【海外送金】日本からフィリピンへ送金する方法 !少額送金にも便利なSBIレミット活用術

日本からフィリピンへ海外送金する方法

日本から近い東南アジアの海外旅行先、最近は語学留学でもお馴染みのフィリピン。

海外で働く出稼ぎ労働者が多いことでも有名なフィリピンは、海外からの送金・受取りが一般的な国です。

海外で働き外貨を稼ぐパパやママが、フィリピンにいる家族や親戚などに定期的にお金を仕送りするって話は、フィリピンあるある。

そこで今回は、日本からフィリピンへ簡単に海外送金する方法をご紹介します!

フィリピンにいる家族や親戚などへ、生活費や学費などのためにお金を仕送りしてあげたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

日本からフィリピンへのお得な海外送金方法が知りたい!

日本からフィリピンへのお得な海外送金方法が知りたい

一般的な送金の理由は、フィリピンにいる家族・親戚などへ、少額だけどお金(生活費や学費など)を仕送りしてあげたい!っていうのが、だと思います。

でもなかには、フィリピン旅行や語学留学中に出会って「仲良く」なったフィリピン人(恋人?)をどうしても支援してあげたい!

プライベートな英会話レッスン(スカイプ)を受けてるから、(オンライン英会話企業で働いてない)フィリピン人講師に授業料の支払いたい!

などなど、あるある話を含むいろんな理由から、日本からフィリピンに「海外送金」したい人は少なくないと思います。

日本からフィリピンへの海外送金って簡単なの?

でも、海外送金と聞くと、ちょっとこむずかしい感じで、手数料をたくさん取られたりするイメージがありますよね。

今回、そんな人にご紹介するおすすめのサービスは、こんな感じ。

  • 簡単にネットで日本からフィリピンへ海外送金できる
  • 現地フィリピンの銀行口座を持っていなくても送金受取りができる
  • 少額からの送金でも手数料が安い
  • 両替レートが良い

海外送金初心者に限らず、日本からフィリピンへお金を送金したい人にとっては、とってもうれしい国際送金サービスをこれからご紹介していきます!

日本からフィリピンへの送金方法は「SBIレミット」がおすすめ

日本からフィリピンへの送金方法は「SBIレミット」がおすすめ

今回ご紹介するのは、日本からフィリピンへの送金におすすめの「SBIレミット」です。

SBI証券や住信SBIネット銀行、SBI損保などで有名なSBIグループの中核企業「SBIレミット株式会社」が行う国際送金サービス。

SBIレミットの強みは、世界の幅広い地域まで、少額から、簡単に、素早く(最短10分程度)、お得に海外送金できるすごい仕組み。

米国の国際送金サービス大手MoneyGram International, Inc.(以下「マネーグラム社」)との提携によりSBIレミットへの入金完了後、 最短10分程度でマネーグラム社の世界200の国と地域に約35万拠点の取扱店にて海外送金のお受取りが可能です。

この「SBIレミット」のサービスを活用すれば、日本からフィリピンへ簡単に海外送金できるようになるんです。

*申込詳細⇒SBIレミット

送金先フィリピンでのお金の受取り方法

とはいっても、まだまだ銀行口座を持っている人が多くないのがフィリピンの現状。

では、日本から「SBIレミット」でフィリピンに海外送金する場合、現地でどうやってお金を受け取るのか?まず、その方法をご紹介します。

日本からフィリピンへ送金したお金を受取る方法3つ

  1. マネーグラム(MoneyGram)で受け取る→現地銀行口座「不要」
  2. 現地大手の銀行口座で受け取る→現地銀行口座「必要」
  3. SMART Money(スマート社のモバイルウォレット)→現地銀行口座「不要」

▼マネーグラム取扱店で受け取る(現地の銀行口座不要!)

