オーストラリアでの仕事の探し方!ワーホリ初心者必見!

オーストラリア仕事探し方

これからオーストラリアでワーホリを始める人、必見!現地オーストラリアでの仕事の探し方をご紹介します!

ワーホリメイカーに限らず、世界中から訪れる留学生や現地オージーたちも活用するメジャーな方法なので、オーストラリアを訪れるワーホリメイカーは、ぜひ参考にしてみてください。

経験や運があれば、高い時給の仕事が手に入れられるかも?ワーホリをキッカケに、海外で働く体験をしてみましょう!

SPONSORED LINKS

オーストラリアワーホリでの仕事の探し方をご紹介!

オーストラリア仕事探し方

いまの日本の社会で生活する新しい世代の人達の中には、人生一度は海外で生活して、海外で働く経験をしてみたいと考えている人も少なくないはず。海外で合法的に働ける特権を得ることができるワーキングホリデービザは、前述のような海外思考(?)の人達にピッタリですよね!

ということで、ワーホリメイカー人気渡航先の「オーストラリア」でワーホリ経験をした実体験をもとに、今回はオーストラリアでの仕事の探し方をご紹介します。

「シティージョブ」と呼ばれるオーストラリアの都市部で、飲食業やホテルなどのホスピタリティ業界の仕事(ワーホリメイカーが仕事を得やすい)を探す場合を想定していますが、ワーホリで人気な「ファームジョブ」と呼ばれる田舎で農業などで仕事を探す場合にも、応用してぜひ役立ててみてくださいね。

事前準備:英文レジュメを作成しよう!

ワーホリ仕事履歴書

日本でも仕事探しをするなら履歴書を作るのと同様に、英語圏のオーストラリアで仕事を手に入れたいなら、まず「レジュメ(CV:英語の履歴書)」を作りましょう。いきなり、英語のレジュメなんて、、、と思うかもしれませんが、せっかく英語圏のオーストラリアで生活するのであれば、それもまた経験。

オーストラリアで、日本人ワーホリに人気なシティージョブといえば、レストランやカフェなどの飲食店での仕事。自分の強みを分かりやすくシンプルにまとめたレジュメを作成すればOKだと思います(最低限、誤字脱字がないように)。

ちなみに、レジュメにオーストラリアでの職歴があると受かりやすいと、留学エージェントの人から耳にしたことがあります。オーストラリアでの職歴が特になくても、日本で飲食系バイトをした経験などがあれば、ぜひレジュメに盛り込んでおきましょう。

※オフィスジョブなどのハイレベルな英語力を求められる職種に応募する場合は、プロフェッショナルなレジュメ(英文の履歴書)作成が必須です。

探し方1:定番のレジュメ配り

オーストラリア仕事レジュメ

求人が出ているかどうかに関わらず、自分の滞在している都市にある飲食店やホテルなどに、自らの足で出向いて、直接マネージャーにレジュメを手渡すという求職活動です。

日本ではあまり馴染みのない方法で、いきなりハードルが高くない?と思われるかもしれませんが、ワーホリメイカーに限らず、オーストラリアでは定番の方法。

世界中から留学生や移民が集まるオーストラリアでは、ハングリー精神がとても大切で、どんどん自分からアクションを起すことが重要になります。

自分はシャイだからと言い訳をしていると、現状はいつまで経っても変わらないどころか、チャンスをどんどん逃すことに繋がるので、気をつけてくださいね。

100件レジュメを配れば、1件くらいは少なくとも連絡があるはずです!レジュメを配ったにも関わらず、連絡がないときもあるかもしれませんが、ネガティブに考えずに行動あるのみ!

ポイント

レジュメを手渡すときは、ただレジュメを配ることを目的とせずに、運良くマネージャーに手渡すことができたら、自分をアピールする絶好のチャンスです!

