【香港旅行】まずは空港で海外キャッシング!HSBCのATMで超簡単に香港ドルを手に入れたよ

香港空港のatmでクレジットカードからキャッシングしたお金

海外旅行で初めて訪れる国に降り立ったときに、やっぱり気になるのが「現地のお金を手に入れる方法」だと思います。

今回は、日本からもアクセスが良い金融都市『香港』を旅行するときに、香港国際空港内で香港ドルをとっても簡単に手に入れる方法についてご紹介します!

街の両替所でボラれることなく、空港の両替所レートよりもお得で簡単に現金(香港ドル)を入手しましょう!

ある裏技を使えば手数料がお得になるので、これから香港を訪れる人や旅行計画中の人は、ぜひ参考にしてみてください。

香港国際空港に着いたらまずATMでお金(香港ドル)を手に入れよう!

香港国際空港に着いたらまずATMでお金(香港ドル)を手に入れよう

香港国際空港に到着後、入国審査を済ませてや受取荷物を受け取ったら、まずやるべきことは「現地通貨(香港ドル)を手に入れる」ことです。

海外旅行慣れしている人ならよくご存知なことですが、海外で現地のお金を手に入れる一般的な方法は、次の通り。

  • 日本の国内空港の両替所で日本円から香港ドルへ両替する
  • 海外のATMでキャッシングして現金(香港ドル)を手に入れる
  • 海外の現地空港や街の両替所で日本円から香港ドルへ両替する

そんな中で、個人的におすすめな方法が、2つ目の海外のATMでクレジットカードを利用したキャッシングで現金を手に入れる方法です。

初海外旅行でありがちな失敗

初めての海外旅行でやりがちな失敗が、日本を出発する前に国内空港の両替所で日本円から外貨に替えてしまうこと。日本の国内空港で両替してしまうのが、最も両替レートが良くないと言われています。

空港到着ロビーにある24時間営業のHSBC(香港上海銀行)のATM

空港到着ロビーにある24時間営業のHSBC(香港上海銀行)のATM

毎度私が香港国際空港に到着した際に利用しているのは、香港といえばお馴染みHSBC(香港上海銀行)のATMです。

もちろん、香港国際空港内には、HSBC(香港上海銀行)の他、中国銀行(Bank of China)、citybank(シティバンク)のATMが設置されているので、すぐに見つけることができます。

日本からは既に撤退したHSBCですが、日本人でもHSBCに口座持っている人がいるくらい有名(お金持ちだけ?)。

HSBC(香港上海銀行)とは

HSBC(香港上海銀行:The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited)は、世界的に超有名な国際金融グループHSBCホールディングス傘下の銀行。

香港ドルの発券銀行3行の1つ(他は中国銀行、スタンダードチャータード銀行)で、香港に本店があります。

HSBC(香港上海銀行)のATMからクレジットカードで海外キャッシング!

HSBC(香港上海銀行)のATMからクレジットカードで海外キャッシング

香港空港内のHSBC(香港上海銀行)のATMの前には、早朝や深夜にも関わらず海外旅行者の姿もぼちぼち見られました。

もちろん、中国銀行(Bank of China)やcitybank(シティバンク)のATMもあるのですが、やっぱり一種のブランドなのでしょうか、HSBC(香港上海銀行)のATMへ向かう人が多かったような気がします(たまたまかもしれませんが)。

HSBCのATMで利用できるブランド

HSBCのATMでは当たり前ですが、Mastercard、 Maestro、Cirrus、VISA、+Plus、Union Payなど主要なブランドが利用可能です。

▼香港旅行に必要なお金(香港ドル)を簡単にゲットできたよ

香港空港のatmでクレジットカードのキャッシングで簡単に香港ドル入手

HSBCのATMでクレジットカードを利用したキャシングをする方法は、簡単な英語がわかればとってもスムーズ!簡単な流れは以下の通り。

【ATMの操作方法】

  1. クレジットカードを挿入口に差し込む
  2. 「PIN(暗証番号)」を入力してEnterボタンを押す
  3. 「Cash Withdrawal(現金引き出し)」を選択する
  4. 「Credit card(Cash Advance:キャッシング)」を選択する
  5. 引き出す金額を選択する
  6. キャッシングの確認画面でYESを選択する
  7. レシート・クレジットカード・現金(香港ドル)をゲット!

