【個人輸入】海外版SIMフリーiPhoneが海外通販で国内版よりも安く購入できたよ

海外版 iphone 購入

ガシェットマニアだけでなく、そうでない人にも一定数の需要がありそうな「海外版SIMフリーiPhone」シリーズ。

いま使っているiPhone(香港より個人輸入)が古くなったので、新たに「個人輸入」で海外版SIMフリーiPhoneを購入してみました!

備忘録も兼ねて、海外版SIMフリーiPhoneを個人輸入で格安購入した体験談をご紹介します!

日本で販売される「国内版」仕様のSIMフリーiPhoneと「海外版」SIMフリーiPhoneの「違い」ってナニ?にも軽く触れてみるので、気になる人はぜひ参考にしてみてください。

SPONSORED LINKS

私が海外版iPhoneシリーズを個人輸入で買う理由

海外版 iphone シャッター音

日本国内で発売される国内版SIMフリーiPhoneシリーズと、海外版シリーズの「違い」って何なの?

そんな疑問を持つ人も少なくないと思いますが、実は日本国内版は世界標準とは少し違う仕様になっているのです。

海外版と国内版SIMフリーiPhoneの違い「シャッター音」

日本国内のアップルストア店頭や公式オンラインショップでは、(たぶん)買えない海外版SIMフリーiPhoneの特長といえば、ズバリっ!

【海外版SIMフリーiPhoneの特長】

サイレントモードでもシャッター音が鳴らないこと。

このブログ用の写真は、ほぼiPhoneのカメラ機能(もしくはGoPro)でよく撮影しています。

国内版仕様のiPhoneだと、サイレンとモードでもカシャカシャ「あのシャッター音」が、ちょっと耳障りになってしまうのが正直なところなんです。

そのこともあって、個人的には海外版SIMフリーiPhoneを使い続けています(アンドロイド携帯も)。※もちろん盗撮をしたくて買うわけではありませんのでご理解ください。

日本国内版SIMフリーiPhoneの残念な点

iPhoneシリーズに限らず、どうしても日本国内で販売される携帯には「あのシャッター音」がツキモノ。

大昔に決められた日本国内固有のガラパゴス仕様のままらしい。

意外とボリュームが大きい「あのシャッター音」がちょっと、、、という人も一定数いると思います。

国内版iPhoneユーザーは諦めてるのか、シャッター音が鳴らないカメラアプリをダウンロードして対策をしているのかな?

海外の観光地でiPhone片手にシャッター音を轟かせているのは、やっぱり日本人!っていうわかりやすい場面に遭遇することもよくあるほど。

国内から海外版SIMフリーiPhoneが買える海外通販サイト

エクスパンシス iphone

では日本国内にいる人が海外版SIMフリーiPhoneシリーズを購入するには、どこの海外通販サイトがいいの?

その海外版SIMフリーiPhoneを手に入れる方法として、ガシェットマニアをはじめ、海外版SIMフリー携帯など日本未発売ガジェットを個人輸入できる海外通販サイトで、有名な業者は以下の通り。

【海外版SIMフリーiPhoneが買える人気海外通販サイト】

エクスパンシス

イートレン.com

1shopmobile.com

英語が苦手な人は、上2つの通販サイト「エクスパンシス」と「イートレン」が、ちゃんと日本語に対応しているので安心です。

「1shopmobile.com」は、片言の日本語なら一応対応していますが、日本語ちょっとあやしいかも。

海外版SIMフリーiPhoneシリーズの個人輸入経験としては、過去に「エクスパンシス」でSIMフリーiPhone4Sを購入したことがあります(ちょっと昔2011年)。

そして今回は、、、。

老舗通販サイト「1shopmobile」で海外版SIMフリーiPhoneを購入したよ

iphone 海外通販

ガシェット好きからは老舗と呼ばれているらしい香港の海外通販サイト「1shopmobile.com」で、今回は海外版SIMフリーiPhoneSE (16GB A1723) を購入してみました!

iPhone7ではなく、個人的に小さい携帯本体サイズのiPhoneSEが好み+本体容量も16GBで十分なので。

前述の通り1shopmobile.comは、日本語対応がグーグル翻訳レベルの片言なのですが、まぁただの海外通販なので少し英語が理解できれば問題ないレベル。

無論、日本のような手厚い顧客サービは期待しない方が良いかと。

1shopmobile 海外通販 iphone

購入時点(2016年10月)で「1shopmobile.com」では、海外版SIMフリーiPhoneSE (16GB A1723) の本体価格399米ドル+送料30米ドル=合計429米ドル

