よく分かるカレンシーオンラインの海外送金方法10手順

currencyonline-top

初めて海外から送金をお考えのワーホリメイカーや留学生、海外移住者や投資家におすすめのカレンシーオンライン。

お得なレートや手数料で、賢く簡単にお金を送金したい人必見!カレンシーオンライン口座開設後の「送金手続き方法」を英語ではなく「日本語」で分かりやすく紹介します! 

海外送金とは無縁で知識もなかった私でも、簡単に海外送金ができた方法なので、ぜひ役立ててみてください。

SPONSORED LINKS

※注意:現在カレンシーオンラインは日本に居住している新規日本人客に対してサービスを提供していません(海外在住者のみサービス対象)。

1. 海外から日本への円建て送金(想定シチュエーション)

カレンシーオンライン円建て送金方法

私が人生で初めて海外送金をするために利用した会社が、今回ご紹介する『カレンシーオンライン(Currency Online)』です。

海外送金の目的は、ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在していた時、オーストラリアにある現地の銀行に預金していたお金を日本の国内銀行に送ることでした。

初めての海外送金!カレンシーオンラインおすすめ理由5つ

2015.06.16

私のようにワーホリや留学で海外生活を経験後、初めて海外(例えばオーストラリア)から日本へ送金をする人も少なくないのではないでしょうか。

海外生活を終える前に、日本帰国に合わせて海外送金をすることが多いオーストラリアなどのワーホリ経験者から、カレンシーオンラインはその使い勝手の良さと両替レートの高さから人気があります。

▼今回の想定シチュエーション

今回ご紹介するカレンシーオンラインを利用した海外送金方法の想定シチュエーションは、以下の通りとなります。

  • 両替日のレートで『※オーストラリアドル』を日本円に両替して、その日本円を日本へ送金する(円建て送金)

オーストラリアドル以外の通貨の場合、例えばカナダにワーホリや留学していてカナダドルから海外送金したい場合は、『※』の中をカナダドルに置き換えてご覧ください。

実際に、私もカレンシーオンラインを利用し、オーストラリアで働いて貯めた豪ドルを、両替日レートで日本円に両替、カレンシーオンラインから日本の銀行へ両替した日本円を送金した最もシンプルで簡単な方法です(直物両替と呼ぶ一般的な両替方法)。

応用:他にも一カ国ワーホリだけではなく、オーストラリアワーホリ終えて、ニュージーランドやカナダでのワーホリをする際にも、両国間の資金の移動にも活用できるでしょう(受取には現地銀行口座が必要)。

2. カレンシーオンラインを利用した海外送金に必要なもの

カレンシーオンライン円建て送金方法

前述の想定シチュエーションで、カレンシーオンラインを利用して海外から日本の銀行へ海外送金する際に、必要なものをご紹介します。まだカレンシーオンラインの口座開設をしていない人は、以下の記事を参考にしてくださいね。

【備考】口座開設時の紹介コード(Referral code):「SHK887」をお忘れなく(もしくはオペレーターの方へお伝えください)。

簡単5分!カレンシーオンライン海外送金口座を開設する方法

2015.06.17

日本の銀行へ海外送金する際に必要なもの2つ

  • 送金元の現地銀行口座にたっぷり貯めたお金(例:オーストラリアの現地銀行に預金している豪ドル)
  • 送金するお金を受取る日本の銀行口座※
※注意:日本の場合、海外からの送金受取が可能な銀行口座が必要です。日本国内大手銀行ならともかく、地方銀行等の一部の金融機関は海外からの入金を受付けていません。

少しでも手数料を抑えたい方は、海外送金の受取り手数料を節約できる新生銀行がおすすめです。

【新生銀行】被仕向送金の受取手数料0円!海外から日本へ送金する前に準備しておきたい口座

2016.09.28

日本の銀行口座情報

後ほどご紹介する送金手続きで、日本の銀行口座情報を登録する際に、必要な項目は以下の通り。英数字入力で日本語不可。

カッコの中は、わかりやすい例として新生銀行の本店口座へ送金する場合を想定しています。※口座登録住所は例として皇居の住所。

  • 口座名義(例:HANAKO JAPAN)
  • 口座名義人住所(例:1-1 Chiyoda, Chiyoda, Tokyo JAPAN 100-8111)
  • 口座番号(例:123-4567890)
  • 銀行名(例: SHINSEI BANK, LTD., HEAD OFFICE)
  • 銀行住所(例: 2-4-3 NIHONBASHI-MUROMACHI, CHUO-KU, TOKYO, JAPAN )
  • BIC(SWEFT code※)(例: LTCBJPJT)
※「BIC(SWEFT code)」:海外から日本に送金する場合に用いる金融機関識別コードネーム。
Wikipediaの「日本の金融機関のSWIFTコード一覧」が参考になりますが、念のため各人、受取銀行のウェブサイトで直接確認しましょう。

3. カレンシーオンライン送金手続き方法を徹底解説!

海外から日本の銀行へ初めて海外送金をする人の要望(良いレートで両替して簡単に海外送金したい)にお答えして、最もシンプルで簡単な方法をご紹介します。

カレンシーオンラインを利用した送金手順の方法を、ステップ1〜ステップ10までの流れでご説明します。カレンシーオンラインのウェブサイトでは「英語のみ」対応となっているので、英語が苦手な方はご参考までに、ぜひ役立ててくださいね。

ステップ1:アカウントにログインして手続き開始!

