ボラカイ島のプカシェルビーチ(Puka Shell Beach)の行き方【ビーチホッピングしたい人向け】

ボラカイ島プカシェルビーチの行き方

「ボラカイ島メインのホワイトビーチだけじゃなくて、他のビーチも楽しんでみたいっ!」

フィリピンのボラカイ島といえば、メインビーチであるホワイトビーチが有名ですよね。でもホワイトビーチ以外のビーチで、のんびりしてみたいって人は、きっと少なくないはず。

もちろんボラカイ島内には、ホワイトビーチ以外にもいくつか小さなビーチがあります。

そこで今回は、ボラカイ島北部にあるおすすめの人気ビーチ「プカシェルビーチ」についてご紹介したいと思います。

ボラカイ島でビーチホッピングをしてみたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

SPONSORED LINKS

フィリピン・ボラカイ島のプカシェルビーチでチルアウト

フィリピンのボラカイ島にあるプカシェルビーチ

フィリピンのボラカイ島に数日滞在する予定で少し時間のある人なら、ヒマつぶしにぜひ訪れてみることをおすすめする「プカシェルビーチ(Puka Shell Beach)」。

ボラカイ島メインのホワイトビーチまでは大きくありませんが、それなり長さのある落ち着いたビーチです。

【ボラカイ島】1度は旅行したい世界屈指のホワイトビーチ

2016.08.07

プカシェルビーチの場所

ボラカイ島のプカシェルビーチ(Puka Shell Beach)は、島の北部に位置しています。

プカシェルビーチの行き方

ボラカイ島プカシェルビーチまでトライシクル移動

ボラカイ島滞在中に、プカシェルビーチ(Puka Shell Beach)に行きたい場合は、「トライシクル」や「バイクタクシー」を利用しましょう

ボラカイ島中心部のステーション2にある「Dモール」からトライシクルで移動した場合、所要時間30分くらいです。料金は片道100〜150ペソが相場。

ボラカイ島ステーション2にあるDモール

Dモール周辺でトライシクルを見つけるのは、そんなに難しくないのでご安心を。ドライバーに「プカシェルビーチ」と伝えればOK。

プカシェルビーチでボラカイ気分を味わう

プカシェルビーチを楽しむなら、ビーチサイドのビーチチェアーに横になって、海を眺めながら冷たいマンゴーシェイクやお酒を飲むのも、なかなかおすすめ。

今回、飲み物(マンゴーシェイク)を注文すると、ビーチチェアーを利用することができました。

ボラカイ島プカシェルビーチ

今回訪れた時は、ローシーズンの7月で、空もちょっと曇りがちだったのが少し残念ですが、ビーチや海はいい感じでした。

ドリンクや軽食は交渉次第で値下げ可能

ボラカイ島プカシェルビーチ

ちなみに、今回の私の経験では、ビーチ沿いに点在するお店(お菓子、飲み物や軽食をオーダーできる)には、2つの値段が存在していました。

どういうことかというと、例えばマンゴーシェイクの値段が、「外国人観光客」と「ローカルフィリピン人」とでは異なるということ。

【例:マンゴーシェイクの値段を訪ねた場合】

  • 私が値段を尋ねると→150ペソ
  • フィリピン人の友人が尋ねると→75ペソ、といった具合。

幸い私は、フィリピン人の友人たちから事前に安い方の値段を聞いていたため、ローカル用の値段で注文することができました(ちょっと交渉しました)。

プカシェルビーチのドリンクや軽食の料金は、通常の相場よりも少し割増し感があるので、この「ダブルスタンダード」を知っておくと良いかも。

まとめ

ボラカイ島プカシェルビーチ

今回ご紹介した通りプカシェルビーチに行くには、トライシクルを利用する方法をご紹介しました。

他の行き方としては、アイランドホッピングツアーに参加すると(ツアープランにもよるのですが)、滞在時間は短いもののプカシェルビーチにも訪れることができます。

【安すぎっ】フィリピンのボラカイ島で現地アイランドホッピングツアーに参加してみたよ

2017.09.04

ボラカイ島旅行の日程で、少しゆっくりする時間のある人は、ぜひプカシェルビーチに訪れてみてくださいね!

天気が良ければ、きっとゴキゲンな感じで楽しめると思いますよ!

フィリピンのボラカイ島で現地ウォーターアクティビティツアー参加体験談【パラセイリング+フライングフィッシュ楽しすぎ】

2017.09.02
SPONSORED LINKS

ボラカイ島プカシェルビーチの行き方