【セブで健康診断】フィリピンの有名クリニックで受診してみた

フィリピン 健康診断 セブ

南国フィリピンのセブ島で健康診断を受診?!

アジア海外就職をするべく訪れたセブ島にある有名なクリニックで、健康診断を受診した体験談をご紹介します!

フィリピン現地採用で働く人や永住権ビザ取得する人など、これからセブで長期間生活される人はぜひ参考にしてみてください。

フィリピンのセブで健康診断を受診した体験談!

hp8

フィリピンのセブ島で健康診断を受診した理由?

今回、フィリピンのセブ島で健康診断を受診した理由は、海外就職としてセブ島で内定をもらった某企業から就職前の準備として依頼されたからです。

ただし、海外就職でも就職先(企業)によっては、日本で発行した健康診断書が必要なるかもしれません(企業の方針に従うのみ)。

参考:フィリピン海外就職!現地セブ移住後に実践した就活手順8つ

フィリピンのセブ島で健康診断を受診した場所

hp7

今回、フィリピンのセブ市内で健康診断を受診した場所は、市内中心部にある有名な「フェンテ・オスメニア・サークル」の近くにある「Hi Precision – Diagnostics」の支店です。

現地では企業から指定されるくらい有名なクリニックで、フィリピン国内では首都マニラとセブ(マクタン島含む)に、いくつも支店があります。

hp9

また、フィリピンのワークビザ取得以外の永住権ビザ?取得でも、フィリピン国内の病院で健康診断を受ける必要があるようです。

セブ市内なら日本語ヘルプデスクのある「Cebu Doctor’s Hospital(セブ・ドクターズ・ホスピタル)」が、英語が苦手な人でも日本語が通じるので便利かと思います。

健康診断は紹介状があるとスムーズ!

クリニックの受付となる「Customer Service(カスタマーサービス)」カウンターで、まずは健康診断を受診したい旨を問い合わせてみました(基本すべて英語対応)。身分証明書(ID)として、パスポートは必ず持参しましょう。

hp2

私の場合は、内定をもらった企業からの紹介状があったのと、カスタマーサービスのスタッフもその企業名を知っていたので、思ったより最初の出だしは、スムーズでした(ちなみに費用はすべて企業負担)。

hp1

クリニック内は比較的きれいな感じで清潔感がありましたが、エアコンが寒かったので、冷え性の人はご注意ください(南国の定番ですね!)。

▼今回フィリピン初の健康診断で受診した項目は?

実際に私がどのような内容の健康診断を受診したかは、以下の項目となります。

  • X-Ray(レントゲン:胸部撮影)
  • Drug Test(ドラッグテスト:尿検査)
  • Physical Exam + Electronic P.E.(身体検査+よくわからん血圧検査?)

たった3つの項目でだったので、意外と早く診断が終わるかも?と思ってしまったり。

※「Hi Precision – Diagnostics」では、上記項目の診断前に必ず「名前フルネーム、生年月日、診断目的など」を各セクションで確認されます。一応、本人確認をちゃんとする方針のようで少し感心。

hp4

1つ目のX-ray(レントゲン写真撮影)はご想像通りとして。

2つ目のドラッグテスト(尿検査)では、検査前に不正ができないように、荷物を預けたりポケットの中身を出したり、ちゃんとボディチェックもありました。加えて、トイレでも悪さしないように見張られます(※同性のスタッフが対応してくれるのでご安心を)。

3つ目の身体検査では、視力検査と血圧計測?以外に、特に何もしなかった記憶が、、、。というのも、ただ自分の身長、体重を口頭で伝えて、簡単な視力検査、腕に器具を巻いて計測する血圧検査(?)みたいなことをしただけだったので。

あえて言うなら、診断してもらったドクターが(ドヤ顔で)来年の春に日本行きの旅行計画を立てている!という話に、花を咲かせたことくらいしか記憶がありません。

初フィリピン健康診断の所要時間は?

hp6

前述のぶんしょう流れで言うと、あっという間に健康診断が終わったような気になりますが、実際はザ・フィリピン!やっぱり南国タイムだったというのが結論です。

午前10時半頃にクリニックに到着してから、前述の項目の診断が終わったのは午後4時、トータルの所要時間「約6時間」ナリ!

▼原因の予想1:やっぱり人が多い?

現在、日本と同じくらいの人口がいて、爆発的な人口増加も重なり、近い将来日本の総人口を超えることが、ほぼ間違いないフィリピン。

一極集中の巨大都市、フィリピン首都マニラには及びませんが、第二の都市セブでも人口増加は著しく、どこも人でいっぱいです。色々な目的があると思いますが、健康診断を受ける人の数も、比例して多くなるのでしょうか?

▼原因の予想2:やっぱり南国タイムの影響?

南国タイムというより、仕事に対する価値観の違いか。人によってはテキパキ作業をしている(ようにみえる)人もいるのですが、何か効率的ではない作業をしていたり、急ぐ気配がない人が少なくないのが、良くも悪くもフィリピンです。

※もちろん、健康診断受診のタイミングや他の病院及びクリニックによっては、もっと短い所要時間で終える場合もあると思います。

まとめ:フィリピンで健康診断受診する際は時間に余裕を!

hp11

個人的には海外初めて健康診断、フィリピンのセブ島で受診した体験談を簡単にご紹介しました。クリニックに到着当初は、スムーズに事が運ぶと思ったのが最後、結局日中の時間をほとんど費やす結果に。

途中、待機中に待合所のベンチで昼寝をするくらい時間があったので、時間を有効に使いたい人は、ちゃんと対策をしておくことをおすすめします。

【ウーバー】セブ島でUber初体験!利用料金をシュミレーションしてみたよ [プロモコード付]

2016.08.09
SPONSORED LINKS

フィリピン 健康診断 セブ