【Coffee Madness】セブ島リロアンの知る人ぞ知るカフェがおすすめ [プール付]

セブ カフェ おすすめ

南国フィリピン・セブ島のカフェで美味しいコーヒーを飲みたい人必見。

セブ市街の喧噪から離れた場所にある知る人ぞ知るオープンカフェ『Coffee Madness』をご紹介します!(個人的にもお気に入り!)

セブでまだ美味しいコーヒーに出会ってない人、コーヒ好きなら一度は訪れたい素敵なカフェなので、ぜひ参考にしてください。

セブ島で美味しいコーヒーに巡り合うなら『Coffee Madness』!

セブ カフェ おすすめ

フィリピンのセブ島(特にセブ市内)は絶賛カフェブーム中?と思うくらい、次々と新しいカフェができています。貧富の差は未だ目立つフィリピンで、カフェでコーヒーを楽しむ人達(中間層)が増えてきた証なのでしょうか。

庶民の給料や物価から考えると、一般的に高価なスタバをはじめとするカフェチェーン店でも、多くの学生が勉強したりおしゃべりしている姿は、もはや日常的といっても過言ではありません。

そこで今回は、コーヒーオタクとは言わないまでも、それなりに美味しいコーヒーが好きな私が気に入っている、セブ島のリロアンにあるカフェ『Coffee Madness』をご紹介します!

緑の多いオープンテラスで開放感のあるカフェ

ご紹介するカフェ「Coffee Madness」は、屋外にあるオープンスタイルなのも特徴。街中の喧噪から離れた場所にあるので、騒音や排気ガスもほとんど気になりません。

マンゴーツリーなど木々や緑も多いので、リラックスできるのもポイント。

後述しますが、カフェの場所がセブ市内から離れているため、タクシーやバイクなど車でしかいけないので客層も良い感じです。

敏腕バリスタが作るコーヒーが美味すぎる!

セブ島のカフェで飲むコーヒーのクオリティは、カフェ同士の競争やエスプレッソマシンの機能によって年々マシになっていますが、前述した通りバリスタによってその差が歴然なんです。

泡のきめ細かさや量、温度やラテアートもセブ島で指よりのコーヒーが「Coffee Madness」では楽しめます。

 

@parekoparekoが投稿した写真

ちなみに「Coffee Madness」のオーナーはバリスタも兼ねていて、彼のコーヒーに対する姿勢が、このカフェで美味しいコーヒーを楽しめる理由でもあります。

美味しいピザやデザートもあるよ

もちろんコーヒーだけではなくピザ(美味しい!)やデザートもメニューにあります。コーヒーだけじゃ物足りない人にはピッタリです!

セブ カフェ おすすめ

デザートの味付けはやや甘めのフィリピン仕様?。ピザは何種類かあって人数によってサイズも選べるのがうれしいところ。

カフェだけど立派なプールもあるよ!

そう、カフェのスペースだけではなく「プール付き」なところが「Coffee Madness」の特徴でもあります。個人的にカフェのオープン当時に訪れた時は、まだまだ工事中だったプールが、いまでは立派なプールとして楽しめることに驚き!

プール利用は有料ですが、日中の暑いときにプールで泳いでクールダウンするのも良いかも。プールサイドで、ゆっくりコーヒー飲んだり食事をするのも楽しいよ。

夜カフェの雰囲気も良い感じ!

夕方、日が暮れてからの様子は、騒音もなくカフェのスピーカーから流れるBGMとお客たちの会話で、ピースな良い感じの雰囲気。夕食としてもまた夕食後にコーヒーを飲みにくるのもいいかも。

おしゃべりをしているとあっという間に時間が経過してしまうそんないい雰囲気です。

まとめ:セブ市内に引きこもってないで足を伸ばしてみるキッカケに!

セブ カフェ おすすめ

過去を 振り返るとフィリピン・セブ島にあるカフェでコーヒーを頼むと、バリスタによってクオリティの差が激しすぎるという苦い経験を何度も味わってきました。

南国フィリピンらしいと言えばそれまでなのですが、恐らく残念に感じたことのある人も少なからずいると思います。今回ご紹介した『Coffee Madness』は、私の勝手な主観ですがセブ屈指のカフェだと感じるので、ぜひ足を運んでみてください。

▼セブ島リロアンにあるカフェ『Coffee Madness』の詳細

  • 住所:6002 Tayud Liloan, Cebu(※ポケストップ有)
  • 営業時間:午後3時〜午後10時 (火 – 木曜日)  – 午後3時〜午後11時 (金曜 – 日曜日)
  • 定休日:月曜日
  • 詳細 :Coffee Madness – Facebook (@Coffee.Madness.C.M)

ちなみに、カフェの場所が少しわかりづらい場所にあるのと、カフェの周囲には流しタクシーがほとんど走ってないので、帰りはUber(ウーバー)などのタクシー配車サービスを利用する必要があります。

個人的には、行き先や配車の詳細な場所をアプリの地図から依頼できるUber(ウーバー)がおすすめです。

【ウーバー】セブ島でUber初体験!利用料金をシュミレーションしてみたよ [プロモコード付]

2016.08.09
SPONSORED LINKS

セブ カフェ おすすめ