もし、日本からの送金を受取りたい人が、現地大手の銀行口座を持っていない場合は、マネーグラム(MoneyGram)取扱店で受け取る方法なら、現地の人にも一般的なので便利です。

マネーグラムのフィリピンの主な受取拠点

「マネーグラム(MoneyGram)」を取り扱う店は、現地銀行、フィリピン国内の至る所で目にする超有名な質屋(Pawnshops)やショッピングモールなど。

フィリピン国内の主なマネーグラム(MoneyGram)取扱店

  • BDO(銀行)
  • Metrobank(銀行)
  • Cebuana Lhuillier Services Corporation(質屋)
  • M.Lhuillier Financial Servies(質屋)
  • SMモール(ショッピングモール)

現地フィリピンの街には必ずマネーグラム取扱店があると言っていいレベルの環境なので安心!

心配しなくても、とっても簡単に見つけることができます。

 マネーグラム取扱店での受取りに必要なもの

  • ID(身分証明書)
  • レファレンスナンバー(送金依頼後に発行される8ケタの番号)

送金シュミレーションで両替レート・手数料を確認できる

SBIレミットの送金シュミレーションで両替レートや手数料を確認

SBIレミットの「送金シュミレーション」機能を活用すれば、送金手数料や換算レート(日本円≈フィリピンペソ)、受取金額も、一目で確認することができます!

▼フィリピン向けの海外送金手数料

SBIレミットのフィリピン向け海外送金手数料

フィリピン向けの送金手数料は480円〜!業界でも最低水準の安さです(2017年4月情報)。

フィリピン向けの送金手数料

  • 1万円までなら480円
  • 2万円までなら720円
  • 3万円までなら800円
  • 5万円までなら1000円

競合サービスGCASH REMITの手数料は440円〜となっていますが、両替の換算レートはSBIレミットの方が良いのでトータルだとSBIレミットに優位性があります。

SBIレミットの簡単な使い方の流れ

SBIレミットの使い方は、とっても簡単。

まずインターネットでの会員登録が完了したら、あとは4つのステップですぐに現地でお金を受け取ることができます。

SBIレミットの使い方の流れ

  1. SBIレミットの送金用口座へ入金する
  2. SBIレミットの会員ページから送金依頼する
  3. レファレンスナンバーの発行
  4. 現地マネーグラム取扱店でお金を受け取る(IDとレファレンスナンバー必要)

ちなみに、SBIレミットはインターネットから会員登録ができるのもポイント(郵送による身分証や書類提出が不要!)。

会員登録申請からウェルカムキットが自宅に到着するまで約1週間かかるので、急いでいる人はお早めに!

*申込詳細⇒SBIレミット

SBIレミットの送金用口座への振込方法

SBIレミットの送金用口座への振込方法は、初めて利用するなら次の2つ。

  • 銀行振込(ゆうちょ含む)
  • コンビニ払い(ファミリーマート)

手数料を抑えるなら「銀行振込」が圧倒的に安いです。

SBIレミットの振込銀行口座と同じ銀行なら、振込手数料が「無料」もしくは「安い手数料」でお金を移動できます。

SBIレミットの送金用口座の振込先銀行

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行

*住信SBI銀行や新生銀行など、他行への振込手数料が所定回数「無料」の銀行を活用して振込むのもおすすめ。

コンビニ払い(ファミリーマート)は、上記銀行やインターネット銀行口座を持っていない人ならいいかもですが、銀行振込の方が便利です。

あとは、SBIレミットの会員ページで送金依頼すれば、最短10分で現地フィリピンでお金が受け取れるようになります。

まとめ:日本からフィリピンへの送金方法はSBIレミットがお得

日本からフィリピンへの送金方法はSBIレミットがお得

日本からフィリピンへお金を海外送金したいなら、ネットで簡単にできる「SBIレミット」がおすすめです。

少額から国際送金できて、簡単に早く現地フィリピンでお金を受け取ることができるサービスを利用して、フィリピンにいる家族や親戚、恋人に仕送りしてみてはいかがでしょうか。

ぜひSBIレミットを役立ててみてくださいね!

*申込詳細⇒SBIレミット

【参考】フィリピンの銀行口座へ送金する場合
現地フィリピンの銀行口座へ直接送金する場合は、こちらのブログ記事が参考になります。

【SBIレミットの使い方】日本からフィリピンの銀行口座へ海外送金してみた

SPONSORED LINKS

日本からフィリピンへ海外送金する方法