【体験談】エアスイフト航空でフィリピンのボラカイ島からエルニドまで最短ルート移動してみた

エアスイフト航空の飛行機でボラカイからエルニドへ移動

『フィリピン行くならボラカイ島とエルニドどっちも旅行してみたい!でも旅行日程が限られている、、、。』

フィリピンのホットな旅行スポットとして人気のボラカイ島、秘境と呼ばれるエルニド、せっかくなのでどちらも楽しみたいですよね。

旅行日程が限られている旅行者の場合、ボラカイ島とエルニドをダイレクトに最短で移動して、移動時間を短縮したい!って人は、きっと少なくないはず。

そこで、そんな人には今回ご紹介する「エアスイフト航空(AirSWIFT)のボラカイーエルニド便」を利用することをおすすめします。

パラワン島のプリントプリンセサ空港を利用してエルニドに向かうルートよりも、はるかに時間的コストと体力的負担を軽減できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

エアスイフト航空の飛行機でボラカイ〜エルニド間を最短移動

今回利用したフィリピンのボラカイ島とパラワン島にあるエルニドの間の移動手段は、フィリピン国内線を運行する「エアスイフト航空(AirSWIFT)」です。

片道1時間!フィリピンの秘境エルニド×ボラカイ島を移動するならエアスイフト航空が便利だよ

2017.06.13

ボラカイ島の最寄り空港(MPH)とエルニド空港(ELN)までも結ぶ、とっても便利な航空会社。

ボラカイ島とエルニドの2ヶ所をセットにしたフィリピン旅行プランを計画しているなら、ぜひおすすめです!

ボラカイーエルニド間の航空券の値段

ボラカイーエルニド間の航空券の値段

ボラカイ(MPHエルニド(ELN)間の航空券は、エアスイフトの公式ウェブサイトでオンライン購入しました。

【ボラカイーエルニド間のチケット料金】

10KGの受取荷物込み料金がセットになって片道5320ペソ(約11700*)でした。プロモ があればもっと安いかも。

*1PHP=2.2円換算:20177月情報)

エアスイフト航空のチケット予約方法

フィリピン国内線を運行するエアスイフト航空のチケット予約購入方法は、オンラインで行えます。

ちなみに、エアスイフト航空のウェブサイトは英語版なので、英語が苦手な人は以下の記事で解説してみたので、参考にしてみてくださいね。

エアスイフト航空 (AirSWIFT) のチケット予約購入方法【日本語解説】

2017.07.19

エアスイフト航空の利用体験の流れ(ボラカイーエルニド間)

エアスイフト航空の利用体験の流れ(ボラカイーエルニド間)

ここからは、エアスイフト航空の利用体験について、簡単にご紹介したいと思います。

今回私が利用した「ボラカイ→エルニド行き」の流れになるので、海外での飛行機の搭乗に慣れていない人は、事前のシュミレーションになるかと。

ボラカイ島最寄りのカティクラン空港でチェックイン

ボラカイ島最寄りのカティクラン空港でチェックイン

まずは、ボラカイ島最寄りのカティクラン空港(MPH)内にあるエアスイフト航空のチェックインカウンターで、チェックインします。

エアスイフト航空のチケット(ボラカイーエルニド)

チェックインしてチケットを手に入れたら、右奥にある通路を進んで手荷物検査を受けます。

エアスイフトの乗客には無料の軽食が提供される

次に、手荷物検査ゲートを抜けた先にある待機スペースで、搭乗時間を待ちます。椅子に座って待っていると、エアスイフト航空の特典として軽食が提供されました。

エアスイフトの乗客には無料の軽食が提供される

エアスイフトの紙袋の中には、水(ペットボトル500ml)とサンドウィッチ、お菓子が入っていたので、ちょっとうれしかったです(お腹減ってたので)。

提供された軽食は、機内で食べることも可能。

専用のミニバスでターミナル移動

専用のミニバスでターミナル移動

搭乗時間が近づくと、エアスイフト航空の乗客に向けてアナウンスがあり、専用のミニバスに乗って、ターミナルを移動。

エアスイフト航空利用体験

VIP対応?!エアスイフトの機体搭乗口前にはレッドカーペット

エアスイフトの機体搭乗口前にはレッドカーペット

エアスイフト航空の飛行機に近づくと、思わず驚いてしまったのが、機体搭乗口の前になんとレッドカーペットが!

