初めての海外送金!カレンシーオンラインおすすめ理由5つ

海外送金 カレンシーオンライン 日本

海外留学、ワーホリ、海外移住や投資で、海外の金融機関から日本の銀行にお金を送る「海外送金」をする人も少なくありません。

実際、私もワーキングホリデーで生活していた海外オーストラリアから日本へ海外送金を経験しました。

当時の私は海外送金の知識も経験もなかったので、どのようにお金を送ればよいのか、ただただ不安でした。

(私の場合はオーストラリア)海外から日本へ『良い両替レートで手数料もなるべく抑えたい。しかも簡単な手続きで送りたい。』と、極めてワガママな悩みを解決してくれる海外送金の方法が知りたかったのです。

それを解決してくれたのが、今回ご紹介する海外送金におすすめの「カレンシーオンライン(Currency Online)」です。

海外でお金を貯めたワーホリメイカーなど、これから初めて海外送金をしたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください!

SPONSORED LINKS

※注意:2017年現在「カレンシーオンライン」は日本に居住している新規日本人客に対してサービスを提供していません(海外在住者のみサービス対象)。

1. 海外から日本へ初めての海外送金(例:オーストラリアから日本へ)

カレンシーオンライン海外送金

前述の通り、オーストラリアのワーキングホリデーで稼いだお金を日本へ送金するまでは、私は海外送金について全く知識がありませんでした。

当時の私と同じように、カナダやニュージーランドなどでワーホリをしている人も、帰国する前に現地で貯めたお金を日本の銀行へ送りたいと考えている人も、きっと少なくないはず!

海外送金をする前の不安や悩み?

海外送金って、、、普通はみんな難しく考えがちですよね。当時、私が初めて海外送金を考えた時の不安や悩みは、こんな感じ。

  • どうやったら簡単に海外から日本へお金が送れるのか?
  • お得な良いレートで両替するには?
  • 手数料も安く済ませたいけどFXなどトレード知識もない
  • 難しい説明をされるのはちょっと困る

こんな感じで、海外からお金を送るなんて煩雑でちょっと難しそう、、、と思われるかもしれません。

しかし、これが意外と簡単に解決したキッカケが「カレンシーオンライン」でした。

2. 初めての海外送金でも安心の「カレンシーオンライン」

カレンシーオンライン海外送金

海外から日本にお金を送るときに、どの金融機関を利用すれば良いの?いろいろと情報収集しましたが、最終的に納得して利用している金融機関が『カレンシーオンライン(Currency Online)』です。

実際にどんな会社なのかは、簡単に説明すると。

カレンシーオンラインは、法人・個人の国際決済/両替を、オンライン上で24時間簡単に行うことができる、外貨オンライン両替サービスをご提供している会社です。

3. 海外送金にカレンシーオンラインをおすすめ理由5つ

カレンシーオンライン海外送金

その1:両替レートが良い!

カレンシーオンラインの特徴として、海外の現地銀行や他の両替金融機関に比べて両替レートが良い点が挙げられます。

最も重要視したのは、やはり競争力が高く両替レートが良いところです。

この点でカレンシーオンラインは、オーストラリアのワーホリメイカーにも知られている他の有名金融機関(例:K○B)のパフォーマンスよりも上回っています。

▼例:両替レートが1円違う場合どのくらい差があるの?

両替する資金量にもよりますが、両替レートが1円違うだけで以下のように大きな差が生まれます。

例:オーストラリアドル1万豪ドルを日本円に両替する場合の単純計算。

  • 1豪ドル=100円だと、日本円で100万円
  • 1豪ドル=99円だと、日本円で99万円

お分かりのように両替レートが1円違うだけで「1万円」も差が生まれます!(FXだとこの差だけで大損をしたり儲かったりする世界)。

これは、日本の銀行で受け取るときに必要な手数料よりも大きな額になります。両替レートが良いことに超したことはないのです。

海外送金のポイント

海外送金で最重要視する点は「両替レート」です!

その2:手数料が安い!

カレンシーオンラインは、単純明快で低価な手数料。大抵1万通貨以上の場合は手数料無料ですが、それ以下の金額でも手数料は他の金融機関よりも安い傾向があります。

カレンシーオンライン 両替 通貨

カレンシーオンラインが取り扱う主要通貨は、以下の通り。

  • オーストラリアドル
  • カナダドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • 日本円
  • ニュージーランドドル
  • アメリカドル

オーストラリアドルの場合、1万豪ドル以下は手数料無料、それ以下の金額の場合は12豪ドルです(カナダも同等)。

その他の通貨(スイスフラン、香港ドル、フィリピンペソ、シンガポールドルなど)も以下の通り。

カレンシーオンライン 両替 通貨

その3:安心の日本語対応ヘルプデスク

営業時間による時間制限はあるものの、日本語オペレーターさんがいるサポートデスクもポイントです。

もし日本語オペレーター以外の人が電話にでたら「ジャパニーズ・オペレーター・プリーズ」といえばOK。

正規お取引口座開設者に24時間通話無料のヘルプデスクサポートを、日本時間月曜日午前4時30分から土曜日午前4時までのあいだご用意しています。

*日本語による対応は日本時間の平日月曜日から金曜日の9時から17時となります。

カレンシーオンライン(Currency Online)』ウェブサイトより

過去私の経験でも、実際に電話対応してくださった日本人オペレーターの方が非常に親切で助かりました。

わからないことを丁寧に教えてくれたのも好印象。私たち日本人にとってすごく大事ですよね。

【カレンシーオンライン口座開設のポイント】

口座開設時は、紹介コード(Referral code):「SHK887」の入力をお忘れなく(もしくはオペレーターの方へお伝えください)

その4:オンラインですべて完結できる

海外のどこにいても便利なオンライン利用ができる点です!

ワーホリ中の当時私の場合、わざわざ銀行に行って送金手続きをしたり、書類等を郵送しなくて済むことは、国土が広く不便なオーストラリアでは結構大事なポイントでした。

その5:簡単な口座開設+送金手続き

海外送金する時に必要なカレンシーオンラインの口座開設は、「オンライン」で簡単にできる点もポイント(※2017年現在:海外在住者のみ口座開設が可能

オーストラリアやカナダに限らず海外在住者は、カレンシーオンラインの口座開設に必要な書類を準備すれば、あとはネットで簡単に手続きが完了します。

簡単5分!カレンシーオンライン海外送金口座を開設する方法

2015.06.17

まとめ:海外から日本にお金を送るのに最適なカレンシーオンライン!

カレンシーオンライン 両替レート

今回は、簡単にカレンシーオンラインをおすすめする理由をご紹介しました。

私自身、ワーホリ生活をしていたオーストラリアから日本へ海外送金するときに、カレンシーオンラインの両替サービスを利用してお金を送りました。

海外在住者に限りますが、海外投資家を始め、特にワーホリや留学で海外在住時に海外送金を考えている人にはピッタリのサービスだと思います。

何と言っても、全く海外送金の知識も経験もなかった当時の私でも、良い両替レートで節約して簡単に日本へ向けて送金できたのですから。

詳細:カレンシーオンライン

【新生銀行】被仕向送金の受取手数料0円!海外から日本へ送金する前に準備しておきたい口座

2016.09.28
SPONSORED LINKS

海外送金 カレンシーオンライン 日本