エアスイフト航空 (AirSWIFT) のチケット予約購入方法【日本語解説】

エアスイフト航空券予約購入方法

フィリピン最後の秘境エルニド(El Nido)へ旅行するために、フィリピン国内線を運行する「エアスイフト航空」チケット(航空券)を買いたいんだけど、、、。

「エアスイフト航空のウェブサイトが英語版だから航空券の予約方法がわからないっ!」

英語がわからない理由から、せっかくの旅行計画を断念してしまう人も中には、きっといるはず。

そこで今回は、エアスイフト航空のチケット(航空券)予約・購入方法を「日本語解説付き」でご紹介したいと思います!

これからエアスイフト航空を利用してエルニドへ旅行したい人の中で、英語にちょっと自信のない人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

SPONSORED LINKS

フィリピン屈指の人気スポットを結ぶエアスイフト航空

フィリピン屈指の人気スポットを結ぶエアスイフト航空

エアスイフト航空(AirSWIFT)」は、日本ではあまり知られていないマイナー航空(フィリピンといえば「フィリピン航空」や「セブパシフィック航空」が有名ですよね)。

実際、フィリピン旅行(特にエルニド行き)を計画するまで、その存在すら知らなかった人がほとんどだと思います(私もそうでした!)。

フィリピン国内線ではフィリピン航空をはじめ、LCCのセブパフィシック航空やエアアジアなどの便も、数多く運行しているのは、皆さんご存知の通り。

エアスイフト航空が運行する注目ルート(航路)

そんな中、エアスイフト航空を利用する目的といえば、やっぱり他の航空会社にはないルート「マニラorセブ⇄エルニド間」や「エルニド⇄カティクラン(ボラカイ島)間」を運行している点です。

そんなエアスイフト航空は、フィリピン国内線のみ運行する航空会社で、以下の国内空港から利用できます(2017年7月情報)。

【エアスイフト航空が運行するフィリピン国内空港一覧】

  • マニラ(Manila)
  • クラーク(Clark)
  • カティクラン(Caticlan*ボラカイ島の最寄り空港)
  • セブ(Cebu)
  • エルニド(El Nido)

でも、そう魅力的に感じるエアスイフト航空にも少し難点が、、、エアスイフト航空のウェブサイトが「英語版のみ」という点。

英語が苦手な人には、ちょっとハードルが高く感じるかもしれないので、ここから日本語解説付きで説明していきたいと思います。

エアスイフト航空のチケット予約購入方法(日本語解説付き)

エアスイフト航空のチケット予約購入方法(日本語解説付き)

さて本題、ここからエアスイフト航空のウェブサイトから、オンラインでのチケット(航空券)予約・購入方法をご紹介していきます!

公式サイト:AirSWIFT – Fly With Friends

【チケット(航空券)予約購入の準備物】

決済用のクレジットカード(MastercardもしくはVISA)

*将来、エアスイフト航空のウェブサイトのデザインが変更される可能性もあるのでご了承ください。

ステップ1:エアスイフトを利用する日時・行き先・人数などを入力する

エアスイフトチケット予約購入方法の日本語解説

まず、ウェブサイトにアクセスしたら、予約項目で往復・片道、利用したい日時などの情報を入力します。

【入力する項目】

  • 「RETURN FIGHT(往復分)」「ONE WAY(片道分)」のどちらか選択
  • 「From(出発地)」「To(目的地)」をそれぞれ選択
  • 「DEPARTURE DATE(往路日:行き)」「 RETURN DATE(復路日:帰り)」を選択
  • 「ADULT(大人)」「CHILD(子ども2歳〜16歳)」「 INFANT(生後16日〜2歳まで)」人数を選択

すべて選択し終わったら「FIND FLIGHT(フライトを探す)」から次のページへ。

ステップ2:希望日程で利用するエアスイフトの便を選択する

エアスイフトチケット予約購入方法の日本語解説

表示された往路・復路の日程から、希望の便を選びます。航空券の料金(Fare)は「フィリピンペソ表記」。

最後にページ下部の「チェック欄」に印をつけるのをお忘れなく。

アプリットアイランドリゾート(APULIT Island Resort)に宿泊する人

エルニドのアプリットアイランドリゾート(APULIT Island Resort)に宿泊する人は、マニラ発14:00の便とエルニド発8:00の便は、TAYTAY BOAT TRANSFERとのスケジュールと相性が悪いので、利用は避けた方がよさそうです*2017年7月情報)。

▼マニラやセブ島での乗り換え時間には要注意!