最初は戸惑うかもしれませんが、一度経験して慣れてしまえば、こっちのモノなんです。

海外旅行好きにおすすめのクレジットカードは?

今回のように、海外のATMでキャッシングする場合は、インターネットで繰り上げ返済ができ利息分の手数料を安くできる「エポスカード」がおすすめ。

年会費無料で海外旅行傷害保険付き(自動付帯)の優秀なクレジットカードです。

※クレジットカードを持っていない場合は、新生銀行などの国際キャッシュカードも利用できます。その場合、手順4番目で「Saving」を選べばOKです。

香港国際空港のATMで引き出しておくべき金額は?

香港国際空港のATMでキャッシングしておく金額は、当たり前ですが旅行日程・内容も異なるのでもちろん人それぞれ。

ですが、事前に香港ドルと日本円の為替レート感覚をつかんでおくといいかも。仮に、1香港ドル=約14.5円の場合はこんな感じ。

【為替レート(例:1香港ドル=約14.5円の場合)】

  • HKD100:約1,450円
  • HKD200:約2,900円
  • HKD500:約7,250円
  • HKD1000:約14,500円

ちなみに、HCBCのATMで引き出す時に、画面に自動表示される金額でイチバン大きいのが「HKD1000」。まあ、とりあえずHKD1000をキャッシングしておけば安心かと。

香港の物価は安いわけではないので、空港からホテルまでの移動やその後の予定も考えると、私は毎度HKD1000を引き出しています。 

まとめ:香港で両替するならATMでクレジットカードのキャッシングが便利

香港で両替するならATMでクレジットカードのキャッシングが便利

ご紹介した香港国際空港のATMに限らず、海外旅行ではほぼ必ず海外ATMでクレジットカードによるキャッシングから現地のお金を手に入れています。

香港旅行の場合は、まず香港国際空港到着後にATMでキャッシングして現金を手に入れて、スマートに旅行をスタートさせましょう!

今回私がHSBCのATMで使用した「エポスカード」は、海外旅行好きな人にピッタリのクレジットカード。年会費無料で海外旅行傷害保険付き(自動付帯)なのもうれしいところ。

エポスカードのもう一つの特徴は、キャッシングした後日にインターネットで繰り上げ返済できるので、利息手数料分が安く抑えられる「裏技があるので、さらにおすすめです。

海外旅行で大金を持ち歩くリスクもなく、海外旅行へ持っていって損はないカードなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳細:エポスカード

【エポスカード】海外キャッシングに最適!フィリピンセブ島のATMで利用+ネットで繰り上げ返済する方法

2017.01.11
【おすすめ海外ホテル予約サイト】

「香港の人気ホテル」の格安料金を比較、各予約サイトの会員特典を活用してお得に予約するべし!

アゴダ(Agoda)公式サイト

特長:ホテル予約すると提携企業(航空会社)のマイルやポイントが貯まる特典プログラム【ポイントマックス】

もっと詳しい記事へ

アゴダ割引クーポン情報はこちら

ホテルズドットコム(Hotels.com)公式サイト

特長:通算10泊すると必ず1泊無料になる会員リワード特典プログラム【Hotels.com™ Rewards】

もっと詳しい記事へ

ホテルズドットコム割引クーポン情報はこちら

エクスペティア(Expedia)公式サイト

特長:航空券とホテルを同時予約すると最大ホテル代全額OFF【AIR+割(エアプラス割)】

もっと詳しい記事へ

エクスペディア割引クーポン情報はこちら

 【海外旅行中もネットが使いたいなら海外WiFiレンタルが便利!】

イモトのWiFi」公式サイトをみる

海外WiFiレンタルのグローバルWiFi」公式サイトをみる

SPONSORED LINKS

香港空港のatmでクレジットカードのキャッシング