普段の10倍以上のフレンドリーさを持って、自分の過去の経験や強み、お店を褒めるなど、短いエレベータースピーチと笑顔をセットでアピールできると、マネージェーに好印象を残すことができるでしょう。

探し方2:ネット掲示番や求人サイトを活用する

▼豪ワーホリ定番の掲示板:「Gumtree(ガムツリー)」

オーストラリア仕事ガムツリー

英語圏で知名度の高いネット掲示板「Gumtree(ガムツリー)」のオーストラリア版は、オーストラリアでのワーホリメイカーにも有名で、活用のしがいのあるサイトです。シェアハウス探しから、物品売買、仕事探しまで情報が盛り沢山。

仕事探しのメニューから、地域や職種などを選んで、気に入った求人があったらすぐに連絡してみましょう。競合も多いので、早いもの勝ちなのは、言うまでもありません。

※ブラックな求人もあるかもしれないので、怪しい案件にはぜひご注意ください。

詳細:Gumtree: Free Local Classifieds Ads from all over Australia

▼求人サイト:「Seek(シーク)」

オーストラリア求人サイト

大手求人サイト「Seek(シーク)」のオーストラリア版は、小さなレストランやホテルの求人というよりも、求人広告費用を投入できるくらい基本的にはシッカリとした企業の求人が主になります。

ワーホリビザで応募できる案件は多くないかもしれませんが、ホスピタリティ業界であれば、ワーホリメイカーでも応募できる案件もタイミングによってあるので、ぜひ注視しておきたいところ。

違法な賃金で働かされる労働環境ではなく、法律に準じた賃金を支払われる仕事が基本なので、高い時給で働きたいというひとは、一度目を通しておくとよいかも。

詳細:SEEK – Australia’s no. 1 jobs, employment, career

探し方3:ジョブエージェントを活用する

オーストラリア仕事エージェント

オーストラリアの都市には、ジョブエージェントと呼ばれるローカル向けの派遣会社が存在します。

例えば、ホテルやレストランなどホスピタリティ業界に強いジョブエージェントに登録後、ジョブエージェントが判断する条件や適正が合えば、シフト制でホテルやレストランで働く仕事の依頼が得られるという仕組みです。

現地のローカル(オージー)に限らず、英語力のある人であれば、オーストラリア国外からの留学生やワーホリメイカーも、ジョブエージェントを通して仕事を手に入れることができるチャンスがあります。

ちなみに、私はこの方法を活用して、シドニー市内でローカルジョブの仕事をしていました。

ワーホリでシドニーのカジノで働くのに必要なジョブエージェント活用方法

2015.05.26

探し方4:コネクション(人脈)を活用する

オーストラリア仕事探し

オーストラリアで仕事を手に入れる上で、イチバン手っとり早いのがこの方法でしょうか。そう、いわゆるコネ(コネクション)です!

語学学校やゲストハウスなどで知り合った友人知人から、仕事の求人情報をもらい、紹介から仕事を手に入れる方法。シティジョブに限らず、田舎でのファームジョブ探しでもメジャーな方法です。

仕事を探しているなら、日頃から求職中アピールを周囲の人にしていれば、そのチャンスを得られる可能性が高まるでしょう。

語学学校に通っている人なら、学校内だけではなく、積極的に新しい人と出会える場に出向いて人脈作りをするなど、自らアクションしていくことが、後に良い結果をもたらすことに繋がります。

まとめ:ワーホリでは積極的なアクションが仕事探しのポイント!

ワーホリ仕事探し方

日本とは違い、初めて海外(ここではオーストラリア)で仕事を探しをする経験は、きっとワーホリ生活の中で得られる貴重な経験の1つになると思います。

英語環境で、慣れない英語を駆使しながら(ときにはビックマウスを折り混ぜて)仕事を手に入れる過程で、積極的になったり、精神的にも強くなるトレーニング(?)になることでしょう。

海外で仕事をしてお金を稼ぐ経験が何よりも大事で、ワーホリビザの持つ大きな特権をぜひ有効活用しましょう。

オーストラリア出稼ぎワーホリを成功させる7つの秘訣

2015.07.09

留学ワーホリ出発前に!海外旅行保険付きクレジットカード準備する理由

2015.12.03
SPONSORED LINKS

オーストラリア仕事探し方