早期タックスリターン!日本から格安手数料で申請する秘訣

早期タックスリターン オーストラリア

オーストラリアの会計年度途中でワーホリや留学を終えて、日本帰国した後に申請する人が多いであろう『早期タックスリターン』。

日本からの申請でも、なるべく費用を安く抑えることができ、かつ日本語対応のワガママな要望に答えてくれるおすすめのタックスエージェントをご紹介します!

早い、安い、簡単の三拍子揃ったおすすめの理由は、どこかのキャッチコピーさながら。

実際に私が日本から利用したエージェントなのでご安心ください。とにかく、早期タックスリターンの費用を抑えたい方にはピッタリです!

※『早期タックスリターン』とは、オーストラリアの会計年度途中でタックスリターンを申請すること。

SPONSORED LINKS

1. オーストラリアの早期タックスリターンとは?

早期タックスリターンオーストラリア

まずはじめに、オーストラリアの会計年度についてご説明します。

オーストラリアの会計年度:7月1日から翌年6月30日まで。通常タックスリターンは、翌年10月末までに行う必要があります。

※ちなみに日本は、1月1日から12月31日まで、確定申告(オーストラリアでいうタックスリターン)は翌年3月末までに行いますよね。

通常のタックスリターンは7月1日以降〜10月末までに行う必要がありますが、それを待たずして会計年度途中で申請するため、早期(アーリー)タックスリターンと呼ばれています。

例えば、2014年9月から2015年3月までファームやシティージョブで働き、翌月の4月に日本へ帰国する場合など。

この記事では、会計年度途中でワーホリや留学を終えてオーストラリアを出国する人や、既に日本へ帰国している人が主な対象となります。

2. オーストラリアの早期タックスリターンに必要なもの

早期タックスリターンオーストラリア

早期タックスリターンをタックスエージェントに依頼する前に、まずは申請に必要なものを準備しましょう。主に必要なものは以下の通りとなります。

  • タックスファイルナンバー(TFN)
  • 源泉徴収票(PAYG Summary)※1
  • 働いていた会社の情報(会社名やABN番号)
  • 経費情報※2
  • 銀行口座(還付金振込先のオーストラリア国内の銀行口座もしくは日本の銀行口座)※3

※1源泉徴収票(PAYG Summary)について:通常、源泉徴収票(PAYG Summary)は7月1日から7月14日までに雇用主から従業員へ渡すのが義務となっています。しかし、早期タックスリターンの場合は、それまで待たずに申請するので、事前に雇用主から源泉徴収票(PAYG Summary)を手に入れる必要があります。もし、雇用主が要望に応じない場合は、タックスエージェントに相談してみましょう。

※2 経費について:経費総額300ドル分を超える場合は、レシートを証拠として残しておく必要があります。ファームジョブであれば軍手や靴、シティジョブであれば文房具や仕事関係の書籍代など、また前年度のタックスリターンの費用も経費として控除することが可能です。経費か否かの詳しい判断は、ご利用するタックスエージェントへお尋ねください。

※3銀行口座について:既に帰国してオーストラリアの現地口座を閉じてしまった場合は、日本国内の銀行口座へ振り込んでもらうことも可能です。

注意点:ただし、タックスエージェントでは追加手数料が発生したり、両替レートはタックスエージェントが利用する現地の銀行レートが適応されるため、海外送金としては必ずしも良いレートで還付金を受け取れるとは限りません。

 

3. オーストラリア早期タックスリターンおすすめエージェント

早期タックスリターンオーストラリア

それでは、できる限り費用を安く抑えて、かつ日本語対応のおすすめエージェントをご紹介します!

実際に私が通常のタックスリターンと、早期タックスリターンの2パターンで利用したタックスエージェントです。

おすすめエージェント:「EXPRESS TAX OFFICE」

Express Tax Office - Online Tax ReturnsExpress Tax Office – Online Tax Returns

▼早期タックスリターンの費用

  • カード払いの場合50ドル
  • 還付金から支払う場合60ドル

※2015年4月に私が依頼した際の情報の情報ですが、その費用は破格の安さでした。

必要日数:6〜8週間

上記必要日数は、現地オーストラリアの銀行口座へ還付金が振り込まれるまでの期間です。私の場合は、ちょうど6週間ほどでオーストラリアの銀行口座へ振り込まれました。

日本の銀行へ直接送金される場合はもう少し時間が必要かもしれません。

タックスリターン申告漏れに要注意!

もし、タックスリターンの申告内容に間違いがあったり情報漏れがある場合は、できるだけ早く修正申告をする必要があります。

また、過去の必要な申請をしていない場合は、ATO(Australian Taxation Office)より罰則が科せられることもあるようなので注意が必要です。

これも、私の経験(笑い話)なのですが、早期タックスリターンのが終えて還付金も払い戻しをされたにも関わらず、その後メール整理をしていたときに短期間だけ働いていた会社の源泉徴収票(その雇用主のメール)を偶然発見したのです。

決して大きな額ではありませんでしたが、その源泉徴収票を観る限りそれなりに税金も払っていたので、すぐにEXPRESS TAX OFFICEへ修正申告の依頼をしました。

修正申告で必要だった費用:75ドル(2015年6月情報)

修正申告後の還付金が払い戻しされる期間は、同様に6〜8週間と案内がありました。

このような経緯があったにも関わらず、迅速な対応をしていただいたので、EXPRESS TAX OFFICEの担当者の方にはとても感謝しています。

まとめ:早期タックスリターンで日本帰国後にも還付金ゲット!

早期タックスリターンオーストラリア

早期タックスリターンについてお悩みの方は、ぜひ一度タックスエージェントへご相談されることをオススメします。また、少しでも安く費用を抑えて申請を行いたい場合は、上記でご紹介したタックスエージェントもひとつの候補として、役に立ててもらえればうれしいです。

ポイント:早期タックスリターンで還付金を手に入れた後、良い両替レートでオーストラリアから日本へ海外送金することです。

ワーホリで稼いだお金を日本へ送金するオススメ方法

日本からは口座開設ができないのですが、まだオーストラリアなど海外在住であれば、カレンシーオンラインという両替会社の利用がオススメです。

初めての海外送金!カレンシーオンラインおすすめ理由5つ

2015.06.16

私自身、タックスリターンで(がっぽり?)戻ってきた還付金を初めて海外送金するまでは、海外送金の知識も経験もありませんでした。実際にカレンシーオンラインを利用してみると、オーストラリアから日本へ簡単に送金することができました。

オーストラリア現地銀行から直接送金するよりも、両替レートが良くて手数料も安く簡単なので、初めて海外から日本へ海外送金したい人にはピッタリです!

簡単5分!カレンシーオンライン海外送金口座を開設する方法

2015.06.17

日本からは口座開設ができないので、オーストラリアなど海外在住時にカレンシーオンラインの口座を開設しておきましょう。

海外送金を受け取るのに最適な国内銀行は、新生銀行が受取手数料(被子向送金受取手数料)無料なので他の大手銀行よりも節約できてお得です!

【新生銀行】被仕向送金の受取手数料0円!海外から日本へ送金する前に準備しておきたい口座

2016.09.28
SPONSORED LINKS

早期タックスリターン オーストラリア