まさかの乗り継ぎ失敗!フィリピンのマニラ空港で国内線の便を乗り過ごした体験談【国際線遅延フライト注意】

フィリピンのマニラ空港乗り継ぎ失敗

『フィリピンのマニラ空港、、、やっぱり悪名高い空港だけのことはある。』

ターミナル間の移動に時間がかかったり、遅延フライトなど、ちょっとしたトラブルが日常茶飯事なフィリピンのマニラ空港(ニノイ・アキノ国際空港)。

今回、香港-マニラ間の国際線からフィリピン国内線への乗り継ぎで、まさか国内線フライト(ボラカイ島行き)を乗り過ごすハメに、、、。

悪名高き空港として知られているマニラ空港は、過去に幾度と利用していたものの、実際にフライトを乗り過ごすことになったのは、私自身初の体験。

そんな遅延フライトによる乗り継ぎ失敗体験と、のちに無料で同日の別便チケットをゲットできた話をご紹介します。

これからフィリピンのマニラ空港で乗り継ぎを予定している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フィリピンの悪名高きマニラ空港で乗り継ぎ失敗

フィリピンの悪名高きマニラ空港で乗り継ぎ失敗

フィリピンのマニラ空港発着便で、度々遅延フライトが発生することは、航空券を購入する前から想定内でした。

そのため、乗り継ぎ時間に余裕を持って(約3〜4時間←短すぎた!)、航空券を購入したつもりだったのですが、考えが少し甘かったようです、、、自業自得。

フィリピンのマニラへ向かう香港発の便が、香港空港で想像以上に遅延することに(飛行機の中で更に1時間くらい待機)。

あー、これマニラ空港の乗り継ぎに失敗するかもな、、、と、飛行機内で隣席の乗客と会話しながら、マニラに向けて離陸。

UBER(ウーバー)活用してマニラ空港ターミナル間移動

UBER(ウーバー)活用してマニラ空港ターミナル間移動

香港からの遅延フライトがフィリピン・マニラ空港に到着するも、次に搭乗を予定したフィリピン国内線(マニラーボラカイ間)フライトの搭乗まで、わずか40分くらいしか時間がありませんでした。

この時点で、既に絶望的、、、苦笑。

そして何より、国際線と国内線の搭乗ターミナルが、航空会社や搭乗便によって異なり、ターミナル間の移動に時間のかかるマニラ空港(悪名高き所以)。

その上、入国審査があるイミグレーションには長蛇の列が、、、。

半ば諦めていたのですが、わずかな希望を持って、マニラ空港到着後にウーバー(UBER)を速攻で活用して、フィリピン国内線用のターミナルへ移動しました。

ウーバー活用してマニラ空港ターミナル間移動

が、、、結局やはり予定していたフィリピン国内線を乗り過ごすことに、、、。

セブパシフィック航空のチェックインカウンターで事情を説明

セブパシフィック航空のチェックインカウンター

搭乗を予定していたセブパシフィック航空のチェックインカウンターで、遅延便によってフィリピン国内線フライトを乗り過ごした事情を説明しました。

すると、チェックインカウンターの女性スタッフが、電話で彼女のマネージャーらしき人と数分会話、、、。

▼無償で同日の別便チケットをゲット!

そして、なんと同日の別便フライトチケット(マニラーボラカイ島)を無料で手配してくれることに!
セブパシフィック航空のチケット

セブパシフィック航空チェックインカウンターの女性スタッフいわく、

  • 香港ーマニラ便(国際線)とフィリピン国内線フライトが、同じ航空会社(セブパシフィック航空)だった点
  • 遅延フライトなど乗り継ぎできなかった明確な理由(遅延情報が確認できる)が説明できた点

この2点を持って、マネージャーから無償で同日別便をアレンジする許可を得れたと教えてくれました。

フィリピンのマニラ空港で乗り継ぎするなら十分な時間を

フィリピンのマニラ空港で乗り継ぎ

今回ご紹介したフィリピン・マニラ空港での乗り継ぎ失敗談は、たまに耳にする話だと思います。

ただ、無償でチケットを手配してくれた経験談は、稀な対応かもしれないので、全ての人が同様の対応を受けられるとは限らないので、あくまで参考程度にとどめておいてくださいね。

フィリピンのマニラ空港で、国際線と国内線の乗り継ぎをする場合は、約5時間くらいは余裕を持っておくことをおすすめします。

セブパシフィック航空を始めとするLCCのプロモーションチケット(格安航空券)がいくら安いからといっても、十分な乗り継ぎ時間が確保できなければ、私のように乗り継ぎに失敗してしまうかもしれません。

これからフィリピンのマニラ空港を利用する人は、ぜひ気をつけてくださいね!

SPONSORED LINKS

フィリピンマニラ空港乗り継ぎ失敗談