  • まず、開設したカレンシーオンライン口座のアカウントにログイン。そして、メインページのメニュー項目の「New Transaction」を選ぶ。
カレンシーオンライン円建て送金方法

ステップ2:基本的な手続きの流れを確認

  • 基本的な手続き流れを確認したら「Start」をクリックして次のページへ。
カレンシーオンライン円建て送金方法

ステップ3:両替通貨と両替内容を選択

  • 希望の送金通貨「AUD – Australian Dollar」と受取通貨「JPY – Japanese Yen」を選択する。
  • 両替方法は以下「※解説の1.」を選び、次のページへ。

※解説:この記事では両替したいオーストラリアドル額を日本円へ両替する場合として説明しています。

  1. 両替したいオーストラリアドル額を日本円へ両替する場合
  2. 日本円で欲しい明確な金額をオーストラリアドルに換算して両替する場合
カレンシーオンライン円建て送金方法

ステップ4:見積り内容を入力

  • 両替したい「豪ドル金額」を入力、ここでは「決済日(Value Date)」入力不要(一般的な両替方法なので※)、「Get estimaite」を選択する。
カレンシーオンライン円建て送金方法

 

注意:ここでは一般的な両替方法(直物取引)なので日時指定をしません。先渡し取引では決済日を指定しますが、取引にデポジットが10%必要となります。

ステップ5:見積り内容を確認

  • ステップ4で入力した両替する豪ドル金額と日時の下に、「両替レート、見積り両替金額(日本円)、手数料※、手数料を含めたトータルコストの豪金額」が表示されるので、確認したら「Continue」から次のページへ。
手数料:両替金額が1万豪ドル以上であれば無料、それ以下は12豪ドル(他金融機関比べても安い)
カレンシーオンライン円建て送金方法

ステップ6:受取人&受取口座情報を登録

  • 次のページでは、受取人と受取銀行の情報を入力する必要があるので、ページ中の「Create recipient」を選択する。
カレンシーオンライン円建て送金方法

ステップ7:受取人と受取口座情報を入力

  • 以下の写真のように「受取人の情報、日本の受取銀行情報(口座番号や銀行住所等)」を入力する画面が現れるので、間違えないように入力する。
  • 必要な項目を入力して保存すると、先ほどの画面に戻るので、次のページへ進む。

※「Your template name」とは、カレンシーオンライン上で受取先情報を選択するときの表示名(ニックネーム)。わかりやすいよう最初は自分の名前で良いです(後から変更可能)。

カレンシーオンライン円建て送金方法

受取銀行の情報を入力する欄にある、よく聞き慣れない言葉に「BIC(SWEFT code)※」や「National clearing code」とあります。どちらかを入力する必要があるので、受取する日本の銀行の「BIC(SWEFT code)」を入力しましょう。日本の銀行に送金する場合「National clearing code」は基本入力不要でOK。

※「BIC(SWEFT code)」:海外から日本に送金する場合に用いる金融機関識別コードネーム。
Wikipediaの「日本の金融機関のSWIFTコード一覧」が参考になりますが、念のため受取銀行のウェブサイトで直接確認しましょう。

カレンシーオンライン円建て送金方法

メモ:念のため追加情報として「Your additional payment information」の欄へ、支店名や店版、連絡先メールアドレスを入力しましょう。

カレンシーオンライン円建て送金方法

ステップ8:重要事項を確認

  • 次のページでは利用上の重要事項を確認後、チェックを入れてから次へ進む。

カレンシーオンライン円建て送金方法

ステップ9:取引内容に合意、カレンシーオンライン指定口座へ振込

  • 両替レートや両替金額に了承して取引を確認。
  • Summaryをもとに振込期日までに決められた取引金額をカレンシーオンラインが指定した振込先口座へ振り込む。

注意1:カレンシーオンラインが指定する口座へ、両替金額(手数料が発生する場合は手数料を含む)を振込む際、相手に振込内容を参照する項目へ「Contract Number」を忘れずに入力する必要があります。※振込人を判断するためです

注意2:銀行から1日の振込限度額が設定されている場合、両替金額が大きいと数回に分けて振込むことになりますが、注意1のように振込毎に必ず「Contract Number」入力を忘れずに。

カレンシーオンライン円建て送金方法

ステップ10:着金確認メール受信

  • ステップ9で指定された口座へ振込完了すれば、カレンシーオンラインから振込着金確認のメールが届く(メール返信不要)。その後、カレンシーオンラインから日本の銀行へお金が振込まれる。
カレンシーオンライン円建て送金方法

以上、取引完了!お疲れさまでした!

まとめ:日本に円建て送金するならカレンシーオンライン!

海外送金が初めての方も、上記で説明したステップ1〜10を参考通りに行えば、簡単に海外送金手続き(円建て直物両替)が出来たのではないでしょうか。取引通貨を変更すれば円建て以外にも応用ができます。

私の場合は、カレンシーオンラインの送金対応が(たしか3営業日以内と)非常にスムーズで、すぐに日本の銀行へ着金が確認できて驚いた記憶があります。

その際、日本の受取銀行から資金使途について確認の連絡があり、北朝鮮やテロの裏金?でないとこを回答すると、翌営業日には受取口座へ入金がありました。ただし、私は決して工作員ではありません(笑)

海外送金をお考えのワーホリや留学仲間の友人にも、シェアしていただければうれしいです。

簡単5分!カレンシーオンライン海外送金口座を開設する方法

2015.06.17

【新生銀行】被仕向送金の受取手数料0円!海外から日本へ送金する前に準備しておきたい口座

2016.09.28
SPONSORED LINKS

カレンシーオンライン 両替レート