーション返金を申請する方法

ちなみに、スーパーアニュエーション返金申請の条件で、ワーホリを終えてオーストラリア出国後、オーストラリア国外から返金申請する必要があります。その主なスーパーアニュエーション返金方法は次の2通りです。

1:エージェントに依頼する

タックスリターン申請を代行しているエージェントなら、同様にスーパーアニュエーション返金申請代行のプランを提供していることがあります。

日本語OK!ワーホリおすすめタックスエージェント3選

2015.06.21

2:自分で返金申請を行う

エージェントに支払うの手数料を節約したい人は、自分でも返金申請をすることができます。ちなみに、私は自分で日本からスーパーアニュエーション返金を行いました。※自己責任でお願いします。

スーパーアニュエーション返金手続を自分で行う事前準備

2015.07.30

申請後1週間でスーパーアニュエーション返金できた報告

2015.08.14

まとめ:スーパーアニュエーション重税を避けるなら今すぐに行動を!

オーストラリア スーパーアニュエーション 税金

今回2016年9月末の報道(豪州政府発表)にもあったスーパーアニュエーション返金に対する重税が、2017年1月1日から導入することになれば、これまで汗水たらして積み立てていたお金が、税金として根こそぎ徴収されることになります。

豪州政府方針はコロコロと変わることが多いのですが、2016年内にオーストラリアワーホリを終えてオーストラリア国外に出国予定の人(日本帰国予定など)は、念のため早急にスーパーアニュエーションの返金申請することをおすすめします!

タイムリミットまでそう長く時間は残っていないでしょうから。

オーストラリアから日本へ賢く海外送金する方法

もし、まだオーストラリアに銀行口座がある人は、スーパーアニュエーションの返金先を現地口座に振り込んでもらうことができます。

そしてオーストラリアから日本へ海外送金したい場合は、カレンシーオンラインを活用する方法がおすすめ。実際に私自身も友人からのすすめで、カレンシーオンラインを活用してオーストラリアから日本へ海外送金を行いましたが、正解でした。

初めての海外送金!カレンシーオンラインおすすめ理由5つ

2015.06.16

スーパーアニュエーションに限らず、タックスリターンで還付されたお金をオーストラリアから日本へ海外応金するときにも応用できるので、ぜひ参考にしてみてください。

簡単5分!カレンシーオンライン海外送金口座を開設する方法

2015.06.17

日本で海外送金の受け取りをするおすすめの銀行は、新生銀行が海外送金の受け取り手数料(被仕向送金手数料)が無料なので、絶対に活用すべきです!

【新生銀行】被仕向送金の受取手数料0円!海外から日本へ送金する前に準備しておきたい口座

2016.09.28
SPONSORED LINKS

オーストラリア スーパーアニュエーション 税金