この429米ドルに「輸入消費税」が加算されたものが最終的な合計金額となります(※後述)。

ちなみに、同時点でアップル(日本)公式サイトをチェックしたら、日本国内版SIMフリーiPhoneSE (16GB) の本体価格は税別44,800円+送料無料=税込48,384円でした。

海外版 iphone 国内版 違い

アップルがiPhone7発売前頃に、日本国内版モデル(iPhoneSE)は発売当初価格から値下げして安くなりましたよね。

▼支払方法はAmazon Paymentで安心

海外通販 iphone 支払

今回、海外版SIMフリーiPhoneを購入した1shopmobile.comでの購入代金の支払方法は、「Amazon Payment」でした。※アマゾンの決済システムを利用して支払います。

日本のAmazon.jpアカウントで挑戦してないのでわからないのですが、本家アメリカのAmazon.comアカウントに登録しているクレジットカード払いで決済しました。

※本家Amazon.comアカウントがない人でも簡単にアカウント作れます。簡単な英語が読めればOK。

▼配送・商品到着が超早くてビックリ!

海外版 iphone 個人輸入

1shopmobile.comから注文してわずか5日後に商品が届きました!

注文時にAmazon Payment決済承認後1〜2営業日以内に発送するとは説明書きがあったけど、思ったより早くてちょっと驚き。

1shopmobile.comで購入した商品は香港から発送されて、日本国内はヤマト運輸がお届けしてくれます。他の配送可能な対象国だとDHLのようです。

▼注文通り新品の海外版iPhoneSE(オマケ付)が届いたよ

iphone 個人輸入 香港

梱包箱を開けてみると、プチプチに包まれた中には、商品本体・パッキングリスト(紙1枚)・日本の電源コンセントに合わせれる変換プラグ1つ(ダサいけどオマケ)が入っていました。

海外版 iphone se

ちなみに、海外通販で購入した海外版iphoneでも一定期間内にAppleCare(アップルケア)に申込めば、修理・交換などの保証もされるそうなので、気になる人は加入しておくと良いかも。

iphone 個人輸入 香港

海外版iPhoneシリーズでも「アメリカ版」ではなく「香港版モデル」なので、香港用の電源プラグが入っていました。

なので、前述の変換プラグは業者(1shopmobile.com)が気を利かせて、「オマケ」としてプレゼントしてくれたようです。

電源アダプタ(AC式充電器)に関しては、個人輸入を試みようとする人ならを既にたくさん持ってると思うのですが、気になるならアマゾンで買い足しておくと良し。

詳細:アマゾン人気「AC式充電器」一覧

▼海外版SIMフリーiPhoneSE購入費用の総額は?

iphone 個人輸入 関税

商品が届いたときに配送業者のヤマト運輸に支払った輸入消費税は2,700円でした(現金払い)。

ishopmobile-iphonese3

Amazon Paymentでクレジットカード決済した購入代金(本体+送料=429米ドル)の円換算は、クレジットカード会社の明細を確認すると45,291円となっていました。※米ドル円の為替レートによって変動します

よって、今回の海外版SIMフリーiPhoneSE16GBの購入代金総額は「47,991円(本体・送料45,291円+輸入消費税2,700円)」。

結果は、今回の購入時点(2016年10月)で、アップル公式サイトから同スペック国内版モデルを購入するよりも、わずかですが割安に海外版モデルをゲットできたのでした!

まとめ

海外版 iphone 購入

今回は、日本に居ながらにして「あのシャッター音」が鳴らない海外版SIMフリーiPhoneを購入できる海外通販サイトをご紹介しました。

ガラパゴス仕様の「あのシャッター音」に違和感を覚えてしまっている人は、個人輸入として海外通販サイトから海外版SIMフリーiPhoneを購入してみるのもアリかもしれませんよ。

海外版SIMフリーiPhoneが買えるおすすめ海外通販サイト

エクスパンシス

イートレン.com

1shopmobile.com

※海外通販が苦手な人向け:日本のアマゾンで海外版iPhoneを探してみる>>>

エクスパンシス エクスパンシス

【TOMTOP】海外通販セールでドローンやガジェット商品購入をお得に [2017年10月クーポン情報付き]

2017.06.19

もうすぐ日本帰国?LINEモバイルとSIMフリーiPhoneのコンビが最強かも

2017.06.11
SPONSORED LINKS

海外版 iphone 購入