フライトの遅延などを想定して、マニラやセブでの乗り換え時間に、十分に余裕を持てる便を選びましょうね。でないと、乗り換えに失敗する可能性があります。

エルニドへ向かう場合、日本からフィリピンへ到着する便によっては、マニラやセブ島で一泊する必要もあります。

ステップ3:エアスイフトに搭乗する人の情報・連絡先を入力する

エアスイフトチケット予約購入方法の日本語解説

予約する便が決まったら、次は搭乗者情報と連絡先を入力していきます。

敬称は「Mr.(男性)Mrs.(既婚女性)Ms.(未婚女性)」から選びます。

メールアドレスは、日本国内キャリアのメールアドレスではなく、Gmailなどのメールアドレス(PC用?)の方が良いです。

ステップ4:入力情報が正しいことを承諾する

ポップアップ画面で表示されるのですが、これまで入力した情報に間違いがなければ、OKを選んで承諾します。

ステップ5:会計金額や搭乗日程など詳細を最終確認する

エアスイフトチケット予約方法

これから予約・購入するエアスイフト航空のチケット(航空券)金額と、その会計明細を確認します。

問題なければ「Pay Now」を選択して、次の決済ページへ。

ステップ6:決済ページでクレジットカードブランドを選択する

エアスイフトチケット予約クレジットカード払い

ここから「pesopay」という決済サービスの専用ページが表示されます。

まず、エアスイフトの航空券の支払いに利用するクレジットカードのブランド「VISA」「MasterCard」どちらかを選択します。

ステップ7:クレジットカード情報・メールアドレスを入力する

エアスイフトチケット予約クレジットカード払い

すると、それぞれのクレジットカードブランド用の決済取引ページが表示されるので、カード番号など詳細を入力します。

すべて間違いなく入力したら「Submit」を選択すれば、決済完了です!

エアスイフト予約コード

クレジットカード決済と予約が完了すると、予約コードが発行されます。

ステップ9:エアスイフト航空から航空券予約メール(Eチケット)が届く

エアスイフト航空から航空券予約メール(Eチケット)が届く

登録したメールアドレスに「予約完了メール」が届きます。メールの添付ファイルに、以下の写真のような「Eチケット」などが添付されているので、確認しておきましょう。

エアスイフト航空Eチケット

Eチケット (ボラカイ島 – エルニド間を予約した時のもの)

このEチケット(PDFデータ)をケータイなどのデバイスやクラウドデータに保存しておき、空港のカウンターでチェクインするときにスタッフへ見せるとOK。

必ずしもこのEチケットをプリントアウトする必要はなさそうですが、心配な人は念のため、紙にプリントアウトしておくのもありかも。

以上、エアスイフト航空のチケット予約方法の解説完了です!意外と簡単なことがお分りいただけたかと。

▼エアスイフト航空も活用するとフィリピン旅行の幅が広がるよ

フィリピン屈指の人気旅行スポットを結ぶ「エアスイフト航空」を活用して、ぜひ楽しいフィリピン旅行を!

【直行便】セブからエルニドまで片道2時間内!エアスイフト新航路

2016.02.07

よくわかるエルニドの行き方!日本からフィリピン最後の秘境へのアクセス方法

2017.05.10

片道1時間!フィリピンの秘境エルニド×ボラカイ島を移動するならエアスイフト航空が便利だよ

2017.06.13
【おすすめの海外ホテル予約術】

「パラワン島エルニドの人気リゾートホテル」の格安料金を比較、各予約サイトの会員特典を活用してお得に予約するべし!

アゴダ(Agoda)公式サイト

特長:ホテル予約すると提携企業(航空会社)のマイルやポイントが貯まる特典プログラム【ポイントマックス】

もっと詳しい記事へ

アゴダ割引クーポン情報はこちら

ホテルズドットコム(Hotels.com)公式サイト

特長:通算10泊すると必ず1泊無料になる会員リワード特典プログラム【Hotels.com™ Rewards】

もっと詳しい記事へ

ホテルズドットコム割引クーポン情報はこちら

エクスペティア(Expedia)公式サイト

特長:航空券とホテルを同時予約すると最大ホテル代全額OFF【AIR+割(エアプラス割)】

もっと詳しい記事へ

エクスペディア割引クーポン情報はこちら

SPONSORED LINKS

エアスイフト航空券予約購入方法