【まとめ】オーストラリアワーホリ界隈を騒がしたバックパッカー税導入延期ニュースって?

オーストラリア バックパッカー税 延期

2016年5月某日、オーストラリアのワーホリメイカーを紆余曲折がありながらも騒がせたあのニュース!

オーストラリア政府の方針に振り回されながらも、導入が半年延期されたバックパッカー税問題。

ちょっと騒ぎが落ち着いたところで、件のニュースについて簡単に振り返ってみました。

これからオーストラリアにワーキングホリデーで訪れる予定の人は、ぜひご参考に!事前情報として一度目を通してみてくださいね。

SPONSORED LINKS

半年延命?!オーストラリア税制改正によるバックパッカー税の行方。

オーストラリア バックパッカー税

※追記(2016年10月):豪政府発表により最終的にバックパッカー税(ワーホリメイカーに対する所得税)は当初案32.5%税率ではなく、2017年1月より収入1ドルから所得税「19%」の税率が適応されることになりました(収入37,000ドル以下までの税率)。

オーストラリアワーホリ2017年から新税率!バックパッカー税ついに決着したみたい

2016.10.09

バックパッカー税の行方、、、なんてカッコつけた見出しを付けてしまいましたが(汗)オーストラリアワーホリ界隈を中心にちょっと前に騒がれていたあのニュースについて、今さらながら簡単に振り返ってみたいと思います!

事の発端となったのは、当初より予定されていたオーストラリアの税制改正案の一部(本題のバックパッカー税)が、2016年5月に再審議のため延期されるというニュースが報じられました。

現地オーストラリアの大手メディア、海外メディアの報道

この税制改正案(バックパッカー税:ワーホリメイカーを対象とした重税案)の導入延期については、オーストラリアの選挙がらみの国内政治問題、特に農業団体からなどの抗議や圧力もあったのでしょう。ワーホリメイカーが大きな労働力となっている農業分野にとっては、死活問題ですから。

当時、現地オーストラリアの大手メディアだけではなく、英国のBBCまでも大きく報道されたほど。当のワーホリメイカーだけでなく、世界的にもちょっとした注目のニュースだったのは、間違いなかったないみたい。

オーストラリアのワーキングホリデービザを取得できる国は、2016年時点で世界に29カ国ある中、やはり同じ英語圏のオーストラリアを訪れるイギリス国籍のワーホリメイカーは、たしか世界一の数だったような、、、だからか。

▼日本国内の大手ニュースサイトでも取り上げられた!

一方の日本国内では、Yahooニュースに件の記事(時事通信)が取り上げられました。オーストラリアのワーキングホリデーに関心のなかった一般層まで情報がリーチしたこともあって、ちょっとしたネタにもなったようです。

ワーホリ界隈のブログであれば、Famzさんが運営しているブログ『Famz』の記事が、当時タイムリーな速報を配信されていたので参考にされた人も多いと思います。

【速報】オーストラリアのバックパッカー税が導入6ヵ月延期!豪メディアの報道まとめとヤフーニュースの誤報道

 

ちなみに、当ブログで2015年6月(バックパッカー税の導入発表当初)に書いた以下の記事は、予てよりというか投稿して以来、ずーっとよく読まれ続けています。※導入延期について追記済み。

急げ出稼ぎワーホリ!2016年オーストラリア税制改正でワーホリ重税とその対策

2015.06.07

記事内容は、これまではワーホリメイカーでもタックスリターン(確定申告)で還付金が戻ってくるという抜け道があったことに加え、豪政府が発表した2015年度の税制改正案によって、ワーホリメイカーに対して通称『バックパッカー税』が課せられるよ、というもの。

特に「出稼ぎワーホリ」と私が勝手に呼んでいる、オーストラリアワーホリでガッツリ働いてお金を稼ぎたい人たちを中心に、よく記事が読まれたんだと予想しています。記事の反響も大きい分、現地の現役ワーホリメイカーや、これからオーストラリアワーホリに挑戦する人たちの税金(バックパッカー税)の関心度の高さが垣間みれます。

記事を書いた当初は、ここまで読まれるとは思っていなかったので、ブログの面白さを知るキッカケとなっています(読者の皆さんありがとうございます!)。

これからバックパッカー税をどう捉えるのか?

オーストラリア バックパッカー税 対策

オーストラリアの政治(選挙)も絡んでいる案件なので、もうオーストラリア政府の舵取り次第ってところです。2017年1月からバックパッカー税が導入されることを前提に、これからオーストラリアワーホリをどう楽しむかを考えた方が、結果的に良い方向に物事が進んでいくのではないかと思います(ポジティブシンキング!)。

▼もうオーストラリアワーホリで稼げないの?

バックパッカー税が導入されれば、ほとんどのワーホリメイカーは、これまでのように給料から天引きされていた所得税が、タックスリターンによって還付金(ボーナス感覚!)として手元に戻ってくる可能性が、ほぼ無くなるだろうと予想されます。これからはタックスリターンの恩恵を期待しないで、手取りの給料のみでやりくりしければいけません。

また、これまでも現地でよく耳にしていた話ですが、これからキャッシュジョブで働く人も増えるのでは?と勝手に想像しています。※キャッシュジョブとは、給与明細などなく現金手渡しで給料が支払われるお仕事。自分は経験がないので何とも言えませんが、税引後の手取り額よりも少し高い給料でキャッシュジョブとして雇われる、みたいな人が増えるかも。

やっぱり高い給料の仕事を手に入れて長期間働くというのが、イチバン確実に稼ぐ方法でしょう。これまでの方程式が通じなくなるとすると、今後オーストラリアワーホリでガッツリ稼ぐ方法を見つけて情報発信する人は、ある意味よりワーホリ界隈から注目を浴びることでしょう。

まとめ:あなたのオーストラリアワーホリの目的は?

オーストラリア バックパッカー税

お金稼ぐ以外の魅力がオーストラリアワーホリにはある!って、散々出稼ぎワーホリの体験談記事を書いていきながら、そんなカッコつけたフレーズを言える立場でもないのですが、、、。

オーストラリアだけに限りませんが、日本を離れて海外で働く経験ができるのは、ワーホリの特権です。現地オーストラリア人だけでなく、ヨーロッパや南米、アジア諸国から訪れている各国のワーホリメイカーと、一緒に働いたりシェアハウスなどで共同生活を送ったりなど、かけがえのない貴重な体験ができるのです。

やっぱり、各国出身のいろんな人と出会って共有した時間とその思い出が、ワーホリ生活での何よりの財産と言っても過言ではありません(もちろんお金も大事ですよ!)。

ワーホリでガッツリ稼ぐ!というプライオリティは下がるかもしれませんが、それ以外の魅力がまだまだオーストラリアワーホリにたくさんあるように思うのです。

豪政府の政情によって、今後バックパッカー税が延期後に導入されるのか、はたまた内容変更や破棄の方向になるかわかりませんが、この件は各人のワーホリの目的を改めて考えさせられるキッカケとなるでしょう。

オーストラリアワーホリ2017年から新税率!バックパッカー税ついに決着したみたい

2016.10.09
SPONSORED LINKS

オーストラリア バックパッカー税 延期