そんなVIP待遇をしてくれる航空会社なんだ、、、と驚き。ちょっとした工夫が乗客の気分を高めますよね。同じく他の乗客も写真撮りまくっていました!笑

エアスイフトの機体搭乗口前にはレッドカーペット

ちなみに、この時のエアスイフト航空の乗客はわずが10人程度。いうまでもなく、ほぼ貸切状態の機内でした。

ボラカイ島を見下ろしながらエルニドへ向けて移動

ボラカイ島を見下ろしながらエルニドへ向けて移動

上空を飛び立った機内の窓から地上を見下ろすと、青く美しい海に囲まれたボラカイ島。

天気が良ければいい感じの光景が広がっています。

所要時間わずか1時間でパラワン島エルニド空港に到着

所要時間わずか1時間でパラワン島エルニド空港に到着

ボラカイ島最寄りのカティクラン空港を飛びったってから約1時間、パラワン島北部のエルニド空港に到着しました。

エルニドに向かう別のルート(パラワン島のプリントプリンセサ経由)よりも、はるかに簡単で短時間。

これなら片道1万円くらい払う価値があるのかなと。

▼エルニド空港は小さいけどリゾート感ある南国デザイン

エルニド空港は小さいけどリゾート感あるデザイン

エルニド空港を利用する航空会社は多くない感じ、、、むしろエアスイフト航空以外の航空会社の機体が見当たりませんでした。

空港の建物は小ぢんまりしていて、でも建物内はちょっとしたリゾート感が漂います。

エルニド空港は小さいけどリゾート感ある南国デザイン

荷物を預けた人はここで待機して、預け入れ荷物の到着を待つことになります。

エルニドの高級リゾートホテルを予約している場合は、ホテルの送迎が空港の外に待機していると思います。

ホテルの送迎がない人は、別の方法でエルニドタウンや宿泊施設まで移動することになります。

まとめ:ボラカイとエルニドを旅行するならエアスイフト航空が最適!

ボラカイとエルニドを旅行するならエアスイフト航空

フィリピン旅行を計画している人の中で、ボラカイ島とエルニドをどっちも楽しみたい!という欲張りな人(私のような)は、ご紹介したエアスイフト航空の利用をおすすめします。

ボラカイ島とエルニドとでは、同じいまホットなフィリピンの旅行スポットとはいえ、全然違った場所に感じるくらい「魅力が異なる」ので、その辺も楽しめるかと。

ぜひ良いご旅行を!

よくわかるエルニドの行き方!日本からフィリピン最後の秘境へのアクセス方法

2017.05.10

【ボラカイ旅行】日本からボラカイ島への行き方を紹介するよ

2016.08.18
【おすすめの海外ホテル予約術】

「パラワン島エルニドの人気リゾートホテル」の格安料金を比較、各予約サイトの会員特典を活用してお得に予約するべし!

アゴダ(Agoda)公式サイト

特長:ホテル予約すると提携企業(航空会社)のマイルやポイントが貯まる特典プログラム【ポイントマックス】

もっと詳しい記事へ

アゴダ割引クーポン情報はこちら

ホテルズドットコム(Hotels.com)公式サイト

特長:通算10泊すると必ず1泊無料になる会員リワード特典プログラム【Hotels.com™ Rewards】

もっと詳しい記事へ

ホテルズドットコム割引クーポン情報はこちら

エクスペティア(Expedia)公式サイト

特長:航空券とホテルを同時予約すると最大ホテル代全額OFF【AIR+割(エアプラス割)】

もっと詳しい記事へ

エクスペディア割引クーポン情報はこちら

SPONSORED LINKS

エアスイフト航空の飛行機でボラカイからエルニドへ移動